iPhone8のスマホケースは通販で見つけよう

iPhone 8は2017年に発売された当初から名機として称賛され、全画面型のiPhoneが全盛となった現在もホームボタン搭載型の完成形機種として根強い人気を保っています。

今でも中古市場では数多くのiPhone 8が出回っていますし、一部の格安SIM会社では未使用品のiPhone 8の販売も継続されています。

しかし後継機であるiPhone SE(第2世代)や小さく高性能なiPhone 12 miniの登場によりiPhone 8関連のケースやアクセサリーは店頭で特集されることが少なくなっているのが現状です。

しかしネット通販店であれば今でもiPhone 8のケースを購入することが可能なため、iPhone 8をまだまだ現役で使用したいけど良いケースが見つからないという方は、ネット通販で自分に最適なケースを選ぶといいでしょう。

 

iPhone8のケースの選び方

iPhone 8はiPhone 11以降のシリーズと比べるとかなり小型で、ケース自体の種類も非常に豊富なために見た目をカスタマイズする楽しさに溢れています。

その一方で機能や形状を絞り込んだとしても数10種類もの候補が検索結果に現れることが当たり前なので、ケース選びの際には最低限の必要要素を確認したら、あとは値段や自分の好みのデザインなどを重視して決めていきましょう。

 

業務用で使うなら頑丈さで選ぶべき

業務用にiPhone 8を使うのであればケースは落下衝撃に耐える頑丈なものを選ぶのがいいでしょう。

側面だけを保護するバンパータイプや前面の強化ガラスが剥き出しになってしまう嵌め込みカバータイプではなく、全方位を保護することのできる手帳タイプを選ぶと、万が一落下しても安心できるでしょう。

また手帳タイプはレザー素材など高級感のある商品が多いので、ビジネスの現場で旧型のiPhoneを使っていても浮く心配はありません。

 

やっぱりおしゃれさで選びたいなら、海外のを探す

世界中で愛されているiPhoneは、海外の有名ブランドのケースも数多く販売されています。

おしゃれさや個性を演出したいのであれば海外ブランドの商品を探してみるのがおすすめです。

ネット通販であれば比較的簡単に海外の商品を入手できますし、現在であればiPhone6・iPhone7・iPhone 8くらいの旧モデル用ケースは値段も手頃になってきています。

 

ケースの種類別。おすすめのiPhone8ケース

ここからは実際にiPhone 8ケースを各種類ごとに分けておすすめの情報を紹介していきます。

同時にスマホケースの選び方のポイントや、iPhone XRやiPhone XSといった大型機種と比べてのケースの特徴の違いも一覧できるように挙げていくので参考にしてください。

 

手帳型のケース人気ランキング!

手帳型のケースは落ち着いた雰囲気が出せるだけでなく、本体を完全に保護することによる耐衝撃性や防水性の高さも魅力です。

一方で本体が大きく重くなってしまうのでiPhone X以降のシリーズやPlus・Max系の機種とはあまり相性が良くありません。

 

HANARO 手帳型iPhoneケース

楽天市場でランキング1位の実績を持つのが「HANARO-SHOP」の手帳型iPhoneケースです。

このシリーズは対応機種が多彩でiPhone 8はもちろんiPhone 5から最新のiPhone 12シリーズの全機種に向けた商品が用意されています。

PlusやPro Maxといった大型版やminiにも対応商品を出しているため、iPhoneを買い換えるたびにリピートするファンも少なくありません。

デザインはシンプルを基調としながらPUレザー素材で高級感を演出しています。

またマグネットで開閉できる利便性や、実際にiPhoneを保護するソフトTPUケースの耐久性にも定評があります。

カードなども入れられる収納スペースが多いのも嬉しいポイントです。

商品ページはこちら

CERTA(ケルタ)手帳型iPhoneケース

CERTAの手帳型ケースもシンプルかつ安価なコストパフォーマンスに優れた商品として人気があります。

特にブランドロゴなどがまったく見えないデザインは業務用として使用するにはうってつけです。

落下防止のストラップを付けられるリングホールや、手帳を閉じた状態でも通話が可能なスピーカーホールなども用意されています。

商品ページはこちら

Xotulv手帳型ケースiPhoneSE(第2世代)・iPhone 8・iPhone 7兼用

Amazonで高評価となっている手帳型ケースです。

本体サイズとデザインがほぼ同じであるiPhone SE(第2世代)・iPhone 8・iPhone 7での兼用商品となっています。

ただし厳密にはこの3機種のサイズは微妙に異なるため、実際にiPhone 8で使用する際には注意しましょう。

手帳型ケースは大人向けのシックなデザインが多い中、このケースは角ばったデザインで学生などにも人気があります。

商品ページはこちら

 

カバー型のケース人気ランキング!

