iPhone8の基本情報をご紹介

2017年9月にAppleが発表したiPhone 8は1世代前のiPhone 7からの着実な性能進化と、さまざまな新機能の搭載によって同時発表されたiPhone8 PlusとともにiPhoneシリーズの歴史に残る大ヒット製品となりました。

iPhone 8は特にホームボタン搭載型のiPhoneとして完成されたデザインが高く評価されており、実際に現在販売されているiPhone SE(第2世代)はスマートフォンの頭脳にあたるCPUチップ以外はほぼiPhone 8の筐体デザインを引き継いでいます。

サイズや重量に関しても近年大型化する一方のスマートフォンと比較して非常に持ちやすく、まさに万人向けのiPhoneと呼べる仕上がりとなっています。

新品の出荷はすでに終了してしまっていますが、中古市場では未だにiPhone 8は大人気機種です。

格安SIM会社の中には、中古や新品未開封のまま、中古市場に流れたiPhone 8を自社のプランとセットで提供しているところもあり、今からでもiPhone 8を入手する方法は数多く用意されています。

ここでは、そんなiPhone 8の基本情報から購入方法までを詳しく紹介していきます。

 

 iPhone8のスペック

iPhone 8の「A11 Bionic」チップは同世代機種であるiPhone 8 PlusとiPhone Xにも搭載されたCPUで、前世代のA10チップ比較で1.3倍の性能を持っています。

また筐体のデザイン変更によってFelicaとQiに対応したこともスペック上の大きな特徴です。ここでは、iPhone 8のスペック

 

  • 価格
  • 液晶サイズ
  • 本体サイズ
  • 重さ
  • カラーバリエーション

について紹介していきます。

価格

発売当時のApple Store直販、SIMフリー版iPhone8の一括購入価格です。

64GB 85,104円(税込)
256GB 103,464円(税込)

 

NTTドコモ・au・ソフトバンクから発売されたキャリア版は一括価格が数千円上昇する代わりに当時のさまざまな、サービスプランに合わせて分割での購入価格が割引される仕様となっていました。

液晶サイズ

 

4.7インチRetinaHDディスプレイでディスプレイはTrue Toneと3D touchに対応しています。

Retina HDディスプレイの鮮やかで広い色彩は業界の中では最高のカラー深度となっています。

さらにIPSテクノロジー搭載ワイドスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ

耐指紋性撥油コーティングが施されています。

本体サイズ

138.4mm
67.3mm
厚さ 7.3mm

 

iPhone 8の本体サイズが138.4mm×67.3×7.3mmで、iPhone 8の前に発売されたiPhone 7とほぼ変わりません。

重さ

iPhone 8の重さは、148gでiPhone 7から10g増量しています。敏感な人は若干ですが、重さが気になってしまうかもしれません。

 カラーバリエーション

・スペースグレイ

・シルバー

・ゴールド

・(PRODUCD)レッド

当初はスペースグレイ・シルバー・ゴールドの3色展開でしたが、レッドは2018年9月に追加されました。

iPhone8の特徴

ここからは、他のiPhoneシリーズと比較した場合のiPhone 8の特徴についてまとめていきます。

カメラ性能はXS、XRと同じ

iPhone 8の背面カメラ性能は1,200万画素・F/1.8となっており、これは後継機種であるiPhone SE(第2世代)や次世代機種であるiPhone XS、iPhone XRとも同等です。

1,200万画素カメラは、iPadシリーズでは長らく上位機種にしか搭載されていなかったほどハイスペックですので、風景写真はもちろん書類やレシートを撮影しておくといった実用的な用途にもまったく問題ありません。

ただしXSとXRはイメージセンサーが大型化しているため、iPhone 8に比べ暗所撮影能力が大幅に強化されています。

またiPhone 8以外の機種にはスマートHDRやソフトウェアポートレートモードといった機能が追加されています。

とはいえカメラ自体は全て同じなので、仕上がりの表示の差を意識しないのであればiPhone 8でも十分に綺麗な写真を撮影することが可能です。

 

防水・防塵性能あり

iPhone 8は防水防塵にも対応しています。

iPhone 8が持つ防水防塵性能は「IP67等級」というもので、これはほぼ全てのチリの侵入を防ぐことができるI6等級の防塵性能と一定の水圧下でも機能を維持できるP7等級の防水性能を併せ持っているという意味になります。

防水に関して具体的には約30分程度の水没に耐える能力があると認められています。

 ワイヤレス充電にも対応

iPhone 8はガラス背面を採用することによってワイヤレス給電規格「Qi」への対応を果たしました。

Qi規格のワイヤレス充電器があればライトニングケーブルを接続することなく、充電器の上に置くだけで充電をすることができます。

見た目のほとんどをiPhone 7から受け継いでいたiPhone 8の最大の個性がこのQi対応のガラス背面といえるでしょう。

 

 iPhone8をセット販売している格安SIM会社

現在iPhone 8はすでにApple公式では販売を終了しており、NTTドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアも取り扱いを終えています。

しかしiPhone 8は未だに人気機種であり、価格も格安スマホとして扱えるほど落ち着いていることもあって一部の格安SIM会社では主に中古のiPhone 8を使ったセット販売が続けられています。ここではiPhone 8をセット販売の対象としている格安SIM会社をいくつか紹介します。

IIJmio

記事執筆時点で、64GBモデルを割引価格の25,300円で販売していました。

目立つ傷のない美品状態の中古品ですので、在庫切れになることもあるので注意してください。

 Mineo(マイネオ)

64GBモデルを32,736円程で購入することができます。中古としては割高ですが「中古(未使用品)」と表記されているため実質的には新品を購入することができる数少ない格安SIM会社であるといえるでしょう。

 UQmobile

UQmobileはauのサブブランドにあたる会社で、auが独自に認定した整備済みスマートフォンをUQの格安プランとセットで購入することができます。

iPhone 8は、SIMとのセット購入なら基本販売価格が17,424円と最安値に近いため、大手携帯会社の認定品を保証付きで手に入れられると考えるとかなりお得です。

また、格安SIM会社も他社からの乗り換えや使用中のスマートフォンを下取り交換するキャンペーンを行っているので、対応プランの選び方によっては更にiPhone 8を安く購入できるようになります。

 

まとめ

 

iPhone8はホームボタンを搭載した最後のナンバリング機種ということもあり、iPhoneの歴史の中でも特別な存在となっています。

絶妙な本体サイズに必要十分なカメラとディスプレイを持ち、防水防塵・ワイヤレス充電・ApplePayといった現在のハイエンド機種では当たり前になった機能も網羅しているiPhone8の完成度は歴代iPhoneシリーズの中でも確かにずば抜けているといえるでしょう。

インターネット上を検索してみても未使用新品や状態良好の中古品はどんどん少なくなってきています。状態の良いiPhone 8を購入するなら早めの行動が大切です。今こそiPhone 8の買い時かもしれません。

ただし、格安SIMやキャリアの新プランと組み合わせての利用を考えているのであれば、先に詳しい情報を問い合わせたり、ホームページを確認してiPhone 8との組み合わせ相性を確認しておきましょう。