楽天モバイルでiPhoneXSは使える?動作確認から手順まで解説

2021年4月27日に楽天モバイルから新たな発表がありました。

iOS14.4以降を搭載しキャリアアップデートを行ったiPhoneが楽天回線を利用できるようになりました。

楽天モバイルにおけるiPhone端末は動作確認済みでしたが、機能制限があり、動作保証がされていなかったため、今回の正式なアナウンスはiPhoneユーザーにはかなりの朗報といえます。

サービス開始から約1年、ようやく実現した楽天モバイルのiPhone対応は、端末の販売もあわせて開始したのでAndroidからの乗り換えも簡単に行うことができるようになります。

今回は、多くのユーザーがいるiPhoneXSでの、楽天モバイルの動作確認から、利用手順を解説しますので、楽天モバイルへのキャリア変更や2台目の購入を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

楽天モバイルでiPhoneXSは国内では問題なく使える

楽天モバイルの回線は大手3大キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク)の回線と比較すると不安定なところがありますが、データ通信、通話、SMSなど基本的には問題なく利用ができます。

※APNの自動設定や地震や津波など自然災害の速報も入ります。

eSIM利用可能・SMS・テザリングも利用できる

楽天モバイルでは、iPhoneXS以降の機種がeSIMに対応しています。

SMSやテザリングも可能で、Rakuten Linkの認証を終えれば、楽天回線のエリア外でもSMSが利用できます。

楽天モバイルのiPhoneXSでできないこと

iPhoneXSはパートナー回線と楽天回線の自動切り替えに対応していません。

エリア拡大を進める楽天回線ですが、楽天回線とパートナー回線の自動切り替えに対応しているのはiPhone12以降です。

どちらの回線に繋がっているか簡単に確認できる方法がありますので、わからない場合はまず下記の方法で確認しましょう。

 

①電話アプリのキーパッドで「3001#12345#」と入力し、緑色の発信ボタンをタップすると「Field Test」が起動します。

 

②ホームボタンの横にある三本線のメニュータブをタップし「Serving Cell Info」をタップ、「Freq Band Indicator」の値を確認します。

 

値が3なら楽天回線に繋がっていますが、それ以外の数値であればパートナー回線に接続していることになります。

パートナー回線から楽天回線へは自動で切り替わりませんので、回線のエリア外から楽天回線のエリア内に戻ったときは下記の方法を試してみましょう。

 

・本体の再起動

・機内モードのON/OFF

 

どちらかの方法で切り替わりますので、切り替わらない場合は楽天モバイルへ直接問い合わせてみましょう。

 

楽天モバイルでiPhoneXSを使う手順【物理SIM編】

楽天モバイルでiPhoneXSを使う手順について物理SIMとeSIMに分けて解説します。

どちらのSIM形式を選択するかで、手順が少し異なりますので事前に確認しましょう。

iPhoneXS本体を購入する

まずは端末を購入します。

今から手に入れる場合は、中古か別キャリアで使用していたiPhoneを使うことになります。

※すでにiPhoneをお持ちの方でSIMロックがかかっている人は解除しましょう。

 

・契約手続きをする

・契約へと進みます。

 

必要なのは下記2点です。

 

・楽天ID・パスワード

・本人確認書類のアップロード

 

契約時には楽天会員である必要がありますので、登録がまだの人はインターネットで登録を済ませておきましょう。

 

楽天市場への登録情報がそのまま契約情報となりますので、以前から会員の人は住所などを再度確認しましょう。

iPhoneXS用SIMカードを契約する

iPhoneXSを楽天モバイルで利用するためにSIMを契約します。楽天モバイル公式サイトで指示に従って必要事項を記入します。記入が終わると自宅にSIMカードが発送されます。

※即日開通したい人は、Webで事前予約をした上でお近くの楽天モバイル店舗で契約しましょう。

SIMカードを入れ、APN設定をする

SIMカードが手に入ったら、iPhoneXSの本体右側のSIMスロットへ挿入します。

※SIMピンでスロットにある小さな穴を押し込むとスロットが開きます。

 

次に必要なAPN設定を行いましょう。

iOSのAPN設定には構成プロファイルのインストールが必要です。

 

Wi-Fiに接続して公式サイトのAPN構成プロファイルのURLへアクセスします。

アクセスするとプロファイルのインストール画面が開きますので、インストールをタップし「許可」を選択し、ダウンロードします。ダウンロードが完了したら、閉じるをタップして完了です。アンテナが立ちデータ通信が行われているか確認しましょう。

Rakuten Linkのインストール

Rakuten Linkをインストールします。Android版ではインストール後にSMSの認証が必要でしたが、iOS版はSMS認証不要でインストールできます。

 

【初期設定する】

 

・My楽天モバイルにログインし、申し込み履歴を確認する

・申し込み番号を選択し申し込み回線が「開通済み」になっていることを確認する

 

【Rakuten Linkアプリを起動させる】

 

