【2021年】格安SIMのキャリアやキャンペーン比較

安い料金で利用できる格安SIMが人気となっている今、乗り換えを検討している人も多いでしょう。しかし、格安SIMは種類が多すぎてどこが良いのか分からないと悩んでしまいますよね。

 

ここでは、主要な格安SIMの特徴やキャンペーンを比較して、容量ごとにおすすめの格安SIMをご紹介していきます。格安SIMの乗り換えや新規契約を考えている人は、ぜひご覧ください。

まず格安SIMって何?

格安SIMとは、3大キャリア以外の通信会社(MVNO)が提供している、料金が安い端末のことです。

 

こちらでは、主な格安SIM各社の基本スペックを表にまとめました。

 

格安SIM 月額料金

(税込)

データ通信量 音声通話料金

(税込)

最大通信速度 利用回線
Y!mobile S:2,178円~

M:3,278円~

L:4,158円~

S:3GBまで

M:15GBまで

L:25GBまで

22円/30秒

オプション使用で

10分まで無料

S:300Kbps

M:1Mbps

L:1Mbps

SoftBank
楽天

モバイル

変動制

20GB以上は

基本3,278円

無制限 22円/30秒

アプリ使用で

無料

国内:1Mbps

(パートナー回線エリアで5GB超過後)

国外:128Kbps

(2GB超過後)

楽天回線

au

UQ

モバイル

S:1,628円~

M:2,728円~

L:3,828円~

S:3GBまで

M:15GBまで

L:25GBまで

22円/30秒 S:300Kbps

M:1Mbps

L:1Mbps

au
mineo デュアルタイプ1,298円~

シングルタイプ

880円~

1GB~20GB 22円/30秒

シングルタイプは通話不可

au:150Mbps

docomo:

112.5Mbps、14Mbps

SoftBank:

21Mbps、125Mbps、172Mbps

docomo

au

SoftBank

イオン

モバイル

音声プラン

1,023円~

データプラン

528円~

500MB~50GBまで多数 22円/30秒

データプランは通話不可

イオンでんわ使用時は半額

さいてきプラン、さいてきプランMORIMORI:1,288Mbps

やさしいプランS・M・L:500kbps

docomo

au

IIJmio 音声通話SIM

858円~

データ通信

748円~

2GB~20GB 22円/30秒

みおふぉん

ダイアル

使用時は半額

D:1,288Mbps

A:958Mbps

docomo

au

y.u mobile シングルプラン

1,639円

シェアプラン

4,378円

5GBと20GBを

ベースに

カスタマイズ可能

22円/30秒

y.uでんわ

使用時は半額

平均100Mbps docomo
BIGLOBE

モバイル

通信容量により

770円から

8,195円

1GB~30GB 22円/30秒

BIGLOBEでんわ

使用時は9.9円/30秒

D:1,288Mbps

A:958Mbps

docomo

au

OCN

モバイル

通信容量により

770円から

1,760円

1GB~10GB 11円/30秒

OCNでんわ発信対象外の通話では22円/30秒

OCNでんわで

かけ放題あり

平均20.52Mbps docomo

 

Y!mobileはSoftBankのサブブランドという安心感があり、有名な格安SIM会社ですが、他社と比較すると少し料金は高めです。一方で、auのサブブランドであるUQモバイルは、auの安定感がある通信が利用できて、Y!mobileより同じ容量でも安いです。

 

プランが多くてどれが良いのか分からない、月によってデータ使用量が大きく変動するといった人は、プランが1つだけで使用した容量で料金の変わる楽天モバイルがおすすめでしょう。

SIMは2種類

SIMには2種類あり、音声電話で通話ができる音声通話SIMと、インターネット通信のみ利用できるデータSIMがあります。

 

メインの端末として使用するなら通話は必要ですが、サブ端末として使用するならネットのみで良いという人もいるでしょう。

 

