安いだけじゃなかった、iPhoneXRは今でも人気!ケースも紹介

iPhoneやiPadはブランド人気も性能も高いので、根強い人気があるスマホですが、その分値段が高いのが難点です。

特に最新機種を購入すると金額が高くなる傾向にあるので、あえて少し前の機種を購入する方も多いでしょう。その中でもiPhone XRも候補にする方が増えています。

そこでiPhone XRはどのようなスペックと特徴があるのか、さらにはおすすめのスマホカバーもご紹介します。

 

iPhone XRのスペック

iPhone XRの購入を考えるときに、一番気になるのがスペックです。

2年以上前のスマホではありますが、元がハイエンドクラスなので、今でも使用には問題ないスペックとなっています

ほかにも以下の項目を詳しくご紹介します。

  • 価格
  • 液晶サイズ
  • 重さ
  • カラーバリエーション

 

価格

iPhone XRの価格は以下の通りです。

  • 64GBモデルは6万円〜
  • 128GBモデルは6.5万円〜

ただ少し前の機種なので店舗次第ではもっと安く売っていたり、機種変更にあわせて以前のスマホの下取りサービスを利用する、中古のiPhone XRを購入するなどの方法で、もっと価格を抑えることもできるでしょう。

例としてauの「かえトクプログラム」を利用すると、64GBは5万、128GBは6万円で購入できるようです。

液晶サイズ

液晶のサイズは6.1インチで、執筆時の最新モデルであるiPhone 12と同サイズです。

スマホとしては最大級とは言えずとも、必要十分でワイドな画面サイズと言えるでしょう。

 

本体サイズ

本体のサイズは縦幅が150.9mm、横幅が75.7mm、厚さ8.3mmです。

スマホとしては大きめな部類と言えます。

 

重さ

重さは本体のみで194gあり、カバーを付ければ間違いなく200gを超えてしまいます。

この重さは難点と言えるでしょう。

 

カラーバリエーション

カラーバリエーションは以下の6種類です。

  • ホワイト
  • ブラック
  • レッド
  • ブルー
  • イエロー
  • コーラル

特にコーラルは今までにない色合いで人気が高まっています。

 

iPhone XRの特徴

数あるiPhoneシリーズの中でiPhone XRはどのような特徴があるのでしょうか。

具体的な特徴を3つに分けてご紹介します。

 

iPhone Xシリーズの中で安い

iPhone XRは、Xシリーズの中でも最も安い機種です。

どれも少しずつ安くなってきてはいますが、それでもXRは他と比べると1万円近く安く購入ができます。

もちろん、廉価版というわけではなく性能は見劣りしないので、お得にiPhoneを使用できるでしょう。

 

カラーバリエーションが豊富

カラーバリエーションが豊富なのも、間違いなくXRの特徴です。

スマートフォンは同じ機種でも色が違うと印象がガラリと変わるので、幅広いカラーバリエーションは魅力の一つでしょう。

また、カラーバリエーションが増えたことによって、より多くの年代に親しまれるようになりました。

 

防水などもしっかり!

iPhone XRは防水や防塵の性能も万全で、IP67の評価を得ています。

具体的に言うと水に落としてしまっても問題ないレベルの防水性があるので、安心して使うことができるでしょう。

 

愛用のiPhone XRだから大切に使いたい。ケースを紹介

値下がりした今コスパの優れたスマホの一つとなったiPhone XRですが、愛用し使い続けるならやはりケースは大切です。

防水防塵性能は高くても衝撃にまでそこまで強いというわけではないので、保護するためにもちゃんとスマホケースを利用しましょう。

 

手帳型のケース人気ランキング!どんな人におすすめ

手帳型のケースは全面を覆うので、液晶画面までしっかり保護できます。

ただその分大型になりがちなので、本体と合わせて重量がネックになるかもしれません。

スマホを鞄に入れない人や、手に持たずに動画を見る人ことが多い人におすすめです。

 