・Wi-Fiの接続を切り、アンテナマーク(LTE、4G、5G)が表示されている状態で初期設定を始める

・「同意してはじめる」をタップする

・位置情報提供協力のお願い画面が出たら同意の場合「同意する」をタップする

・サービスの許可について確認画面が表示されたら「許可」をタップする

・快適なサービスをご利用いただくための情報提供について画面が表示されたら、同意の場合は「同意する」タップする

・楽天アカウントのログイン画面が表示されるのでユーザーIDとパスワードを入力してログインする

・携帯電話番号の入力画面が表示されるので携帯電話番号を入力して「確認」ボタンをタップする

※初期設定をする場合は、Wi-Fiに接続しないでアンテナマークが表示されている状態での入力をするようにしてください。

 

Rakuten Linkをインストールする具体的なメリットは以下になります。

・国内通話無料

・SMSの送受信無料

※一部国と地域のRakuten Link以外との送受信は有料です。

 

認証を終えた後は楽天回線のエリア外のSMSの送受信も可能です。

楽天モバイルでiPhoneXSを使う手順【eSIM編】

楽天モバイルはeSIMに対応しています。

物理SIMの次は、eSIMでiPhoneXSを利用する手順について解説します。

eSIMを申し込む

楽天モバイルの公式サイトへアクセスし、物理SIM同様に手順通りに進めます。

※プラン選択後にSIMカードタイプをeSIMにしてください。

物理SIM同様に必要なのは下記。

 

・楽天ID

・本人確認書類のアップロード

 

申し込みが完了するとeSIMの設定に必要なQRコードが印字された冊子が自宅に届きます。

冊子の裏面のコードを読み取って設定を完了させましょう。

本人確認をする

まずは本人確認の手続きです。

読み取ったQRコードのURLが画面上部へ表示されますので、ブラウザからアクセスしましょう。

My楽天モバイルの画面へ遷移し本人確認が完了です。

なお、スマートフォンで本人確認が完了できる「AIかんたん本人確認(eKYC)」で申し込んだ場合や「スーパーホーダイ 組み合わせプランから移行」の場合は、この手順は不要です。

回線を開通する(他のPC,スマホなどが必要)

次は回線の開通です。

eSIMを入れる端末とは別の機器が必要となりますのでPCやスマートフォン、タブレットを用意しておきましょう。

タブレットやPCでMy楽天モバイルにログインして

 

①申し込み番号#(自身の申し込み番号)

②楽天回線の開通手続きを行うを選択

 

の順に進みます。

 

QRコードが表示されるのでiPhoneで読み込みましょう。

 

※ここまでが面倒に感じる人は楽天モバイルの店舗へ行けば、アクティベーションまでスタッフが行ってくれるので、事前予約してから店舗へ行きましょう。

APN設定をする

物理SIM同様にAPNの設定を行います。

Wi-Fiに接続して、公式サイトのAPN構成プロファイルがダウンロードできるURLへアクセスします。

アクセスすると、プロファイルのインストール画面が開きますので、インストールをタップし「許可」を選択しダウンロードします。ダウンロードが完了したら閉じるをタップして完了です。

アンテナが立ちデータ通信が行われているか確認しましょう。

Rakuten Linkのインストールをする

Rakuten Linkをインストールします。インストールの方法は上記の【物理SIM編】と同じです。

eSIMであっても物理SIM同様、iOS版はSMS認証不要でインストールできます。

 

【初期設定をする】

 

・My楽天モバイルにログインし、申し込み履歴を確認する

・申し込み番号を選択し申し込み回線が「開通済み」になっていることを確認する

 

【Rakuten Linkアプリを起動させる】

 

・Wi-Fiの接続を切り、アンテナマーク(LTE、4G、5G)が表示されている状態で初期設定を始める

・「同意してはじめる」ボタンをタップする

・位置情報提供協力のお願い画面が出たら同意の場合「同意する」ボタンをタップする

・サービスの許可について確認画面が表示されたら「許可をタップ」する

・快適なサービスをご利用いただくための情報提供について画面が表示されたら、同意の場合は同意するボタンをタップする

・楽天アカウントのログイン画面が表示されるのでユーザーIDとパスワードを入力してログインする。

・携帯電話番号の入力画面が表示されるので携帯電話番号を入力して「確認」ボタンをタップする

初期設定をする場合は、Wi-Fiに接続しないでアンテナマークが表示されている状態での入力をするようにしてください。

 

Rakuten Linkの具体的なメリットはこちらも物理SIMのときにお伝えしたものと同様になります。

 

・国内通話無料

・SMSの送受信無料

※一部国と地域のRakuten Link以外との送受信は有料

 

認証を終えた後は楽天回線のエリア外のSMSの送受信も可能です。

まとめ

2021年4月27日の楽天モバイルの発表はキャリア変更を検討しているiPhoneユーザーにとっては選択技が増えたといえます。

iPhoneも楽天回線を利用できるようになり端末の販売も合わせて行うこととなり、自分で設定ができる方はAndroidからの乗り換えも簡単に行うことができるようになりました。

iPhoneXSを所有している人やこれからiPhoneXSの購入を考えている人はぜひこの記事を参考にして乗り換えするか検討してみてくださいね。