格安SIMの選ぶおすすめポイントは?メリット・デメリットを解説

毎月発生する携帯料金ですが、可能な限り価格を抑えたいと考える方は多いでしょう。本記事では、いわゆるMVNO・格安SIMに注目し、選ぶ時のポイントや、メリット・デメリットについてご紹介していきます。

 

今さら聞けない格安SIMって何?

 

主要キャリア 格安SIM
通信の安定性 信頼性が高い 混雑時は遅くなることもある
料金 高め 低価格(1,000円台もある)
キャリアメール 使える 使えない
サポート 手厚い 充実はしていない
実店舗の数 多い 非常に少ない

 

まずは「格安SIM」について詳しく解説します。

格安SIMとは、その名の通り低価格で提供されている通信サービスです。

UQmobileやmineoなどが有名ですが、総称して「MVNO」と呼ばれることもあります。

 

格安SIMの最大のメリットは、月々の携帯料金を抑えられることです。

自分が契約している携帯電話のプランを確認したら「普段全く利用していないサービスやオプションに加入させられていた」なんて経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

格安SIMなら、各種オプションは全て自分で取捨選択できるので、料金を抑えながら、無駄のないプランを契約することが可能です。

 

格安SIMってなぜ格安に出来るの?

そもそも、なぜ格安SIMは低価格でのサービス提供を実現しているのでしょうか。

その秘密は会社の運営方法にあります。

格安SIMの事業者は基本的にネットワーク関連設備を主要キャリアから借りて運営しています。そのため、自社設備を利用していないので、設備費を抑えることができます。

また、格安SIMの会社は実店舗を持たないスタイルが主流なので、家賃や人件費などの削減が可能です。

こういった要素が重なり合うことで、主要キャリアと同じサービスを低価格で提供できています。

docomoなど主要キャリアの電波を使っていると考えると、何となく安心だと感じられる方も多いでしょう。

格安SIMにしたら、どれくら安くなるの?

格安SIMには非常に豊富なプランやオプションがあります。格安SIMをより安く利用するためには、自分にはどれぐらいのデータ量が必要なのかを把握しておきましょう。

主要キャリアだと、電話本体の料金を除くと月々5,000~7,000円ほどはかかってしまいます。しかし、格安SIMであれば、データ量にもよりますが月々1,500~3,000円ほどに収めることが可能です。

また、プラン次第では、主要キャリアの月々料金よりも、半額以下に抑えられる可能性も十分にあるでしょう。

自分にあったSIMを選ぶポイント

最近では格安SIMを扱うキャリアが増えてきたり、細かいプランが増えたりして、どの会社やプランを選べばいいか迷うことも多いでしょう。

格安SIMを選ぶときのポイントは主に3つです。

  • 通話プランの有無
  • 毎月のデータ通信量
  • 利用する回線の種類

それぞれのポイントを詳しく解説します。

通話はする?通信のみ?用途に合わせ選ぶ

格安SIMのプランを選ぶときに最初に注目したいのが「通話をするかどうか」というポイントです。

格安SIMには2つの通話プランが用意されています。

  • 音声SIM
  • データSIM

音声SIMは電話が可能なプランで電話番号がつきます。

一方でデータSIMは、その名の通りデータ通信ができるだけで電話はできません。

自分の契約するスマホは通話が必要なのか、そうではないのかで格安SIMのプランを選びましょう。

ただし、データSIMにしたら全く通話できなくなるわけではありません。Discordなどのアプリをインストールすれば通話ができるので、友達との電話にはあまり困ることはないでしょう。

毎月利用するデータ通信量

音声・データSIMどちらにするかを決めたら、次は「データ通信量」を決めます。

これまで携帯電話を利用してきて、平均で1カ月どれぐらいデータ通信、いわゆる「ギガを使ったか」を振り返ってみてください。

また、普段家やWi-Fiのある環境でスマホを利用することが多いか、それとも出先で、Wi-Fiのない環境がメインかを考えることも大切です。

 

格安SIMはデータ量が段階的に選べるプラン展開をしていることが多いので、無駄のないプランを選べば料金をより抑えることができます。

自分の望んでいるプランがあるのかも、格安SIM会社を選ぶ一つの選択肢になるでしょう。

利用する通信回線の種類

格安SIMは、docomoなど主要キャリアから通信回線を借りてサービスを提供しています。

そのため、会社やプランによって利用する通信回線は異なります。

使いたいスマホとの兼ね合いはもちろん、自分の信頼できる通信キャリアの回線のプランを選ぶといいでしょう。

 

特にスマホの「周波バンド」が、契約しようとしている格安SIMの「バンド」をカバーしているかどうかを必ず確認しましょう。

もし対応していなければ、せっかく契約しても通信できません。

 

格安SIMのメリット

格安プランのメリットは安さはもちろん、今のスマホをそのまま利用できることです。

この2つのメリットをさらに詳しくみていきましょう。

 

料金の安さ!

