Wi-Fi月額料金が安いのはどれ?キャンペーンなど徹底比較

自宅でWi-Fiを利用したいけど、いろいろな方法があり料金やサービス内容も違うため、どれにすればいいのか迷っている人もいるでしょう。

 

ここでは各社のサービスを、月額料金の安さでランキング形式に後紹介いたします。

モバイルWi-Fiルーターから光回線まで、設置方法別に解説いたしますので、自分のライフスタイルに合ったサービスが見つかるでしょう。

 

Wi-Fiを利用するならおすすめの方法はどれ?月額料金を徹底調査!

Wi-Fiを利用するときに最も気になるのは、やはり月額料金です。

自宅でWi-Fiを利用する方法はいくつかあるので、方法別に料金などを比較してみましょう。

月額料金ランキングやキャンペーンも併せて紹介しています。

Wi-Fiを利用する方法は3種類

自宅でWi-Fiを利用してインターネットに接続したいけどWi-Fi環境がないという場合、基本的には自分でインターネット業者と契約をして環境を用意しなければなりません。

自宅でWi-Fiを利用するには、

  1. モバイルWi-Fiルーター
  2. ホームルーター
  3. 固定の光回線

と3つの方法があります。

これらの方法にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

事前に十分に比較検討し、自分に合った方法はどれなのかを知ってから契約することで、後悔しないインターネットライフが送れるでしょう。

 

以下で、それぞれの方法について詳しくご紹介します。

1.モバイルWi-Fi

自宅でWi-Fiを利用する際に手軽さを最も重視するのなら、モバイルWi-Fiルーターの利用を検討しましょう。

比較的新しいインターネットサービスですが、今や数多くの企業がモバイルWi-Fiルーターを提供しています。

回線の開設工事が不要で、自宅はもちろん外出先でもWi-Fi回線インターネットが利用できるのがメリットです。

デメリットとしては、比較的回線が不安定になりやすいことや、データ容量を超えると速度制限がかかってしまうことなどがあります。

2.ホームルーター

自宅でWi-Fiを利用するなら、ホームルーターも有効な方法の1つです。

メリットは、モバイルWi-Fiルーターと同じく回線の開設工事が不要なことと、難しい設定をしなくても自宅のコンセントに差し込むだけですぐにインターネットが利用できることです。

デメリットとしては、回線が混雑する時間帯や、一定のモバイルWi-Fiルーターと同じくデータ容量を超えると速度制限がかかってしまうことがあります。

3.光回線

自宅でWi-Fiを利用する方法の1つとして、すでにお馴染みとなっている光回線にWi-Fiルーターを接続してインターネットを利用する方法もあります。

メリットは、なんといってもデータ容量無制限でインターネットを利用できることと、ケーブルを介して通信するため安定性が高いことです。

デメリットとしては、光回線自体がない場合は回線の開設工事から始めなければならないことと、利用開始時のデバイス接続設定がやや複雑なことです。

月額最安モバイルWi-Fiはどれ?

モバイルWi-Fiルーターにはたくさんの種類があり、プランもそれだけたくさんの種類があります。

毎年のように各社が競ってさまざまな新しい機種やサービスを提供しており、思わず目移りするほどです。

以下でモバイルWi-Fiルーターの月額料金ランキングと、最も月額料金の安いモバイルWi-Fiルーターの詳細をご紹介します。

月額料金ランキング

ここでは単純に月額料金の安い順に上位5位までをご紹介します。

 

順位 モバイルWi-Fiルーター 月間容量 実質月額料金(税込)
1位 Rakuten Wi-Fi Pocket 楽天エリアは無制限 352円~3,237円
2位 モンスターモバイル(2GB/日プラン) 56~62GB 2,728円
3位 Ex Wi-Fi CLOUD 50GB 2,948円
4 ZEUS Wi-Fi(40GBプラン) 40GB 2,948円
5位 THE Wi-Fi 100GB 3,327円

※月額料金は、2021年6月時点で実施中のキャンペーンを適用した価格になります。

 

