2021年秋からついに発売開始!Apple Watch Series 7の新機能・注目ポイントをご紹介

Apple Watchは時計として使うのはもちろん、iPhoneとの連携力の高さが売りになっており、目的に応じていろいろな使い方ができます。

そんなApple Watchの最新シリーズ「Apple Watch Series 7」は、さまざまな面でさらに性能がよくなりました。

例えば、画期的なセンサーとアプリで体に取り込まれた酸素のレベルをチェックしたり、心電図を記録、心拍数の確認までできるます。そのため、以前にも増して健康に気を使っている人にもおすすめのスマートウォッチといえるでしょう。

 

ここからは、そんなパワーアップしたApple Watch Series 7の魅力を、現在違うシリーズを持っている人や、初めて買おうとしている人にも、よりわかりやすく解説していきます。

 

Apple Watch Series 7が2021年10月15日に発売!

Apple Watch Series 7が、日本時間10月8日から予約受付を開始し、その1週間後の15日から店頭で発売されました。

サイズは41mmと45mmの2種類展開で、iPhoneを介してネットワーク接続する「GPSモデル」と、Apple Watch本体で携帯電話ネットワーク接続が可能な「GPS+セルラーモデル」で価格が異なります。

また、価格はケースとバンドの種類によっても変動しますが、ここでは標準として「アルミニウムケース+ソロループバンド」での本体価格を表にまとめました。

41mm 45mm
GPSモデル 48,800円(税込) 52,800円(税込)
GPS+セルラーモデル 60,800円(税込) 64,800円(税込)

引用:Apple公式

 

前回シリーズよりもバンドとケースのラインナップも増えており、好きなデザインや素材で自由に選択することができます。

今回は、そんなApple Watch Series 7の新機能や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。

 

Series 6からどこが進化した?新機能・注目ポイントまとめ

引用元:Apple公式

 

Apple Watch Series 6から進化した新機能や改良されたポイントを、4つご紹介いたします。

 

  1. サイズはそのまま、大きくなったディスプレイ
  2. 充電スピードが速くなった
  3. 本体の耐久性が向上
  4. 健康のための新機能を搭載

 

では、各項目について、詳しく見ていきましょう。

 

1.サイズはそのまま、大きくなったディスプレイ

最初に、従来のサイズはそのままにディスプレイが大きくなりました。

Apple Watchは全シリーズで2サイズ展開されており、「Series 7」は41mmと45mmの2種類です。微妙な差ですが、45mmの方はよりピクセル数が多く、テキストが少しだけ大きく表示されます。

微妙な差ですが、実際に付けてみると印象が違うため、フィット感はもちろん、自分の好みや、つけ心地で選んぶようにしましょう。

 

文字サイズが大きく、見やすくなった

「Series 7」のディスプレイサイズは、現行モデルから20%拡大されました。

表示領域が広くなり、現行モデルよりもテキストサイズを大きく表示できるようになっています。これによって、パスコードや計算機アプリが見やすくなり誤タッチの軽減にも繋がるでしょう。

 

画面上のキーボードでテキストが入力できる

今までのApple Watchはテキスト入力ができませんでしたが、「Series 7」はディスプレイが大きくなったことで、画面上のキーボードでテキスト入力ができるようになりました。AIによる単語予測などをサポートしており、iPhoneと比べて小さな画面でも正確にテキスト入力ができます。

 

しかし、キーボード機能は2021年11月現在、英語と中国語のみの対応となっており、残念ながら日本語は対応していません。

そのため日本語でのメッセージ送信などは、従来通りに音声入力を使うことになるでしょう。

 

マップ機能が大画面で見やすく

移動に便利なマップ機能ですが、ディスプレイが大きくなったことで、現行モデルよりも表示される情報量が増え、とても見やすくなりました。

ナビゲーション機能を使って道案内してもらえば、画面を見つめつづける必要もなく、曲がり角に来ると、Apple Watchがやさしく振動して教えてくれます。

 

2.充電スピードが速くなった

次に、充電スピードが早くなったという点です。

Apple Watchはモデルチェンジを繰り返すたびに充電時間が短くなっていますが、Series 7では、さらに短時間で充電ができるようになりました。

 

5分間の接続で80%のスピード充電!