ここでは、そんな2種類のSIMについてそれぞれ詳細をご紹介します。

 

普段使いなら音声通話SIM

音声通話SIMは通常のスマホと同じように、音声通話とインターネットの両方が利用できます。

 

料金は安いですが、過度に高レベルなことを望まなければ普通に音声通話とインターネットを利用することができるので、メインとして使用するには十分なスペックでしょう。

 

また、格安SIMの中には通話の割引プランを設定している場合もあるので、割引を活用するとさらにお安く利用することが可能です。

ネットや動画視聴用ならデータSIM

データSIMは音声通話を利用しないでインターネットや動画の視聴のみをするためのものです。

 

音声通話が利用できなくなっている代わりに、料金が音声通話SIMよりも安く設定されています。

 

もともとほとんど通話をしない人や、スマホを2台所有して格安SIMをサブとして使用したい人におすすめでしょう。

 

3大キャリア回線ごとに比較

自社回線を持つ楽天モバイル以外の格安SIMは、3大キャリアの回線を借りて通信を行っています。ここでは、それぞれの3大キャリアの回線について紹介していくので、参考までに見ておくといいでしょう。

 

どの回線も通常の利用において問題はありませんが、それぞれの回線で特徴があり、利用スタイルや使用場所に合わせて回線を選ぶと、通信がつながりにくいといったリスクを軽減できます。

docomo(ドコモ)の回線

docomo回線を利用している格安SIMは多いです。

 

駅や空港などの重要なスポットでは5G回線を利用することができて、4Gは複数の周波帯の電波を1つの回線で利用できるキャリアアグリゲーションを活用した高速通信が可能です。

 

docomoは人が住んでいないエリアでも専用のアンテナや小型の基地局を所有しているので、高い木々に電波がさえぎられることなく通信することができて、山間部や海上での通信がしやすいという特徴があります。

SoftBank(ソフトバンク)の回線

SoftBank回線を利用できる格安SIMはまだ少なく、自社回線であるY!mobileを除いてはmineoのみです。もともとSoftBankのスマホを利用していた人は、継続して利用すると料金などのメリットがあります。

 

また、SoftBank回線は登山道での通信などにも力を入れていて、高地であっても日常的に登山客が訪れる場所であれば通信できるので、登山をする人にいいでしょう。

auの回線

au回線の特徴は、サブ回線としてwimax2+が利用できることです。

 

wimax2+は3大キャリア回線とは電波の周波数が異なり、より高周波なので、インターネットによるデータ通信を行う際に他のキャリアよりもつながりやすいでしょう。

 

au回線も登山道での通信に力を入れており、キャンプ場での通信などもしやすいようになっています。

 

また、世界遺産でも通信しやすいため、一部の人里離れた観光地を訪れる際に便利です。

格安SIMのキャンペーンごとに比較

格安SIM会社では定期的にお得なキャンペーンを行っています。キャンペーンを利用すれば、3大キャリアよりも安い格安SIMが、さらに安い料金になるでしょう。

 

ここでは、それぞれの格安SIMのキャンペーンを紹介していきます。キャンペーンを利用してより安い料金で格安SIMの契約をしたい、乗り換えたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

楽天モバイル

新規で楽天モバイルに申し込みをすると、月額利用料金が3カ月無料になるキャンペーンを行っています。(2021年8月時点)

 

また、他社からの乗り換えでiPhoneとのセットを新規申し込みすると、最大20,000円相当のポイント還元されるキャンペーンも行っていてお得です。

 

Androidスマホに乗り換えの場合でも、対象のAndroidとのセット購入で最大25,000円のポイント還元があります。

 

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルでは、契約と同時に対象のスマホを申し込むと、最大20,000円相当のポイントが還元される「スマホ夏祭りキャンペーン」を行っています。(2021年87月時点)

 

