次のAirpods 新型の発売は7月~9月?待つべき?

ワイヤレスで利用できて接続が簡単ということから、Airpodsを利用している人も多いでしょう。中には、新型が発売してから購入を考えているという人もいますよね。

 

しかし、新型コロナウイルス感染症の影響なのか、2020年の年末から新型Airpodsの情報が少なくなってきました。

 

この記事では、Airpodsの購入を考えている人のために、Airpodsの新型の発売日の予想、新型のスペックなどを解説していきます。Airpodsの購入を検討している人は、参考にしてみてください。

Airpods(エアーポッズ)第一世代から見てみよう

Airpodsは第一世代から始まり、次に新作が発売されるとすれば第三世代となります。歴代のAirpodsの発売日と発売予定日は以下の通りです。

 

Airpodsの発売日

  • Airpods:2016年9月発売
  • Airpods2:2019年3月発売
  • Airpods3:2021年7~9月発売(予定)

 

Airpods Proの発売日

  • Airpods Pro:2019年10月発売
  • Airpods Pro 2:2021年後半(予定)

 

ここでは、歴代のAirpodsの性能を比較していきます。

第一世代

左右イヤホンサイズは高さ40.5mm 、幅16.5mm、厚さ18.0mm、重さ4gのインナーイヤー型イヤホンです。ケースの重さは38gとなっております。

 

どの世代でも共通しますが、本体の充電は充電ケースに入れることで充電が可能です。本体のバッテリーで最大5時間の再生、最大2時間の連続通話ができます。ケースも使用すると、24時間以上使用できて、最大11時間の連続通話可能です。

 

付属のケースで4回以上フル充電が可能で、15分の充電で3時間再生できるという急速充電にも対応しています。また、光学センサーの搭載によって、本体が耳から外れると音楽の再生が停止し、再び装着すると音楽が再開といった機能も搭載されている高性能ワイヤレスイヤホンです。

第二世代

イヤホンサイズ、ケースサイズは第一世代と変わりません。ケースの重さは40gで、第一世代に比べて2g重くなりました。

 

第二世代の大きな特徴は第一世代から比べて、バッテリーの持ちが良くなったことです。最大再生時間は4.5時間ですが、連続通話時間は最大3時間と長く、充電ケースとの併用で最大18時間の連続通話ができます。第一世代から1.5倍、充電ケースとの併用で1.6倍長く使用可能です。急速充電による連続通話時間も2倍になり、ワイヤレス充電Qiにも対応するようになりました。

Airpods Pro

一番の特徴は、ノイズキャンセリング機能の搭載です。外部音を遮断し気を逸らされることなく音楽を楽しめます。

 

ノイズキャンセル機能は精度が高く、人によっては水中に入る感覚や無音の世界などと表現するほどです。

 

しかし、周りの音が聞こえなくなると不便なこともあります。コンビニで会計の際に毎回外さなければならない、歩いているときに後ろからくる自転車に気付けないなど気になる人もいるでしょう。

 

Airpods Proでは、ワンタップで外部の音をあえて聴ける「外部音取り込みモード」も搭載しているので、外部音を遮断したくないときに便利な機能となっています。

 

イヤホンの形状は、耳栓状のイヤーピースを耳の中に入れるカナル型です。カナル型は遮音性が高く、低音が聞きやすいという特徴があります。また、IPX4(あらゆる方向からの飛沫に対する保護)の耐汗耐水性能を備えており、運動しながらの使用も可能です。

第三世代 Airpods 新型

Airpodsの第三世代は、充電ケースとイヤホンの外見はAirpods Proと同様で、Airpods lightという名称になるのではないかという予想もあります。

 

デザインとしては、歴代のAirpodsよりも縦幅が短くなり、横幅が広くなるのではという意見もあるようです。これまでのAirpodsの変化を考えると、だんだん縦幅が小さく横幅が大きくなっているので、信頼性は高い意見でしょう。

 

性能に関しては、Airpods Proの良いところを追加し、Airpodsの性能をさらにアップグレードされているのが第三世代Airpodsとなる見解です。

 

