中古市場も注目!現役としてもまだまだ使えるiPhoneXS情報

iPhoneは毎年のように新商品が発表されています。

新しい機能やデザインはもちろん魅力的ですが、iPhoneは古い機種でも操作感や機能によって支持されているものもあります。

中でもiPhoneXSは、iPhoneXの後続モデルとして優秀なCPUとベゼルレス(枠無し)の高画質な画面を両立する機種です。

現在iPhone7や8を使用している方の中には、「最新モデルではなく中古でXSに買い変えたい」と思う方もいるのではないでしょうか。

もしくは、現在使用しているiPhoneXSの買取価格がいくらになるのかを知りたい……という方のためにも、まだまだ現役として使えるiPhoneXSの情報をまとめて紹介します。

 

iPhoneXSのスペック

iPhoneXSはAppleから2018年9月21日に発売されたモデルです。

一回り大きいサイズのiPhoneXS MAXも同日に発売、翌月には低価格モデルのiPhoneXRが販売開始しました。 XSの色の種類は3色でしたが、XRはイエローやコーラルといった6色のカラーバリエーションで展開されました。

 

iPhoneXSの主なスペックは以下です。

 

CPU A12 Bionic チップ
端末価格 

(発売当初の定価)

64GB:79,200円

256GB:77,760円

512GB:168,480円

液晶サイズ 5.8インチ
本体サイズ 143.6mm×70.9mm×7.7mm
重さ 177g
カラーバリエーション ・ゴールド

・シルバー

・スペースグレー

 

iPhoneXSによって以前のモデルから劇的に変化したのは、最新CPU「A12 Bionic チップ」による通信機能の向上です。

これによってブラウザの表示やスクロールがスムーズになり、ゲームアプリ・動画の試聴も快適に行うことができます。

また、ホームボタンが廃止されたベゼルレスの大画面と高画質の液晶、高性能のカメラも搭載されており、現在の最新iPhoneと比べても遜色のないスペックとなっています。

 

iPhoneXSの注目されたポイント

発売当初、注目された機能や性能を詳しくご説明いたします。

 

超広角レンズが搭載されたスマホ

iPhoneXSはデュアルレンズ(2つのレンズ)が搭載されています。

これによって1,200万画素の広角・望遠での写真撮影が可能となりました。

また、iPhoneXには無かった、一眼レフ風に背景をぼかした写真が撮れる「ポートレートモード」も搭載されています。

iPhoneXSは最新機種ではありませんが、カメラの性能が良いためSNSにアップされても古臭さを感じさせない写真を撮影できます。

有機ELによってきれいになったディスプレイ

iPhoneXSの液晶は、iPhoneXと同じく有機ELディスプレイ「Super Retina HD」を使用しています。

液晶解像度は2,436×1,125ピクセルで、iPhone8の1,920×1,080ピクセルと比べて進化していることがわかります。

ホームボタンが無くなり、ベゼルレスの全面液晶ディスプレイによって動画やゲームを大画面で楽しめることもiPhoneXSの魅力です。

指紋認証は使えないため、画面のロック解除はFace IDかパスコード入力になりますが、こちらは最新モデルでも主流のため問題ないでしょう。

 

その他にも、

  • 水深2メートルで最大30分間耐えられるIP68等級の耐水性
  • 4K動画の撮影
  • ワイヤレス充電対応

などの機能が搭載されています。

 

今でも人気!中古市場の販売価格

このように、発売から約3年が経った今でも現役で使えるiPhoneXS。

中古での需要もまだまだあるようです。

ここでは、中古市場での販売価格を紹介していきます。

 

iPhoneXS 中古価格相場(目安)
64GB 30,000円〜45,000円程度
256GB 45,000円〜55,000円程度
512GB 55,000円〜65,000円程度

 

512GBが発売当初168,480円だったことから考えると、かなりお手頃な価格になっています。

ただし、中古はあくまで使用済の端末です。

本体に傷があったり、使用状況によってはバッテリーの持ちが悪い場合もあります。

安く入手できる分、多少のリスクがあることは理解しておきましょう。

 

iPhoneXSからそろそろ乗り換えようかなという方に、中古買取相場

では、現在iPhoneXSを使用していて、別機種へ乗り換えるのに買取の価格を知りたいという方のために買取相場の価格帯もご紹介します。

端末の状態によって価格は変動しますので、ご注意ください。

 

  • ゲオ
  • メルカリ
  • ヤフオク
  • Apple Trade In(Appleによる下取りサービス)

 

4つの買取業者別に比較していきます。

ゲオでの買取価格相場

ゲオのスマホ買取サービス「ゲオモバイル」では、付属品無しでも1台から買取を行っています。

店舗まで行かなくても、宅配での買取も利用できます。

 

iPhoneXSの買取相場は以下です。

 

iPhoneXS ゲオでの買取相場(目安)
64GB 14,520円〜24,200円程度
256GB 18,480円〜30,800円程度
512GB 19,800円〜33,000円程度

 

個人で売却する場合はデータの消去に手間がかかってしまうことがありますが、ゲオの買取サービスでは端末にデータが残っていた場合、削除してくれるようなのでスマホ買取のプロにお任せできるのは嬉しいポイントです。

 

メルカリでの買取価格相場

フリマアプリ「メルカリ」でもiPhoneの出品は可能です。

iPhoneXSの価格相場は以下です。

 

iPhoneXS メルカリでの買取価格相場(目安)
64GB 34,000円〜40,000円程度
256GB 40,000円〜45,000円程度
512GB 45,000円〜50,000円程度

 

端末の状態によっては高く売れることもあるようです。

ただし、データ流出の防止やセキュリティロックがかからないように、端末を特殊な方法で初期化する必要があります。

メルカリの公式サイトにスマホを出品する際のガイドラインが公開されているので参考にしてみましょう。

ヤフオクでの買取価格相場

オークションサイト「ヤフオク」でも出品できます。

iPhoneXSの価格相場は以下です。

 

iPhoneXS ヤフオクでの買取価格相場(目安)
64GB 約29,000円程度
256GB 約37,000円程度
512GB 約43,000円程度

 

ヤフオクも、メルカリと同様個人で売却する形になりますのでデータ消去や初期化は必要になります。出品するときは注意しましょう。

Apple Trade Inでの買取価格相場

iPhoneXSは、Appleのオフィシャル下取りサービス「Apple Trade In」でも下取り対象の端末となっています。

本体容量にかかわらず、iPhoneXSの下取り価格は29,500円です。

iPhoneはプライバシー情報が多いため、信頼できる業者に買い取ってもらいたい、という方にはおすすめです。

 

上記以外では、auやドコモといった通信会社でも下取りサービスは行っています。

端末契約の際に、通信会社での下取りを含んだプランになっている場合もありますので売却する前に確認しておきましょう。

 

まとめ

iPhone、iPadといったApple製品は日々めざましい進化を遂げています。

常に最新の機種を使いたい、というこだわりを持った方も中にはいるかと思いますが、日常生活で問題無く使えればそれでいいという方にとっては、iPhoneX以降の世代のiPhoneであれば十分でしょう。

できるだけコストをかけずにiPhoneの機種変更をしたい場合、中古の端末を購入するというのは有効な手段の一つです。

最新機種が発表されたタイミングを狙って、こまめに中古市場をチェックしてみましょう。