【2021年最新】iPhone8の価格が安いのはどこ?

Appleが2017年に発表したスマートフォンであるiPhone 8はホームボタンを持つタイプのiPhoneとしては最後の正式ナンバリング機種となっています。

その完成度の高さは圧倒的で、2020年にホームボタンを復活させた廉価版機種である、iPhone SE(第2世代)が発売された際にはiPhone 8のデザインがすべてそのままの形で利用されたほどです。

iPhone 8は、その後のiPhone X系統のシリーズや現在最新の機種に採用されるようになった数々の先進的機能をいち早く導入した機種としても知られています。

Apple Payによる支払い、ワイヤレス充電、防水防塵への対応など日常使いにおいて必要とされる機能はほとんどiPhone 8の段階で揃っています。

そのため、今でも最新小型機のiPhone 12 miniや廉価版のiPhone SE(第2世代)ではなくiPhone 8を買い求めて問い合わせる人は珍しくありません。

そこでこの記事では、iPhone 8が発売されてからの価格情報を紹介しつつ、今iPhone 8を買うならどの方法がお得なのかをご紹介します。

 

iPhone8の価格表

iPhoneの購入方法には、Apple Store公式でのSIMフリー版の購入の他に、料金プランとセットになったキャリア版の購入、そして最近では、サブブランドや格安SIM会社が用意した中古整備品の購入といったものが存在しています。

以下では、Apple Store公式でのSIMフリー版と3大キャリア版の発売当時の一括価格と、最近まで取り扱われていたLINEモバイルのサブブランド中古品の価格をまとめます。

SIMフリー版【販売終了】

64GB 85,104円(税込)
256GB  103,464円(税込)

 

Apple Storeでの販売期間中は毎年の新機種発売に合わせた価格変更が2回行われました。またSIMフリー128GB版の追加販売も行われましたが、直接の後継機種に当たるiPhone SE(第2世代)の発売に合わせてiPhone 8シリーズは、すべて終売となっています。

LINEモバイル

64GB 32,780円(税込)
256GB  39,380円(税込)

 

LINEモバイルでは2020年11月に公式サイトでiPhone 8とiPhone Xの中古Aグレード品の販売を開始しました。

LINEモバイルがソフトバンクに吸収され新プラン「LINEMO(ラインモ)」が誕生するのに合わせてLINEモバイルは新規受け付けを終了したため、現在ではiPhone 8を購入することはできません。しかし、この中古品の料金設定は格安プランと組み合わせて運用する場合の一つの目安となっています。

ドコモ【販売終了】

64GB 88,776円(税込)
256GB  106,920円(税込)

 

NTTドコモは発売当時、キャリア版としての一括最安値を大きくアピールしていました。

ただし基本通話プランや月々の割引サポートを考慮すると当時の3大キャリアの中では割高になっています。

 au【販売終了】

64GB 91,440円(税込)
256GB  109,680円(税込)

 

auとソフトバンクでは当時「4年縛り」や「2年後の端末返却による残債免除」といったキャンペーンが数多く行われていたため、一括価格に対して実質負担は減っていました。

しかしそれらのキャンペーンはのちに問題視され、現在では当時の価格設定はあまり参考にならなくなっています。

ソフトバンク【販売終了】

64GB 94,320円(税込)
256GB  112,560円(税込)

 

ソフトバンクは、一括価格こそ3大キャリアでの最大となっていましたが、複数のキャンペーンをフルに使うことで業界最安値でiPhone 8を入手できると宣伝していました。

こちらもau同様、今となってはあまり参考価格にはなりません。

 

iPhone8を購入するなら中古で!

iPhone 8は大人気機種として長期に渡って販売が続けられたため、現在でも中古市場の在庫は比較的豊富です。

発表当時から使用されていた個体はすでにバッテリーなどの経年劣化が進んでいる可能性がありますが、後期に発売された個体であれば今でも十分に現役利用することができます。

また、iPhone 8のバッテリー交換や、液晶交換は非正規の修理店でも受け付けてもらえるので、購入費と修理費を上手く計算すれば、問題のある中古品であっても格安で新品同様にしてから利用することが可能です。ここでは、iPhone 8を中古で購入する方法を紹介します。

格安SIM会社でセット販売している場合も

一部の格安SIM会社では、独自ルートで用意した中古iPhone 8を自社の料金プランとのセットで販売している場合があります。

中古品とはいえ、個人で購入した際とは異なり会社からの保証が受けられるため安心感があります。その代わり、個人購入と比べると価格は高くなる傾向にあります。

ヤフオク!・メルカリでも出品されている

中古の携帯電話がもっとも集まるのは、やはり、ヤフオク!やメルカリといった個人間での売買サービスです。記事執筆の時点でも、ヤフオク!を「iPhone8 本体」で検索すると実に約6,380件がヒットします。

状態こそピンからキリまでありますが、中には新品とあまり変わらない美品が数千円で出品されていることもあります。

 

 iPhone8をセット販売している格安SIM会社

最後にiPhone 8シリーズをセット販売している格安SIM会社を3社紹介します。ただし、人気の高いなど場合によっては在庫切れになることが頻繁にあるため、記事執筆時点で取り扱いが確認できたもののみ表記していきます。その他、現在人気のiPhoneシリーズも一緒に記載するのでぜひ参考にしてみてください。

マイネオ

 

機種 価格
iPhone 8(64GBのみ) 32,736円
iPhone 11  73,392円〜
iPhone SE(第2世代) 51,480円〜
iPhone XR  71,280円〜
iPhone XS(256GBのみ) 122,232円

 

iPhone 11・XR・SE(第2世代)はiPhone 8と合わせて64GBモデルの価格を挙げていますが、全モデルの在庫が確認できます。

また、販売されているiPhoneは、すべて、国内SIMフリー版となっていますが、iPhone 8に関しては「中古(未使用品)」と表記されています。

これは、新品未開封のまま中古市場に流れた製品を集めているものと推測されます。

 

ONE モバイル ONE

機種 価格
iPhone 8(64GB) 29,040円
iPhone 8(256GB) 36,410円

 

その他、SE(第1世代)から最新の12 proシリーズまでの全機種が公式サイトと「goo simseller」にて販売中です。

ONE モバイル ONEと、goo simsellerはどちらもNTTグループの企業であるため、連携して格安SIM会社離れした高品質な通信が特徴です。

QTmobile

機種 価格
iPhone 8(64GBのみ) 36,960円
iPhone SE(第2世代) 54,780円〜
iPhone 11(128GBのみ) 79,200円
iPhone 12(128GBのみ)  106,920円

 

こちらもマイネオと同様にiPhone 8は64GBモデルのみ在庫があります。iPhone 8は未使用アウトレット品と表記されています。

全体的にiPhoneシリーズの在庫は、他の会社と比べて少なめなので、購入を検討している場合には注意しましょう。

 

まとめ

iPhone 8は、正式な販売が終了した今でも、中古を中心として人気機種であり続けています。また、発売当初は85,000円程度であった64GBモデルの価格が現在の中古相場では30,000円前後にまで落ち着いてきています。

これはCPU性能以外は、ほぼ同等のスペックであるiPhone SE(第2世代)の相場と比較して20,000円程度安いので、手軽に使えるiPhoneを求めている人にとっては、iPhone 8は未だに有力な選択肢となるでしょう。