自宅や外出先に最適なおすすめWiFiランキングをご紹介

あなたはこのようなことを考えたことはありませんか。

「データ通信量を気にせずにスマホを使いたい」「カフェのフリーWiFiだと接続が悪い」

このような悩みは、WiFiを契約することで簡単に解決します。

 

この記事では、WiFiって何?という全くの初心者の方でも理解しやすいように、WiFiの種類とおすすめランキングを紹介いたします。

是非契約をご検討の方は最後までご覧ください。

今さら聞けない!WiFiって何?

 

WiFiとは、スマホやパソコンなどの機器をインターネットに無線で接続する方法の一つです。

 

多くの人がWiFiを使う理由は、大容量のデータ通信を高速で行うためです。

 

もしあなたがWiFiでのインターネット回線を契約しておらず、スマホの通信容量だけで過ごそうとするのなら、できることが制限されてしまうでしょう。

 

例えば、 Youtubeなどで動画を視聴しようとすると、数時間で1GB近く通信データを消費します。

このようにデータ通信量が多くなると、通信速度に制限がかかってしまうことがあります。

さらにアプリのダウンロードをする場合は、WiFiが無いと、データ容量を大幅に食う上に、インストールのスピードも遅くなりがちです。

 

日常的に動画視聴やアプリのダウンロード、アップデート行うようになった昨今では、 WiFiはなくてはならないものとなっています。

WiFiは2種類ある

 

個人のユーザーが利用するWiFiは、大きく分けて2種類あります。

自宅のみで使用する置き型WiFiルーターと、外出時におすすめなポケットWiFiルーターです。

それぞれ特徴があり、どのようにインターネットを利用するのかによって向き不向きがあります。

 

では、この2種類の違いについて詳しくご説明いたします。

 

自宅利用におすすめの「置き型WiFiルーター」

 

置き型のWiFiルーターは、さらに2種類に分けられます。

コンセントに差し込むだけでWiFiが使える「ホームルーター」と呼ばれるものと、有線LANに接続する一般的な「WiFiルーター」です。

 

ホームルーターは、ポケットWiFiを大きくして接続を安定化させたようなイメージで、契約のシステムもポケットWiFiと似ています。

回線の開通工事が必要なく、自宅に届いたらすぐに利用できる点が魅力です。

 

WiFiルーターは、自宅に光回線が通っていないと使用できません。

その代わり、ポケットWiFiやホームルーターよりも接続は安定しており通信容量の制限も無く、最も快適にインターネットを利用できます。

 

ホームルーターは手軽さ、Wi-Fiルーターは安定した大容量通信と、それぞれメリットが違います。

外出におすすめポケットWiFi

 

外出時にインターネットをよく使うという人には、ポケットWiFiがおすすめです。

先ほど紹介した他のWiFiと違う点は、持ち運びができることと、月額料金の安さです。

 

一方で、デメリットもいくつかあります。

それは充電が必要なことと、使用できるデータ容量が決まっていることです。

しかし、端末のバッテリー容量や通信データ容量、それにともなう料金プランは年々進化しています。

サービスによっては、月額料金の安さは変わらず外出先でも大容量データ通信が可能なものも多くなってきました。

 

自宅以外での利用が多い方は、ポケットWiFiの利用も検討してみましょう。

 

WiFiを選ぶ時のコツ

 

では実際にWiFiを選ぶ時には、どのような基準で選んだら良いのでしょうか。

この記事では「これさえ押さえておけば間違いない」というポイントを3つ紹介いたします。

 

  1. 価格で選ぶ
  2. 機能で選ぶ
  3. メーカーで選ぶ

 

一つずつ見ていきましょう。

①価格で選ぶ

 

まずはあなたの予算と相談しながら、WiFiを選んでみましょう。

WiFiは目的や種類によって、価格が大きく変わってきます。

 

例えば、ポケットWiFiの契約を検討している場合、

初期費用は無し、契約事務手数料として手数料3,300円、月額4,000円程度支払う計画を立てれば問題ないでしょう。

 

一方で、光回線を開通から検討する場合は、

初期費用として工事費に加えて、月額6,000円程度の支払いを想定しましょう。

別途でWiFiルーターを購入する必要がありますが、こちらの金額は求めるスペックによって異なります。

 

②機能で選ぶ

 

次に機能面を考えてみましょう。

ポケットWiFiはサービスや料金プランごとに、使用できる端末が決まっています。

申し込みをする前に、公式サイトから端末のスペックを確認しましょう。

ホームルーターも同様です。

 

