iPhone7はいまだに人気。買取市場も、中古の値段も下がりづらいわけ

国内のスマートフォン市場でiPhoneは半数以上の高いシェアを占めており、旧機種も中古市場で根強い人気があります。中でもiPhone7は高価買取が期待できる機種で、中古の販売価格もなかなか下がりにくいと言われているほどです。

新機種を購入して使わなくなった旧機種の買取を検討している人に向けて、iPhone7の中古が人気の理由と買取・販売価格の相場を解説します。

 

iPhone7って、どんな機種だった?

 

2016年9月に販売が開始されたiPhone7は、前機種のiPhone6sと比べて性能面や機能面で大きな進化が実現されています。

iPhoneシリーズ初となるIP67等級の防水・防塵仕様を備え、イヤホンジャックの廃止やホームボタン位置の変更でも話題を集めました。機能面ではiPhoneシリーズで初めておサイフケータイに対応し、FeliCaを使った電子マネー決済が可能になっています。

特にiPhone 7 Plusはデュアルカメラを搭載し、暗所での撮影や望遠撮影など撮影機能が大幅に向上した点も人気の一因です。

2017年に「インスタ映え」が流行語大賞に選ばれた理由の一つには、日本でシェアが高いiPhoneで高画質な写真が手軽に撮影できるようになったという時代背景もあるでしょう。

 

iPhone7の買取金額・中古の販売価格って何で変わる?

 

完成度が高いモデルとして今なお根強い人気を誇るiPhone7の中古販売価格が、需要と供給のバランス次第で変動するのは自然の成り行きです。

そのため中古のiPhone7を店舗で買取してもらう場合でも、高く売れやすい条件を備えた機種ほど高価買取が期待できます。

買取価格を左右する要素の中から、

 

  • 容量
  • Sim

 

3つのポイントで解説していきます。

 

容量で変わる

 

iPhoneを使っていると便利なアプリを次々とインストールしがちで、容量がいくらあっても足りないという人もいるほどです。

iPhone7は内蔵カメラの撮影機能が強化されているのが特徴なだけに、写真や動画が溜まってくると容量が余計に圧迫されてしまいます。

次の世代のiPhone8には512GBの大容量モデルも存在しますが、iPhone7の容量は32GB・128GB・256GBの3種類しか用意されていません。そのため、どうしても容量の多いタイプに人気が集中しがちで、当然買取価格や販売価格も32GBタイプより高くなってきます。

 

色で変わる

 

iPhone7のカラーバリエーションには5種類があって、よく売れる色と売れにくい色で買取価格が違ってきます。

発売当初から人気のあったジェットブラックやブラックの機種は買取価格も高めで、その他の色の人気はシルバー・ローズゴールド・ゴールドの順です。

ただし、光沢のあるジェットブラックは傷や指紋がつきやすいため、中古品としての状態が悪くなると買取価格が下がる傾向も見られます。

 

Simフリーや通信会社で変わる

 

中古のiPhone7価格相場で無視できないのは、Simフリーの状態で使えるかどうかという点です。

Simロックがかかった状態だと、NTTドコモやau・ソフトバンクといった特定の通信会社でしか使えません。

Apple Storeで購入したSimフリーの端末であれば中古で購入しても使いやすいせいか、販売価格が反映された買取価格も全般に高めです。

auショップで購入したiPhone7の中古品を買取に出そうという場合は、あらかじめSimロックを解除しておいた方が高く売れやすくなります。

Simロックがかかった状態だと高価買取が難しくなり、ユーザー数が少ない通信会社の端末ほど買取価格が下がりがちです。

 

有名な中古スマホ販売・買取業者での金額を紹介

 

iPhone7の中古品はじゃんぱらやゲオなど、中古スマホを扱う販売業者を利用して買取してもらうのが一般的です。

フリマアプリとして人気のメルカリやネットオークションのヤフオクを利用し、iPhone7を欲しい人に直接売るという手もあります。

Appleの整備品や未使用の新品も含め、

 

  • ゲオ
  • メルカリ
  • ヤフオク
  • Appleの整備品

 

4つの業者ごとの買取・販売価格の相場を調べてみました。

 

ゲオでの買取価格・販売価格相場

 

iPhone7の中古を多く扱っているゲオのオンラインストアでは、128GBのSimフリー端末が2万円から3万円ほどの価格で販売されています。

同じiPhone7の中古品でも、auのSimロックがかかった状態だと17,000円という低めの価格で売られている状況です。

iPhone7の中古品をゲオで買取してもらった場合の買取価格はSimロック解除済みの256GBで23,000円、128GBが18,000円で32GBは14,000円に下がります。

Simロックが解除されていない場合は、さらに低い9,000円~13,000円となる価格設定です。

 

メルカリでの買取価格・販売価格相場

 

iPhone7の中古品はメルカリにも多数出品されていて、256GBのSimフリー端末には3万円前後の価格がついています。

32GBになるとSimフリーでも1万円を切る出品が見られ、出品数が最も多い128GBは15,000円前後が平均相場です。

メルカリに出品して売れた場合には売上から10%の手数料が引かれ、送料も出品者側で負担するのが慣例となっています。

 

ヤフオクでの買取価格・販売価格相場

 

男性のユーザーが多いヤフオクにも中古のiPhone7は数多く出品されていますが、オークション形式で出品した場合は開始当初より落札価格が釣り上がる可能性もあります。

オークション形式より出品数の多いフリマ形式の即決価格は、1万円台後半が多くを占めている状況です。

2万円を上回る出品も少なくありませんが、15,000円を切る出品は傷や汚れ・使用感のある訳あり品に限られます。

 

Appleの整備品・リサイクル価格

 

中古のiPhone7をSimフリーの状態で購入しようとする人の間では、認定済みのApple整備品も人気を集めています。

楽天市場で販売されているApple整備品のiPhone7は、256GBのSimロック解除済み端末でリサイクル価格が28,000円です。

Yahoo!ショッピングの例では、32GBの正規整備品Simフリー端末が2万円ほどで売られています。

いずれもApple認定の整備品はiPhone8以上が中心で、iPhone7の在庫は少なめです。

 

やはり新品がいい?新品販売価格情報

いかに人気のiPhone7とは言え、他人が一度使用した品を購入するのに抵抗があるという人も少なくありません。

そんな人にも朗報なのが、未使用の新品も中古スマホ販売店で売られていることがあります。

Simフリーの新品は2万円前後が販売価格の平均相場で、128GBは3万円前後、256GBは4万円前後で売られてる状況なので一度チェックしてみてはいかがでしょうか。。

 

まとめ

 

発売から4年以上経ったiPhone7が中古で売れ続けているのは、前機種と比べて性能や機能が大幅に向上した結果でもありました。

今でも十分に使えるiPhone7の中古品の値段は、容量・色・Simロックの有無によって左右され、1万円弱から3万円前後まで幅が見られます。

メルカリやヤフオクに出品すれば少しでも高く売れる可能性はありますが、出品が面倒だという人はゲオのような中古スマホを扱う店舗に買取してもらうのがいいでしょう。