 

iPhoneの背面と側面を保護するカバー型のケースは主に柔らかいシリコン素材などを使ったソフトタイプと硬さのあるハードタイプに分けられます。

カバー型のケースを使えば背面のカラーを本体とは異なる色にすることができ、その日の気分に合わせて付け替える楽しさを味わうことができます。

一方で背面が透明になっているクリアなカバーケースも多いため、iPhone 8本体のカラーやAppleロゴを活かすことも可能です。

 

amacore iPhone SE(2020)/8/7 用 高品質ハードケース クリア(フルカバー)

Amazonのハードタイプカバーケースで売れ筋となっている商品です。

非常にシンプルなポリカーボネート製のクリアケースで、シーンを選ぶことなく気軽に使うことができます。

特筆すべきはその値段で、記事執筆時に検索して確認した時点では799円という驚きの価格設定になっていました。

この値段であれば多少は雑に扱っても後悔することはないでしょう。

商品ページはこちら

Youriad iPhone SE/8/7 ケース カバー

こちらはソフトタイプのAmazonランキング1位の商品です。

薄型のTPU素材を使ったクリアカバーケースで、着脱が非常に簡単なのが魅力の一つとなっています。

値段についてはハードタイプ以上にお手頃で、確認した時点では599円でした。

商品ページはこちら

iFace First Class Standard iphone8 ケース

最後に紹介するのは楽天市場で売り上げ1位を記録したiFace(アイフェイス)というブランドのカバーケースです。

値段は3,000円程度と先の2種と比べると若干高めですが、個性的かつ洗練されたデザインによって人気を集めています。

バンパー型のように側面を際立たせるデザインでありながら背面もしっかり保護してくれるので、デザイン性と機能性を両方追求したい人におすすめです。

商品ページはこちら

 

バンパー型のケース人気ランキング!

 

本体の側面を保護するバンパー型のケースは耐衝撃性能や傷の防止という観点では他のタイプに劣りますが、iPhone本来のデザインや薄さ軽さを損なわないという大きな魅力があります。

特にiPhone 8の軽さや背面の美しいガラス仕上げを引き立てるにはバンパー型のケースがベストとも言えるでしょう。

 

ESR バンパーケース ソフトインナーバンパー付きメタルフレームアーマー 

ESRはケースだけでなくフィルムやスタンドなどApple製品のアクセサリーを幅広く取り扱っているメーカーです。

このバンパーケースはiPhone SE(第2世代)用に2020年に発売された新型ですが、同じ4.7インチ画面のiPhone 8やiPhone 7とは互換性を持っています。

商品ページはこちら

エレコム iPhone 8 ケース カバー バンパー ハイブリッド素材 対衝撃×透明

こちらもアクセサリーメーカーとして有名なエレコムが発売しているiPhone 8用のバンパーケースです。

素材にポリカーボネートとTPUを組み合わせているのが最大の特徴で、これによってバンパー型でありながら高い耐衝撃性を実現しています。

商品ページはこちら

LUPHIE iPhone SE(第2世代) /iPhone8 専用アルミニウム製保護ケース 

LUPHIEというメーカーが販売しているアルミニウム製のバンパーケースです。

ブラックとレッドを基調としたスタイリッシュなデザインで、バンパー型には珍しいゲーミング的な主張が感じられます。

iPhone本体と同じアルミ製のため握った際の感触が変わらないといった利点もあります。

商品ページはこちら

 

番外編!海外ハイブランドのケース

 

iPhoneは海外のハイブランドとも積極的にコラボを行っています。

アルマーニやルイ・ヴィトン、グッチといった誰もが知っているハイブランドからアディダスやナイキといったスポーツブランドまでさまざまなケースが販売されています。

 

ちょっと古い端末だから中古でもハイブランドケースが買える!

 

ハイブランドのケースは発売当初は高額になりますが、iPhone 8のように販売からしばらくたった機種のケースは比較的手に入りやすい値段にまで落ち着いてきます。

在庫が限られるレアな商品でなければ通販で購入が可能ですし、送料無料の中古放出品を入手できる機会も他の機種と比べても高いでしょう。

 

まとめ

iPhone 8は今でも十分に現役として使えるスペックを持っています。

ケース類もiPhone SE(第2世代)と兼用できることが多いため、最新のものから値段の下がってきたブランドケースまで非常に幅広い選択肢が用意されています。

iPhone 8を使えばケース選びをより楽しむことができるでしょう。