Airpods 新型発売日

Appleに詳しいアナリストのミンチー・クオ氏によると、新型の発売は2021年第3四半期(7月〜9月)と予想しています。新型Airpods Proの発売も同様にまだ先のようです。しかし、これもまだ確定情報ではないため、早めに手に入れたいという人は既に販売されているAirpodsを購入した方が良いでしょう。

 

新型Airpodsの性能を期待している人は、7月〜9月の発表を待ってから購入するのがおすすめです。

Airpods 新型スペック

新型のAirpodsには、以下のような機能が搭載されていると言われています。

 

  • 次世代H2チップ搭載
  • バッテリー持続時間の向上
  • 耐水機能
  • 空間オーディオ機能の追加

 

確定情報ではありませんが、十分に期待できる性能なので、購入を考えている人は参考にしてみてください。

次世代H2チップ搭載

Airpodsの現行モデルはH1チップが使用されていますが、Airpods第三世代には、次世代のH2チップの搭載が期待されています。H2チップが搭載されることで自動接続機能が強化されて、よりスムーズに切り替えることが可能です。

バッテリー持続時間の向上

Airpodsの新型のバッテリー持続時間は、Airpods Proを上回るといわれてます。Airpodsの中でも、最長のバッテリー持続時間が期待できるでしょう。本体の小型化によってバッテリー持続時間は短くなるのではといううわさもありましたが、チップの性能の向上によってバッテリー持続時間も向上する可能性が高いとされています。

耐水機能

現行のAirpodsには耐水機能はついておらず、今まではAirpods Proのみの搭載でした。新型のAirpodsから、Pro同様の耐汗耐水機能IPX4の搭載が予想されています。もし搭載されたらトレーニング中や雨の日も気にせず使用することが可能です。

空間オーディオ機能の追加

Airpods Proに搭載されている、空間オーディオ機能の追加も期待されています。空間オーディオ機能とは、立体音響(サラウンドサウンド)のことです。前後左右にスピーカーを配置し、複数のスピーカーで没入感に満ちた臨場感のある音響環境を体験できます。

 

Airpods 新型価格

Airpodsの新型の価格は、19,000円~25,000円ほどではないかといわれています。今までのAirpodsの価格に近く、Airpods Proよりは安くなるという見解です。

理想のAirpodsを口コミから調査

Airpodsは現在の理想形とも言われています。約10年前はイヤホンケーブルの白い線をたらすことが主流だったことを考えると大きな進歩です。しかし、現在のAirpodsに関しての不満の口コミもあるので、紹介していきます。

 

デザインが不満

 

耳からうどんとは、Airpodsの持ち手となるところです。Airpodsに興味はあるものの、装着時に持ち手だけ耳から見えるというデザインに不満を持っている人が多く見られます。

 

Airpods Proになって耳からうどん現象は多少改善されましたがまだ気になっている人もいるようです。うわさの段階ですが、Airpods Proの新型は、この持ち手すらなくなるとも言われています。今後さらに理想の形に近づいていくでしょう。

バッテリーが足りない

 

Airpods本体だけでみると、他のワイヤレスイヤホンの再生時間に比べて短いようです。普段使いするにはバッテリーが少ないという声もあり、バッテリー機能の大幅性能アップを期待しているユーザーは多いでしょう。

 

また、充電ケースのバッテリー容量のアップを期待する声もあります。純正の製品ではありませんが、大型バッテリーを搭載した充電ケースも販売しているようです。しかし、サイズが大きくスタイリッシュとは言い難いデザインになっています。こういった、大型バッテリーを搭載した充電ケースも、今後純正での販売が期待されるところです。

まとめ

この記事では、歴代のAirpodsや新型第三世代Airpodsについて紹介してきました。

 

第三世代のAirpods、新型Airpods Proの発売日はまだ未確定です。そのため、早めにAirpodsを手に入れたい人は現在販売しているもので購入を検討した方が良いでしょう。カナル型でノイズキャンセリング機能がほしい人は、Airpods Proがおすすめです。

 

新型の性能に期待している、第一世代や第二世代のAirpodsユーザーで買い替えを検討している人などは、新型Airpodsの今後の発表を待ちましょう。