レイ・アウト 手帳型ケース

3枚分のカードポケットにサイドポケットと収納が多く、Qi充電にも対応と便利なケースです。高機能なのに62gと手帳型としては軽め。

比較的手で持って利用しやすく、スタンドもあるので置いて使う人にもおすすめです。

 

Corallo NU 手帳型ケース

前後だけでなく側面も保護できるケースです。

スピーカーホールもあるのでケースを閉じたままの電話対応も可能。

81gと結構な重さですが、スタンドがあるので動画視聴などは手に持たずにできるでしょう。

 

FYY スマホケース iPhone XRケース 手帳型

ハンドメイドのスマホケースで、カードポケットは2つだけですが、口が広く取り出しやすいのはポイント。

これにもちゃんとスタンド機能はあり、耐久性も十分ありながら値段は抑えめで、コスパのいい手帳型ケースです。

 

カバー型のケース人気ランキング!どんな人におすすめ

カバー型ケースはスマホケースとしては最もポピュラーなタイプで、保護機能と重さのバランスが良いです。

また手帳型と違い、カメラが隠れずケースを付けたまま撮影ができるということで、多くの人がカバー型ケースを選んでいます。

 

ELECOM iPhone XR用シェルカバー/フラップ付

液晶画面を保護できないのがカバー型ケースの難点ですが、これはフラップで前面も保護できるタイプのケースです。

フラップにはカードポケットもあり、手帳型ケースに近い使用感ですが、それよりは軽く、使用しやすいでしょう。

 

ROOT CO. Shock Resist Tough & Basic Case. for iPhone XR

ゴツいタイプのカバー型ケースで、耐久性が非常に高いです。

選べる6色のカラーフレームにクリアな背面となっているためiPhone XRの特徴でもある豊富なカラーバリエーションも活かせるケースとなっています。

 

PITAKA MagCase for iPhone XR

非常にシンプルなカバー型ケースですが、工事の現場にも使われるほどの高耐久・衝撃吸収性能を持つ化学繊維でできています。

そのためスマホをしっかりと守りながらも16gと非常に軽く、重さがネックのiPhone XRにピッタリです。

 

バンパー型のケース人気ランキング!どんな人におすすめ

バンパー型はスマホに取り付けるフレームのようなケースで、保護する機能は手帳型ケースやカバー型ケースよりも低めではありますが、とにかく軽いのが特徴。

iPhone XR本来のデザインが好きという人にもおすすめです。

 

CLDeff CLEAVE Aluminum Bumper Aloof for iPhone XR

特徴的なまでに四隅が出っ張っているケースです。

どちらかというと個性的なデザインのためiPhone XR本来のデザインを楽しみたい方には少し違和感を感じてしまうかもしれません。しかしガード機能は高めとなっています。

 

Spigen iPhone XR ケース

アメリカの厳しい基準をクリアしたバンパー型ケースです。

高い保護能力がありながら、スマホのデザインを損なわないデザインになっています。

 

ESR iPhone XR ケース バンパー

シンプルながらアルミとシリコンの二重構造で、しっかりと衝撃から守れるバンパーケースです。

カメラレンズの保護もでき通信の邪魔にもなりませんが、やや手から滑りやすいのは難点でしょう。

 

番外編!海外ハイブランドのケース

よりケースにこだわりたいなら、海外のハイブランドケースを探してみることもおすすめです。ハイブランド品はデザインもケースとしての耐久性や保護力も高いので、自分にとっての最適が見つかるかもしれません。

また、2シリーズ古いiPhoneのXシリーズは、スマホケースの値が下がっている可能性が高いので、海外のハイブランドケースもお手頃な値段で入手できるでしょう。

 

まとめ

iPhone XRはXシリーズの性能の劣る廉価版とみなされがちですが、決してそんなことはなく、現在ではコスパが充分なミドルレンジスマホです。

重さが気にならないのであれば、十分有力な選択肢の一つとなるでしょう。

また、カバーを重視することでより長くiPhone XR を使用することができるのでおすすめです。

本体の色を活かしたい場合は、透明なケースにすると良いでしょう。ぜひiPhoneデビューはXRの購入を検討してみてください。