iPhoneのAR(拡張現実)って?2021年最新版の機能と使い方をご紹介

AR(拡張現実)という言葉に、「ゲームで使われる技術」という印象をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

しかし、今やARは、私たちの手元にあるiPhoneのあらゆる機能を支える大切なテクノロジーとなっています。

 

この記事では、ただ楽しむだけではない、iPhoneでのARの使い方から人気のアプリまで、まとめて解説いたします。

 

AR(拡張現実)の使い方って?

ARという技術の名前だけは聞いたことがある、という方も多いでしょう。

ARとは「Augmented Reality」の略称で、日本語では拡張現実と翻訳されています。

実際の景色をカメラで写しながら、リアルタイムでバーチャルな視覚情報を合成する技術であり、まさしく現実のビジュアルを拡張するテクノロジーです。

 

よく対比としてVR(Virtual Reality)の名前も挙がりますが、こちらは映像デバイスで視覚を完全に覆い、バーチャル世界への没入感を楽しむものです。

バーチャル空間に自分が入るのがVRで、現実空間にバーチャルを出現させるのがARと言えるでしょう。

AR技術を使ったスマホアプリ

そんなAR技術は、実は身近なアプリにも使われています。

その代表的な例が社会現象となった、Unity社のアプリゲーム「ポケモンGO」です。ポケモンGOでは、スマホのアウトカメラで写した景色の中にリアルタイムで3Dのポケモンが表示されるという演出が話題になりました。あれはまさしくAR技術です。

 

かつては、映像にリアルタイムで視覚効果を合成するというのは非常に高度な技術でした。

しかし、デバイスのカメラ、処理能力の向上によって、手のひらサイズのスマホでもARが楽しめる時代となったのです。

 

iPhoneのAR技術が進化している

特にAR技術が進化しているスマホが、AppleのiPhoneです。

Appleは独自のOS「iOS」に対応する、「ARKit」というARフレームワークを開発しました。

ARKitとは、簡単に説明するとiPhoneのカメラとモーションセンサーによる情報をスムーズに統合し、AR化する技術です。

これによって、iOSアプリのAR機能が飛躍的に安定しました。

iOSに対応しているため、iPhoneのみならずiPadやiMacのカメラにもARKitは活用されています。

「ARKit 4」が2020年に発表

2020年には、最新版となるARKit4がAppleから発表されました。

これによってARアプリだけではなく、インカメラのフェイストラッキング(顔認識機能)も対応拡大し、より大人数でのエフェクト付き自撮り動画の撮影などが可能になりました。

 

また、ピープルオクルージョンという機能がついているため、人とCGオブジェクトの前後関係を機械学習によって認識し、AR表示へ反映することができます。通常、人とCGとの前後関係を反映するためには、特別なデバイスが必要ですが、iPhoneに搭載されているカメラだけで人とAIモデルを重ねることができます。

カメラを使ってリアルタイムに人の動きをキャプチャするモーションキャプチャもついているため、人の動きに合わせてCGオブジェクトを動かすことも可能です。

 

引用元:公式サイトhttps://developer.apple.com/jp/augmented-reality/arkit/

iPhoneでARが楽しめるアプリ・サービスをご紹介

ゲームだけに限らず、AR技術を生かした便利なアプリもあります。

ここでは、iPhoneの優れたAR技術で楽しめるARアプリやサービスをご紹介いたします。

アニ文字・Memoji(ミーモジ)

アニ文字・MemojiはiPhoneに標準搭載されている機能です。

インカメラで自分の顔を写すと、自分の顔の代わりにキャラクターの顔が表示されます。

口を動かしたり表情を変えたりすると、ほぼ遅延なくリアルタイムで画面の顔も同じ表情になり、そのままFaceTime通話もできます。

ただし、iPhoneX以前のiPhoneを使っている人は利用できないので注意が必要です。またMemojiはiOS12以降が対応していますので、利用する場合はiOSのアップデートが必須です。

 

参考:https://dime.jp/genre/952450/

 

計測

こちらもiPhoneに標準搭載されているアプリです。

カメラで写した景色にあるものをタップすると、ARで寸法が表示されるという非常に便利な機能です。

これがあれば、引越しの際などに、家具を置くスペースが知りたい時にメジャーが無くても寸法がわかります。

ただし、直線などの感知しやすい箇所に限られることと寸法数値はあくまで目安となるのは留意しておきましょう。

 

参考:https://join.biglobe.ne.jp/mobile/sim/gurashi/iphone_measure181227/

 

IKEA PLACE

IKEA PLACEは、スウェーデンの家具メーカー「IKEA」の公式オンラインサイトアプリです。

購入したい家具を選んで、ARで自分の部屋に置くシミュレーションができる機能が搭載されています。

家具をオンラインストアで購入する際には、実際に届いてみたらサイズが大きすぎたり、部屋の雰囲気に合わなかったりするのではないかと心配になるものです。

このアプリなら、iPhoneのカメラを通してバーチャル家具を部屋の好きな場所に配置し、購入前にだいたいの印象を知ることができます。

さらに、ソファのリクライニングを倒すといった操作まで可能です。

 

公式:https://apps.apple.com/jp/app/ikea-place/id1279244498

参考:https://wired.jp/2017/10/06/ikea-place-augmented-reality/

Google どうぶつAR

こちらはiOS限定のARアプリではありませんが、 AR機能を身近にさせたサービスとして話題になったのでご紹介します。

お馴染みの検索エンジン 「Google」が近年追加した検索機能で、動物園でしか出会えないような動物をARで見ることができるというものです。

たとえば、自宅で「ペンギン」と検索し3D表示を利用します。すると、本物のペンギンがまるで自分の家にいるような体験ができます。

現在、50種類近い動物が表示可能です。

ステイホームの楽しみ方の一つとして、この機能は2020年から大変人気となりました。

 

公式:https://support.google.com/websearch/answer/9817187?co=GENIE.Platform%3DiOS&hl=ja&oco=0

参考:https://www.gizmodo.jp/2020/12/google-ar-animals.html

 

iPhoneでAR機能を楽しむための注意点

ここまで、iPhoneの AR機能の楽しみ方をご紹介いたしましたが、アプリやサービスを利用する上で気をつけるべき点もあります。

iOS11以降のアップデートが必要

ARKitそのものが対応しているのが、iOS11以降のiOSがインストールされたデバイスのみとなります。

iPhone 6 PlusまでのiPhoneでは、このような AR機能は利用できない可能性がありますので、ご注意ください。

ARKit4の一部機能は最新機種のみに対応

iPhoneのカメラにもARKit4の技術が惜しみなく搭載されており、「Depth API」もその一つです。

これは、iPhoneで写真を撮影した際に、被写体と深度を自動で認識し、最適に背景をバーチャル加工するという技術です。

主に、iPhoneのカメラ機能「ポートレートモード」に活かされています。

ARKit4による精度の高い「Depth API」は、LiDARスキャナが搭載されている以下のデバイス専用となります。

  • iPad Pro 11インチ(第2世代)
  • iPad Pro 12.9インチ(第4世代)
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max

まとめ

ARと聞くと、ゲームでよく使われるものというイメージを持たれる方が多いかもしれませんが、最新のiPhoneにはカメラや地図アプリなどにもARの技術が使われています。

モーションセンサーとカメラのデータを統合させる、というと小難しい技術に聞こえますが、ARは私たちの生活がより便利になる楽しいテクノロジーと言えるでしょう。

これまでは、バーチャルと現実が不自然に合成されていたのも、技術の進化によってスムーズでリアルなものとなりました。

来たる5G時代には、ますますの進化が期待できそうです。