このランキングによると、料金が変動制ではあるもののRakuten Wi-Fi Pocketが飛び抜けて月額料金が安いことが分かります。

モンスターモバイルとEx Wi-Fiは、大容量をお得な料金で利用できるのが魅力です。

4位のZEUS Wi-Fiの上位サービスとの違いは、データ容量別にプランが多い点です。ライフスタイルに合わせて最適なデータ容量と月額を選ぶことができます。

このランキングからは外れたものの、月額料金3,000円台では他にBroad WiMAXMugen Wi-Fiも高い人気を得ています。

1位のモバイルWi-Fi

【Rakuten Wi-Fi Pocket】

引用元:https://network.mobile.rakuten.co.jp/product/internet/rakuten-wifi-pocket/

 

2021年6月現在で月額料金1位の安さだったモバイルWi-Fiルーターは、Rakuten Wi-Fi Pocketです。

2020年12月に発売されたばかりの新しいモバイルWi-Fiルーターで、月額料金が安さが目を引きますが、その他の料金面で特徴的なメリットは大きく分けて2つ。

  • 契約後3ヶ月間は月額料金が無料
  • 初期費用と解約料金も無料

つまり契約後3ヶ月間は全く料金が発生せず、解約も好きなときにできて解約料金も発生しないという太っ腹なシステムです。

また、Rakuten Wi-Fi Pocketは楽天エリアでは通信データ容量が無制限で利用できます。

楽天エリア外でも3大キャリアの回線を利用して通信することができ、その場合は月間容量が5GBまでとなっています。

安い分、端末のスペックもコンパクトです。

使用量はそれほど多くないけどエリアにとらわれずに使用したいという方は、4位の「ZEUS Wi-Fi」がかなりリーズナブルに利用できるためおすすめでしょう。

月額最安ホームルーターはどれ?

モバイルWi-Fiルーターと共に近年シェアを大きく伸ばしてきたのがホームルーターです。

電源コンセントに差し込んで利用するので端末のバッテリー消費などを気にする必要がなく、固定回線と同じような感覚で利用できるところが魅力的です。

以下でホームルーターの月額料金ランキングと、最も月額料金の安いホームルーターの詳細をご紹介します。

月額料金ランキング

ここでは単純に月額料金の安い順に上位5位までをご紹介します。

 

順位 ホームルーター(プロバイダー) 月間容量 実質月額料金(税込)
1位 モバレコAir 無制限 3,679円
2位 Broad WiMAX 無制限(10GB/3日) 3,753円
3位 DTI WiMAX 無制限(10GB/3日) 3,850円
4位 EX WiMAX 無制限(10GB/3日) 3,905円
5位 カシモ WiMAX 無制限(10GB/3日) 3,971円

※月額料金は2021年6月時点で実施している月額割引は含みますが、「初月無料」といったキャンペーンは含まない価格です。

 

このランキングによると、Softbank AirのプロバイダーであるモバレコAirが最も安い月額料金であることが分かります。

また、ランキング5位までのうち2位から5位まではWiMAXのプロバイダーが提供するホームルーターが占め、WiMAXの評価の高さを物語っています。

このランキングからは外れたものの、GMOとくとくBB WiMAXBIGLOBE WiMAXもサービス内容やキャッシュバックなどで高い人気を得ているので、あわせて検討してみるのもよいでしょう。

1位のホームルーター

【モバレコAir】

引用元:https://air-mobareco.jp/

 

モバレコAirは、Softbank Airのホームルーターをレンタル契約して利用するプロバイダーです。

モバレコAirは2021年6月時点の月額料金が最も安いことに加えて、月間データ容量に制限がないことも特徴です。

他のホームルーターで人気の高いものはWiMAX系プロバイダーがほとんどですが、WiMAXには3日で10GBというデータ容量の制限があるので、モバレコAirの特徴が際立っています。

また、オプション契約なしで26,580円もの高額なキャッシュバックを得られることや、他社からの乗り替えによる違約金や撤去工事費用を最大100,000円まで負担してくれることも大きな魅力です。

さらに、スマホなどSoftbankの他のサービスをすでに利用しているユーザーならば、セット割引も受けることができるので特におすすめです。

月額最安光回線はどれ?