格安SIMの最大のメリットは、なんといっても「料金が安い」ということです。

主要キャリアと比較すると半額以下で契約できるプランも数多く、その種類も豊富なので、自分が本当に使いたいデータ量・プランを選ぶことができます。

 

必要最低限のプランを低価格で契約することで、月々の平均は1,500円〜3,000円に収めることがで来ます。

MVNOにもよりますが、契約縛りをしていないケースもあり、不要になった時は即座に契約解除ができるのも嬉しいポイントです。

 

今のスマホのまま使える

格安SIMは、利用中のスマホをSIMフリー化させておけば「そのまま」使えます。キャリアの縛りがないので、わざわざ新しく端末を購入する必要がないのはメリットの1つだといえるでしょう。

データやアプリを移行させる手間もないので、気軽に格安SIMに変えることができます。

 

もちろん、契約時にスマホをセットで購入することも可能です。対応バンド次第ではどうしても電波を掴めないというケースなども起こりうるので、契約前にしっかりと確認しましょう。

 

格安SIMのデメリット

メリットが際立つ格安 SIMですが、良いことばかりではなくデメリットも存在します。

  • キャリアサービスが使えないことがある
  • 店舗がほとんどない
  • LINEの一部機能が使えない

この3つのデメリットについて詳しく解説します。

キャリアのサービス(メール等)が使えないことがある

主要のキャリアで契約をすると、必ず使うことができるキャリアのサービス(メールなど)がありますが、格安SIMではそういったサービスが使えないことが多いです。

そのため、主要キャリアから乗り換えをした場合、キャリアメールは利用できなくなります。

なお、Y!mobileは独自のキャリアメールを持っているので、利用が可能です。

それ以外の格安SIM会社でメールを使いたい場合は、自分でGmailやYahoo!メールなどのアドレスを取得する必要があるのでしょう。

 

店舗がほとんどない

格安SIMの会社は、主要キャリアに比べ店舗(ショップ)が少ないのも特徴です。

そのため、実際に店舗に足を運んでスマホ本体を吟味したり、店員からサポートを受けることができません。

とはいえ、UQやY!mobileといった店舗を持っている事業者もなかにはあるので、実際にみて選びたい方や、質問などをその場でしたいという方は店舗がある格安SIM会社を選ぶと良いでしょう。

 

LINEの一部機能が使えない

 

格安SIMでもLINEのアプリは使用できます。通話も、トークも普通にできますが、友達追加の時に便利な「ID検索」が利用できない格安SIMは多い傾向にあります。

 

なぜかというと、ID検索は年齢確認をする必要がありますが、その年齢確認に非対応な格安SIMが多いからです。ただし、既に年齢確認済みのアカウントを引き継いで利用する場合は問題ありません。

また、QRコードでの友達検索は問題なく利用できるので、便利性はあまり変わらないでしょう。

 

人気の格安SIM

格安SIMの会社はさまざまですが、特に人気があるのは以下3つのキャリアです。

  • Y!mobile
  • UQmobile
  • 楽天モバイル

それぞれのキャリアを細かくご紹介します。

 

Y!mobile

引用元:Y!mobile公式サイト

 

Softbank系のMVNOブランドであるY!mobileは、Softbankとショップが併設されていることも多く、格安SIMでありながらも主要キャリアと近いサポート体制が整っているのが特徴です。

 

Softbank系だからこそのメリットも多く、Yahoo関連サービスを頻繁に利用される方には特にメリットの多い格安SIM会社でもあります。近年はPayPayのサービスが充実しているので、PayPayを頻繁に使う人にもおすすめのキャリアです。

UQmobile

引用元:UQmobile公式サイト

 

UQmobileは、au系のMVNOブランドです。

格安SIMの中でも通信品質・安定性などの評価が高いのが特徴で、広くユーザーから親しまれています。

また、プランも豊富で、データ量の割りに低価格な料金が設定されていたりと、ユーザーにとって嬉しい要素を数多く持っています。

そのため、携帯料金を抑えたいけどデータ量はたくさん欲しい、という方におすすめです。

 

楽天モバイル(非格安SIM)

引用元:楽天モバイル公式サイト

2020年よりMNO事業を始めた楽天モバイルは、現在「主要キャリアの4社目」といわれています。1年間無料キャンペーンや転出手数料等を撤廃するといった革命的な施策を次々打ち出したことで話題を集め、ユーザー数を着々と伸ばしています。

 

なお、楽天モバイルは正確にいうと今は格安SIMではないのですが、格安SIMを凌ぐ料金設定が特徴になっており、人気のため今回紹介させていただきました。

 

また、1年間無料キャンペーンは終了してしまいましたが、2021年7月時点のキャンペーンでは、1GBまでなら通信料無料、通話も無料(条件あり)、20GBを超えても無制限で3,278円(税込)という破格の料金設定でサービスが提供されてます。

とにかく携帯料金を抑えたい方、大容量のデータ通信をしたい方、もしくはその両方という方におすすめできる稀有なキャリアでしょう。

 

まとめ

本記事では、格安SIMについてさまざまな観点から注目してきました。

格安SIMは、低価格な分時間帯やユーザーの数次第では通信が不安定になることもあります。

しかし、携帯料金が主要キャリアと比較して半額以下に抑えられることを考えてみれば、十分に契約する価値はあるといえるでしょう。

 

ぜひ自分の使うデータ量や使用環境、所持しているスマホとの相性などを考慮した上で、ピッタリのプランを契約してください。