Apple Watchを使っている方の中には、1日使用して充電をし忘れて眠ってしまうと、次の日にはもう電源が切れている……という経験をした方も多いのではないでしょうか。

「Series 7」では磁気コイルの改良とUSB-Cケーブルにより、より短時間での充電を実現しています。

具体的にいうと、5分の充電で0%から80%充電が可能となっており、さらに、8分の充電で8時間使えるようになりました。

 

フル充電での利用時間は18時間と、「Series 6」から変わっていません。

しかし、短い時間で多く充電できるというのは、時計型デバイスという身につける端末だからこそ改良された点といっていいでしょう。

3.本体の耐久性が向上

引用元:Apple公式

 

Apple Watchは常に手首につけているものなので、画面のキズやひび割れはどうしても気になってしまいます。

「Series 7」では、画面の強度が大幅に向上しました。前シリーズと同様の耐水性能や防塵性能と合わせて、どんな場面でもアクティブに使えるデバイスとなっています。

 

ここでは画面強度の進化についてより詳しく解説いたします。 

前面クリスタルの厚みが50%アップ

「Series 7」は、ディスプレイを覆う前面クリスタルが最大50%厚くなり、「Series 6」の2倍以上の強度を誇るとされています。また、亀裂や割れへの耐久性も改良されました。

このように、耐久性はアップしましたが本体の厚みは変わっていないのも嬉しいポイントです。

Apple Watchは運動中や睡眠中など、普段から身につけるものですから、うっかりぶつけてしまったり、落としてしまうこともあるでしょう。しかし、耐久性が向上したことで、より日常的に身につけられるようになったようです。

 

4.健康のための新機能を搭載

Apple Watchは以前から健康のための機能が高く評価されていましたが、「Series 7」では、さらに新しい機能が追加されました。

腕につけているだけで健康に関わる数値の提案や計測をしてくれるので、簡単にさまざまな機能を使うことができます。この機能は健康管理ツールとして、あなたをサポートしてくれる心強い味方になるでしょう。

 

心電図記録と血中酸素濃度チェックが可能

新しく追加された機能が、心電図記録と血中酸素濃度チェックです。

 

心電図記録とは、心電図アプリを利用して第I誘導心電図に類似した心電図を作成できる機能です。あくまで記録であり、医師の診断や病名の特定につながる機能ではありませんが、健康チェックのために、心拍の状況を知ることができます。

 

血中酸素濃度チェックは、血中に取り込まれた酸素のレベルを手首からじかに、いつでも測定できる機能です。

血中酸素濃度とは、血中に取り込まれた酸素のレベルで、赤血球によって肺から全身に運ばれる酸素の割合のことです。この重要な血液の働きがどれほどうまく行われているかを把握することで、全身の健康状態を知ることができます。

 

watch OS 8の新機能にも注目!

Apple Watchに搭載されているOSの最新版「watch OS 8」にも、さまざまな新機能が追加されました。

利用できる機能はデバイスによって異なりますが、2017年に発売したApple Watch Series 3以降のApple Watchで利用可能です。現在他のシリーズのApple Watchを使っている人も、ぜひチェックしてみましょう。

 

今回は、特に注目すべき新機能「緊急SOS機能」をご紹介いたします。

緊急SOS機能

緊急SOS機能とは、Apple Watchをつけた人が倒れてから一定時間応答がなかった時に、緊急通報を行い、同時に、事前に設定した緊急連絡先にメッセージを送ってくれるというものです。