かつては自宅でインターネットを利用するときの定番だった光回線も、近年はモバイルWi-Fiルーターなどに人気が押されつつありますが、まだまだその利用価値は高いものがあります。

長年の歴史があるため、サービス内容には熟成されたものが多いことも特徴でしょう。

以下で光回線の月額料金ランキングと、最も月額料金の安い光回線の詳細をご紹介します。

月額料金ランキング

ここでは、戸建ての料金を中心に月額料金の安い順に上位5位までをご紹介します。

 

順位 光回線(プロバイダー) 月額料金(戸建て) 月額料金(マンション)
1位 NURO光 5,217円 5,217円
2位 auひかり 5,610円 4,180円
3位 ビッグローブ光 5,478円 4,378円
4位 ドコモ光 5,720円 4,400円
5位 So-net光 6,138円 4,928円

※月額料金は2021年6月時点で実施している月額割引は含みますが、「初月無料」といったキャンペーンは含まない価格です。

 

このランキングによると、戸建ての場合はNURO光が最も月額料金が安くなっています。

 

モバイルWi-Fiルーターやホームルーターの月額と比較すると、光回線は全体的に高価な印象を受けるでしょう。しかし、これは純粋な料金プランであり、さらに安くなる仕掛けがあります。

 

光回線を利用する場合は、自分が現在利用しているスマホのプロバイダーに合わせて契約することが基本になります。

これによって、「おうちスマホセット割」といったセット割引が適用され、月額料金が数百円から数千円安くなる可能性があります。

これに限らず、光回線は数多くのサービスが存在するうえに、戸建てと集合住宅では料金が異なるので、単純に順位付けができないとも言えます。

ユーザーの状況によって、最安の光回線は異なるのです。気になる方は、まずはお使いのスマホのプロバイダーから問い合わせをしてみましょう。

1位の光回線

【NURO光】

引用元:https://www.nuro.jp/hikari/

 

光回線の場合は、特にさまざまな要因が絡んでくるため、単純にどのサービスが最も安いとは言い難い面がありますが、総合的にNURO光が最も安価に利用できると判断し、1位としました。

NURO光は月額料金が安いだけではなく、最大で45,000円ものキャッシュバックがあり、工事費用44,000円が実質無料になることも魅力的です。

ただし、NURO光を利用できるエリアは限られているので、エリア外の場合はauひかりが最も月額料金が安くなる可能性があります。

また、3大キャリアのスマホを利用中の場合は、セット割引が受けられる光回線を契約したほうが月額料金が安くなるでしょう。

特にauひかりは、最も安い場合は月額料金1,615円にまで安くなることがあるので、入居前に確認しておくとお得にインターネットを利用することができます。

 

※集合住宅の場合

キャッシュバックキャンペーンが手厚いのはどこ?

【主なキャッシュバック】

 

順位 モバイルWi-Fiルーター ホームルーター 光回線
1位 GMOとくとくBB:30,100円 ソフトバンクair:30,000円〜

(指定代理店から申し込み時)

auひかり:最大65,000円
2位 BIGLOBE WiMAX:17,000円 モバレコair:26,580円 NURO光:最大43,000円
3位 Broad WiMAX:5,000円 Broad WiMAX:5,000円 ソフトバンク光:36,000円

※キャッシュバック額は2021年6月時点で実施中のキャンペーンです。

 

キャッシュバックを受けるためには、注意すべき点がいくつかあります。

まず、自発的にキャンペーンを申し込まなければキャッシュバックは受けられないという点です。契約すると自動的に申し込まれている、というサービスはほとんど無いと言えるでしょう。

また、特定の有料オプションに加入することが高額キャッシュバックを受け取る条件になっている場合もあります。

さらに、受け取るまでにかかる期間が長すぎる場合もあるので、キャッシュバックを受け取る前に契約を解除してしまうことにならないように注意しましょう。

契約前に、受け取り手続きの方法も事前に確認しておくとよいでしょう。

まとめ

Wi-Fiを自宅で利用したい場合には、モバイルWi-Fiルーターとホームルーター、光回線の3つの方法があります。

大切なのは価格の安さだけではなく、契約者の利用形式に合ったサービスを選択することです。

Wi-Fiを利用するときには回線の速度や安定性、データ容量の制限なども絡んでくるので、あらかじめ自分がインターネットを利用する頻度などをチェックしておくと、後悔のない契約ができます。

 

2年契約や3年契約が多い自宅用Wi-Fiサービスにおいて、月額料金は重要な事項の1つです。

この記事を参考にどのサービスを利用するか決めていただければ幸いです。