一方、WiFiルーターを購入する場合に、機能面で考慮すべきポイントは以下の通りです。

・自宅の広さに対して、周波数は十分か

・主なインターネットの用途に対して、通信速度は十分か

・同時接続可能台数は、何台か

・セキュリティは十分か

 

WiFiルーターをレンタルではなく購入する場合は、細かいスペックまでしっかり目を通して最適な1台を見つけることが大切です。

 

③メーカーで選ぶ

 

最後にメーカーから選択肢を絞ってみましょう。

メーカーで選ぶ際のポイントは、以下の2点です。

 

1, 国内のシェア率はどれくらいか

2, メーカーはどのような種類のWiFiルーターが得意なのか

 

国内シェア率が高ければ、他の人が使った感想がわかります。

TwitterやYahoo知恵袋にはかなりリアルな感想が書かれていますので、チェックしてみましょう。

口コミの評判を重視してWiFiを選ぶのも一つの手です。

 

次に各メーカーには得意分野があります。

例えば、某メーカーはオンラインゲームの利用に特化したゲーミングWiFiルーターを販売している、といった具合です。

 

しかし、人によって好みや使用目的が違うため、口コミに影響されすぎるのも良くありません。自分の好みや使用方法に合わせてメーカーを選んだ方が良いでしょう。

 

自宅に最適なWiFiおすすめ3選

 

ここまで、選ぶ際のポイントをご紹介しましたが、実際にWiFiを選ぶとなると商品やレンタルサービスの数が多すぎて、どれから見ればいいかわからないという方もいるでしょう。

 

ここからは、目的別におすすめのWiFiをご紹介いたしますので、是非参考にしてみてください。

 

まずは、自宅でWiFiを使いたい方向けの3選です。

1.Buffalo: WSR-5400AX6S-MB

Buffalo: WSR-5400AX6S-MB

出典: https://www.buffalo.jp/product/detail/wsr-5400ax6s-mb.html (Baffalo/ 公式)

対応OS: Android, Chrome OS, iOS, iPadOS, Mac, Windows 
通信規格: Wi-Fi 6
アンテナ: 5GHz 4本, 2.4GHz 2本
セキュリティー: WPA 
重さ: 650 g 
簡単設定: Wi-Fi Easy Mesh TM
おすすめポイント: 

・最新の通信規格のWi-Fi 6 に対応している

・ビームフォーミングにより安定したインターネット接続が可能

・初心者に優しいWi-Fi Easy Mesh TM があること

 

2.Elecom: WMC-X1800GST-B

 

Elecom: WMC-X1800GST-B

出典: https://www.elecom.co.jp/products/WMC-X1800GST-B.html (Elecom/ 公式)

対応OS: Windows , macOS, iOS, Android
通信規格: Wi-Fi 6 
アンテナ: 内蔵アンテナ(2.4 GHz 2本, 5GHz 2本)
セキュリティー: WPA
重さ: 460 g 
簡単設定: e-Mesh 
おすすめポイント: 

・最新通信規格のWi-Fi 6 に対応

・e-Mesh により設定が簡単なこと

・こどもネットタイマーによりネットの使いすぎを防止

3.NEC : Aterm WX3600HP

 

NEC : Aterm WX3600HP

出典: https://www.aterm.jp/product/atermstation/product/warpstar/wx3600hp/ (NEC/公式)

対応OS: Android, macOS, iOS, Windows 
通信規格: Wi-Fi 6 
アンテナ: 5GHz 4本,  2.4GHz 4本
セキュリティー: SSID, WPA 
重さ: 0.8 kg 
簡単設定: らくらくQRスタート用QRコード(シール)
おすすめポイント: 

・最新通信規格のWi-Fi 6 に対応

・多くのアンテナが内蔵されており、見た目がスッキリしている

・通信が安定しており、スマホで簡単に設定が可能

 

外出時に最適なWiFiおすすめ3選

 

次に外出時に最適なポケットWiFiサービスを3つ紹介していきます。

1.ZEUS WiFi / H01

 

ZEUS WiFi / H01

出典: https://zeus-wifi.jp/device (ZEUS Wifi/ 機種情報)

通信速度: 下り最大 150Mbps  上り最大: 50Mbps
バッテリー容量: 2,700mAh 
同時可能接続台数: 10台
重量: 130 g 
おすすめポイント:

