5G対応格安SIM会社をご紹介!プランや特徴も解説

低価格で携帯回線を利用できることから人気の格安SIMですが、格安な分、電波や回線の品質面が不安という方も多いのではないでしょうか。

 

格安SIM会社の中には、次世代高速通信である5G対応プランを提供している事業者も多く存在します。本記事では、そんな5G対応の格安SIM会社を回線ごとに紹介していくので、格安SIMを利用したいけど回線が不安という方はぜひ参考にしてください。

 

格安SIMでの5G対応は可能?

次世代高速通信規格の5Gは、従来の4Gと比べて格段に通信が速いとされており、今後どんどん利用する人が増えてくるでしょう。

 

それに合わせて、楽天モバイルを含む主要キャリア4社が続々と5G対応プランを打ち出し、対応エリアも少しずつではありますが拡大しています。

 

格安SIMでも5Gに対応している会社は増えてきているため、5Gの高速通信を利用したい方は、5Gが利用できるプランを提示している会社がおすすめです。

5G対応の格安SIM会社

ここでは、各キャリア回線ごとに、5Gに対応している格安SIM会社を紹介します。

 

下記の表で料金やプランを表でまとめて比較しました。なお、下記の表は、データ容量が20GBに近いプランを記載しています。

 

docomo回線 au回線 SoftBank回線
キャリア ahamo リンクスメイト IIJmio povo UQ mobile mineo LINEMO Y!mobile
料金 2,970円 2,970円 2,068円 2,728円 2,728円 2,178円 2,728円 3,278円
5G追加料金 0円 0円 0円 0円 0円 220円 0円 0円
データ量 20GB 20GB 20GB 20GB 15GB 20GB 20GB 15GB
独自サービス 国内通話料金が5分まで無料 ゲーム連携 × トッピング × × LINEカウントフリー ×

 

※価格は全て税込、2021年8月時点のものです。

 

こうして比較してみると、価格の違いはそれほど大きくありません。料金はIIJmioやmineoが安い印象ですが、mineoは唯一5G通信に伴う追加料金が発生するというデメリットもあります。

 

それぞれの格安SIM会社をさらに詳しく紹介していくので、格安SIM会社選びに悩んでいる方はぜひご覧ください。

docomo回線

docomo回線は専用アンテナや小型基地局などが数多く設置されているため、山や海など市街地を離れた場所でも使いやすい傾向です。そんなdocomo回線を利用したい人には、以下の3社がおすすめとなっています。

 

  • ahamo
  • リンクスメイト
  • IIJmio

 

それぞれの格安SIMの特徴を紹介していきます。

ahamo

引用元:https://ahamo.com/

 

料金(税込) 2,970円
5G追加料金 0円
データ量 20GB
独自サービス 国内通話料金が5分まで無料

 

ahamoは、docomo自身で提供している格安プランです。主要キャリア3社の携帯料金引き下げにおいて、最初に発表されたプランということもあって知名度も高いプランでしょう。

 

20GBが税込2,970円という安さで、さらに5分間の無料通話も可能です。5Gにももちろん対応しており、安心のdocomo回線を月20GBまでストレスなく使えます。

リンクスメイト

引用元:https://linksmate.jp/

 

料金(税込) 2,618円〜

(165円〜)

5G追加料金 0円
データ量 20GB

(100MB〜)

独自サービス ゲーム連携

 

グランブルーファンタジーやシャドウバース、最近話題のウマ娘などをはじめとしたソシャゲとのゲーム連携を行っているのが特徴的な格安SIMです。リンクスメイトは、他社とは毛色の異なる魅力を持ち、独自性の高いサービスを提供しています。

 

そんなリンクスメイトでも5G対応プランがあり、5Gオプションを無料で追加することが可能です。

また、プランが豊富で、100MBから1TBという幅広いデータ容量の中から、自分に適したプランを選んで契約できるのも大きな特徴となっています。

 

低容量で十分という方から、超大容量じゃないと足りないという方にもおすすめできる格安SIMでしょう。

 

IIJmio

引用元:https://www.iijmio.jp/

 

料金(税込) 2,068円

(858円〜)

5G追加料金 0円
データ量 20GB

(2GB〜)

独自サービス ×

 

IIJmio最大の特徴はその価格の安さです。20GBの音声通話プランで税込2,068円というのはかなりお得です。また、光回線とセットのmio割を活用すれば、さらに安い料金で利用できます。

 