その他にも、プラン月額料金が1年間税込770円〜、YouTubeなどの対象サービスの通信量がカウントされないエンタメフリーオプション、セキュリティを増強するセキュリティセット・プレミアムなどの特典がついています。

 

スマホとパソコンで最大3台まで利用できるセキュリティセットなどもあるので、セキュリティ面でも安心して利用できるでしょう。

y.u mobile

価格.com経由での申し込みで、y.u mobileの音声通話SIMに初めて申し込みをした人に限り、現金で14,000円のキャッシュバックがあるキャンペーンを行っています。(2021年8月時点)

 

なお、公式のキャンペーンサイトから申し込みをした場合は、現金10,000円のキャッシュバックとなりますので注意しましょう。

 

また、抽選で10万円が当たるなどの特典も行っています。

UQ mobile

ローソンでのお買い物でau PAYを活用すると200円ごとに6Pontaポイントを還元される、auじゃなくても使えるau PAYの生活応援キャンペーンを行っています。

また、契約と同時に機種変更をした方にお得なのが、今まで利用していた機種の下取りサービスです。機種に応じた料金が還元されるため、通常の機種変更よりもお得に契約できます。ただし、還元額は機種の種類や期間によって変わるので、注意しましょう。

OCN モバイルONE

OCNモバイルONEでは、音声対応SIMをご契約の方に限り、最大12カ月国内通話完全かけ放題が月額税込1,100円になるキャンペーンを行っています。(2021年8月時点)こちらは利用状況などに合わせて他のかけ放題オプションへの変更なども可能です。

 

また、新規でのご契約の場合、電話かけ放題オプションが初月無料となっているため、さらにお得に利用できます。

mineo

mineoでは、パケット放題Plusの月額料金が、利用開始月から最大で3カ月間無料になるというキャンペーンを2021年8月31日まで行っています。

 

また、2021年9月30日までにMotorola製のスマホを購入すると、端末の種類によって1,000円分または2,000円分の電子マネーギフトを進呈するキャンペーンも行っているため、とてもお得です。Xiaomi製スマートフォン、「Redmi 9T」、「Redmi Note 10 Pro」のご購入を検討している方は、10月31日まで電子マネーギフトプレゼントキャンペーンも行っているので、ぜひ活用してみましょう。

 

格安SIM3GB以下おすすめ

格安SIMでは、使用データ容量を抑えて月額料金を低く設定している場合があります。そのため、月々に使用しているデータ容量が少ない方や、Wi-Fiのあるところでしか使用しないという人は、容量が少なく安いプランを選んだ方がお得でしょう。

 

ここでは、データ容量が3GB以下のおすすめの格安SIMをそれぞれご紹介していきます。

 

楽天モバイル

出典:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

 

【楽天モバイルのプラン料金(3GB以下)】

 

データ容量 1回線目の料金(税込) 2~5回線目の料金(税込)
0GB~1GB 無料 1,078円
1GB超過後~3GB 1,078円 1,078円

 

楽天モバイルは1GBまでのデータ容量しか利用しない場合は、月額料金無料という破格のサービスを行っています。

 

3GBまでの利用でもお値打ち価格で、楽天回線が利用できる都市部の人には特におすすめです。

 

普段、自宅のWi-Fiを利用していて、外出先でもそれほどインターネットを利用しないという人ならば、1カ月1GBのデータ容量でも余るくらいなので、楽天モバイルは十分におすすめでしょう。

BIGLOBEモバイル

出典:https://join.biglobe.ne.jp/mobile/

 

【BIGLOBEモバイルのプラン料金(3GB以下)】

 

データ容量 1年間の月額料金(税込) その後の月額料金(税込)
1GB 770円 1,078円
3GB 770円 1,320円

 

BIGLOBEモバイルは、契約最初の1年間、特典料金でデータ容量が3GBまでなら月額770円で利用することができます。さらに、1GBのプランなら1年経過後でも1,078円という安価で利用できてお得です。