・レンタルのため端末代0円で使用可能

・キャンペーン適用で20GB月額980円からレンタルできる、業界最安値級(2021年6月時点)

・クラウドSIMによって、3大キャリア(au、ドコモ、SoftBank)の回線が利用できる

2.UQ WiMAX / Speed Wi-Fi NEXT W06

 

UQ WiMAX / Speed Wi-Fi NEXT W06

出典: https://www.uqwimax.jp/wimax/products/w06/(UQ WiMAX 公式サイト )

通信速度: 下り最大: 1.2Gbps, 上り最大: 75Mbps 
バッテリー容量: 3,000 mAh 
同時可能接続台数: 最大16台
重量: 125 g 
おすすめポイント: 

・月間データ量は無制限で利用可能(3日で10GBの制限有)

・通信速度は業界最速級

・ハイスピードアンテナ搭載で、通信が安定

3.Rakuten WiFi Pocket

 

Rakuten WiFi Pocket

出典: https://network.mobile.rakuten.co.jp/product/internet/rakuten-wifi-pocket/ (Rakuten Mobile/ 公式)

通信速度: 下り最大: 150 Mbps, 上り最大: 50 Mbps 
バッテリー容量: 3,000mAh
同時可能接続台数: 10台
重量: 100 g 
おすすめポイント: 

・楽天モバイルのエリア内ならデータ量無制限で利用可能(エリア外は最大1Mbpsで使い放題)

・QRコードでスマホに簡単接続

・楽天モバイル「Rakuten Un-Limit Ⅵ」とのキャンペーンあり

 

売れ筋ランキング

 

続いて、WiFi機器の総合売れ筋ランキングを紹介していきます。

3位 NEC/ Aterm WG1200HS4

 

NEC/ Aterm WG1200HS4

出典:https://www.aterm.jp/product/atermstation/product/warpstar/wg1200hs4/ (NEC/公式)

対応OS: Windows , macOS, iOS, Android
通信規格: WiFi 5 , iPv6 対応
アンテナ: 5GHz 2×2 , 2.4GHz 2×2 ストリーム
セキュリティー: WPA 
重さ: 0.2 kg
簡単設定: らくらくQRスタート
おすすめポイント:

・一戸建てに住むファミリー向けの機種

・NEC独自技術のハイパワーシステムにより、広範囲に電波が届く

・こども安心ネットタイマーにより、子どものWiFi接続時間をコントロールできる

2位 NEC/ Aterm WG2600HS2

 

NEC/ Aterm WG2600HS2

出典: https://www.aterm.jp/product/atermstation/product/warpstar/wg2600hs2/ (NEC/公式)

対応OS: Windows , macOS, iOS, Android
通信規格: WiFi 5 , iPv6 対応
アンテナ: 5GHz 4×4 , 2.4GHz 4×4 ストリーム
セキュリティー: WPA 
重さ: 0.5 kg 
簡単設定: らくらくQRスタート
おすすめポイント:

・3位のWG1200HS4の上位モデル

・さらに広範囲に電波が届くため、より利用範囲が広い家庭におすすめ

・こども安心ネットタイマー搭載

1位 Buffalo/WSR-1166DHPL2

 

Buffalo/WSR-1166DHPL2

出典: https://www.buffalo.jp/product/detail/wsr-1166dhpl2.html (Baffalo/公式)

対応OS: Android, Chrome OS, iOS, iPadOS, Mac, Windows 
通信規格:WiFi(無線), IPv6にも対応 
アンテナ: 内蔵アンテナ2本(5GHz/ 2.4GHz)
セキュリティー: WPA 
重さ: 241 g 
簡単設定: なし
おすすめポイント:

・価格が比較的リーズナブル

・どんなユーザーにもフィットするスペックと価格のバランスの良さ

・IPv6に契約している方はより高速通信を楽しめる

 

まとめ

 

では最後にWiFiを選ぶ時のコツをおさらいしておきます。

 

WiFiを選ぶときにはこれらのポイントに注意しましょう。

・自宅メインで使うのか、外出時メインで使うのかはっきりさせる

・機能、価格、メーカーの3点を総合的に見て判断する

 

これらのポイントを抑えておけば、失敗は避けられるでしょう。

 

WiFiは、安ければいい、スペックが高ければいいというわけではありません。

ユーザーの使用環境やインターネットの用途に合わせて、最適な機器・最適なサービスを選ぶようにしましょう。