意識がある場合は、画面に表示される警察(110)、消防(119)、海上保安庁(118)の3つから緊急通報先を選ぶことができ、緊急通報が完了した後は、指定の緊急連絡先にテキストメッセージが送られます。

内容はGPSの現在地やSOSモードに入ってからの経過時間などで、位置情報は、移動するたびに最新情報が送信されます。

そのまま病院に搬送された場合にも、メッセージを受け取った家族は、すぐにかけつけることができるでしょう。

近年は、在宅勤務などで家に1人で作業している方も多いと思いますが、そんな1人きりの時に倒れてしまったり、事故にあってしまった場合など、高齢の方はもちろん若い方にも安心の機能となっています。

 

Series 6ユーザーが気になる、ケースとバンドの互換性

引用元:Apple公式

 

Apple Watchには、さまざまデザインや素材を使ったケースやバンドが多く発売されています。そのため「Series 6」やそれ以前のモデルを使っている方の中には、新しい「Series 7」に買い替えても、アクセサリは愛着があるものを使い続けたいと思う方も多いのではないでしょうか。

 

ここからは、「Series 6」や「Series 7」のケースやバンドの互換性をご紹介します。

 

本体サイズは変わらないので6のケースが使える!

「Series 7」のケースについては、互換性があり「Series 6」だけでなく、それ以前の「Series 4」以降のアクセサリであれば使用することができます。

なぜなら、画面サイズが大きくなりましたが、本体サイズは変わっていないためです。

ただし「Series 3」以前のシリーズと「Apple Watch SE」を使っている方は互換性がないため注意が必要です。

 

また「Series 7」のバンドについても、すべてのApple Watchのシリーズと互換性があります。

バンド取り付け部分の寸法は、小型モデル同士、大型モデル同士は、全てのシリーズで同じバンドを付けることができます。

Apple Watch Series 7は2モデルで展開

Apple Watchの購入を検討する際に、「GPS+セルラーモデルと、GPSモデル、どっちを買えばいいの?」と悩む人は多いと思います。

ここでは、GPS+セルラーモデルとGPSモデルの特徴を解説します。購入の際の参考にしてみてください。ぜひ自分の条件に合ったものを選んでみましょう。

 

GPS+セルラーモデル

GPS+セルラーモデルは、iPhoneがなくてもApple Watch単独で通信ができます。

しかし、単独通信するためには、Apple Watch購入後に各キャリアで別途通信契約することになります。

運動する時などは、iPhoneは持たずに身軽な状態で活動したい方も多いと思いますが、そういった時に、GPS+セルラーモデルだとApple Watchをつけていればメッセージや電話の通知も受け取ることができるので便利です。

単独で通信契約をしているため、他にも、ストリーミング音楽再生、ワークアウトの記録、マップの使用など、Apple Watchひとつで、さまざまなことができます。

災害時など、もしもの時にも便利なモデルといえるでしょう。

 

GPSモデル

GPSモデルは、iPhoneがないとネット通信ができません。また、ケースにも違いがあり、GPSモデルはアルミケースしか販売されていません。アルミケース以外がいいという方は、GPS+セルラーモデルを選ぶことをおすすめします。

 

iPhoneがないとネット通信ができないことから、iPhoneを肌身離さず持っているという方は、GPSモデルで問題ないでしょう。また、別途通信契約する必要がないので、通信費を節約したいという方にもおすすめです。

 

まとめ

今回の記事では、Apple Watch Series 7の新しい機能や注目ポイントを詳しくご紹介しました。

Apple Watch Series 7は現行モデルよりも優れた点や新しい機能が充実しています。特に、ユーザーの健康をサポートする機能においては驚きの進化を遂げていました。

 

GPS+セルラーモデルとGPSモデル、どちらを購入しようか迷っていた方にも、よい判断材料になったのではないでしょうか。

この記事を参考に、自分の使用方法にマッチしたものを選んで、より便利な生活を送りましょう。