 

また、ビッグローブ光を利用している、BIGLOBE家族割が適用される場合には、1年目の料金が3GBまで550円というさらに安い料金で利用できます。

 

OCNモバイルONE

出典:https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html

 

OCNモバイルONEのプラン料金(3GB以下)】

 

データ容量 月額(税込) OCN光モバイル割適用時(税込)
1GB 770円 550円
3GB 990円 770円

 

OCNモバイルONEでは2021年4月1日から新たに始まった料金プランで、1GBまでのデータ容量の場合は月額770円、3GBのデータ容量の場合でも月額990円という安価な設定になりました。

 

さらに、OCN光とセットでの利用の場合は、そこから220円割引されます。

外出先ではほとんどインターネットを利用しないという人に向いている、とてもお得なプランです。

格安SIM4GB以上おすすめ

ここまで月々のデータ容量が3GB以下のおすすめ格安SIMを紹介してきました。しかし実際は、月々3GB以上データ容量を使用しているというユーザーも多いでしょう。容量が多いプランでもできるだけ安い料金で利用したいですよね。

 

ここでは、データ容量が4GB以上のおすすめの格安SIMをそれぞれご紹介します。安いプランを行っている格安SIM会社も紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

mineo

出典:https://mineo.jp/

 

【mineoのプラン料金(4GB以上)】

 

データ容量 シングルプラン(税込) デュアルプラン(税込)
5GB 1,265円 1,518円
10GB 1,705円 1,958円
20GB 1,925円 2,178円

 

mineoで4GB以上のデータ容量を利用できるプランは、データ通信のみのシングルプランと、音声通話とデータ通信の両方が利用できるデュアルプランの2つがあります。

 

音声通話も利用したい人はデュアルプラン、サブ端末として利用する場合にはシングルプランを選ぶと良いでしょう。また、5G通信の利用も可能ですが、その場合には、月々220円(税込)が追加でかかります。

イオンモバイル

出典:https://aeonmobile.jp/

 

【イオンモバイルのプラン料金(4GB以上)】

 

データ容量 音声プラン(税込) シェア音声プラン(税込) データプラン(税込)
4GB 1,408円 1,738円 968円
5GB 1,518円 1,848円 1,078円
6GB 1,628円 1,958円 1,188円
7GB 1,738円 2,068円 1,298円
8GB 1,848円 2,178円 1,408円
9GB 1,958円 2,288円 1,518円
10GB 2,068円 2,398円 1,628円

 

イオンモバイルは他社と比較して非常に細かく料金プランが設定されていることが特徴で、ユーザーの利用するデータ容量に合ったプランを選択できます。

 

さらに家族で契約する場合や、一人で複数の端末を所有したいユーザーにとってお得な「シェア音声プラン」があることも特徴で、より選択の幅が広がるおすすめの格安SIMです。

y.u mobile

出典:https://www.yumobile.jp/

 

【y.u mobileのプラン料金】

 

シングルプラン シェアプラン
データ容量 5GB 20GB
月額料金(税込) 1,639円 4,378円

 

y.u mobileのプラン料金は極めてシンプルで分かりやすく、単独で利用するシングルプランと、家族で契約するシェアプランのみとなっています。

 

また、多くの映画やアニメ・漫画を楽しめるU-NEXTをお得に利用できる特典もあるので、エンタメ好きなユーザーには非常におすすめの格安SIMです。

まとめ

格安SIMにはたくさんの選択肢があり、よく比較検討することで自分に合った端末やプランを見つけることができます。

 

その中でも特に注目すべきなのは、データ容量です。月額料金をできるだけ抑えたいユーザーは、自分がどの程度のデータ容量を使用しているのか、使用する予定なのかを事前に把握しておきましょう。

 

記事を参考にそれぞれの格安SIM会社のプランやキャンペーンなどを見比べて、自分に合った格安SIMを見つけてみてください。