2021年8月31日まで初期費用が1円というキャンペーンも行っているため、今なら通常3,300円の初期費用がほとんどかかりません。今すぐに買い替えを検討している人におすすめです。

au回線

au回線は登山道やキャンプ地、世界遺産などでも回線がつながりやすいという特徴があるため、旅行やアウトドアが好きな人に良いでしょう。そんなauでおすすめの格安SIM会社は以下の3社です。

 

  • povo
  • UQ mobile
  • mineo

 

それぞれのメリットなどをチェックしていきましょう。

povo

引用元:https://povo.au.com/

 

料金(税込) 2,728円
5G追加料金 0円
データ量 20GB
独自サービス トッピング

 

au自身が提供しているpovoの最大の特徴は、トッピングと呼ばれる柔軟に追加できるオプションサービスです。24時間データ通信無制限220円(税込)や電話かけ放題オプション1,650円(税込)など、充実したトッピングが用意されています。

 

povoはauから移行しても、かえトクプログラムやアップグレードプログラムといったサービスを引き続き使用できるのも特徴的です。auでの支払い方法を継続できるなどのメリットもあるので、auからの移行を考えている人におすすめです。

UQ mobile

引用元:https://www.uqwimax.jp/

 

料金(税込) 2,728円

(1,628円〜)

5G追加料金 0円
データ量 15GB

(3GB〜)

独自サービス ×

 

au傘下のUQ mobileは、15GBで税込2,728円とpovoと同額の料金を提示しています。そんなUQ mobileの大きなメリットとしてあげられるのが、「くりこしプラン」です。

 

余ったデータ容量は次の月にくりこしができるので、データ容量を無駄にする心配がありません。月によって使用容量が変わる方や、データ容量が余ってしまうのはもったいないという方におすすめでしょう。

mineo

引用元:https://mineo.jp/

 

料金(税込) 1,925円〜

(880円〜)

5G追加料金 220円
データ量 20GB

(1GB〜)

独自サービス ×

 

mineoは他の格安SIM会社のプランと比べても料金が安いという特徴がありますが、5Gオプションが有料なので注意しましょう。20GBのプランが1,925円(税込)、そこから5Gオプションに加入すると合計2,145円(税込)になります。

 

mineoは200MBのお試しプランがあり、お試しプランでも220円で5G通信オプションが利用可能です。5Gの通信速度を体感してみたいという方は、お試しから利用してみても良いでしょう。

SoftBank回線

SoftBank回線は登山道でもつながりやすく、公式サイトではどの登山道でつながるかなども確認できます。地方に住んでいる方や登山が趣味の方はSoftBank回線を検討してみてください。

 

そんなSoftBank回線でおすすめの格安SIMは主に以下の2社です。

 

  • LINEMO
  • Y!mobile

 

詳しく紹介していくので、ぜひご覧ください。

LINEMO

引用元:https://www.linemo.jp/

 

料金(税込) 2,728円

(990円〜)

5G追加料金 0円
データ量 20GB

(3GB〜)

独自サービス LINEギガフリー

SoftBank自身が打ち出している5G対応の格安プランが、LINEMOです。LINEモバイルを吸収したことによって、特にLINEの利用が多い方におすすめのプランが多い傾向です。

 

LINEを利用した電話やビデオ通話、写真等の送受信でデータを消費しないLINEギガフリーというサービスを行っている他、LINEと連携して月々の請求額やデータ量なども確認できます。

 

LINEスタンププレミアムに加入していると毎月LINEポイントプレゼントなどのキャンペーンもあるため、LINEヘビーユーザーには特におすすめです。

 

Y!mobile

 

引用元:https://www.ymobile.jp/

 

料金(税込) 3,278円

(2,178円〜)

5G追加料金 0円
データ量 15GB

(3GB〜)

独自サービス ×

 

SoftBankの傘下であるY!mobileは、15GBのプランが3,278円(税込)と、他の格安SIM各社と比較すると高額に感じてしまうかもしれません。しかし、家族で入ると2回線目以降は2,090円という破格のプランとなっています。家族の人数が多ければ多いほどコスパが高くなるので、家族割狙いの方におすすめです。

 

また、SoftBank光に加入するとさらにお得になるため、家族全員で利用したい、家のネットもまとめて契約したいという方に向いているでしょう。

まとめ

5Gは通信速度が速く快適に利用できますが、まだ対応エリアは限られており、日常的にその高速通信の恩恵にあずかれる人は少ないでしょう。しかし、今後対応エリアが拡大していけば、どんどん快適な通信を行えるようになります。

 

今の段階から乗り換えておけば、4G回線を利用している人よりも早い段階から高速通信を活用していけるでしょう。ぜひ今のうちに、これからの5G時代に備えてプランを見直してみてください。