Galaxy S20はパワフルでコンパクトなスマートフォン

2020年6月に発売された「Galaxy S20 5G SCG02」は、近年急速に拡大している5Gサービスの中でも、より高速通信を可能とした「ミリ波」に対応したスマートフォンとして最初に発売された端末として知られています。

そこでここでは、Galaxy S20の性能や機能について紹介していきたいと思います。

 

スリムながらハイスペック

ではまずGalaxy S20のスペックを見ていきます。

機種名 Galaxy S20
サイズ 高さ約162mm、幅約74mm、厚さ約7.8mm
重さ 186g
CPU Snapdragon 865
RAM 12GB
ROM 128GB
ディスプレイ 6.7インチDynamic AMOLED Quad HD+
メインカメラ 超広角 1,200万画素、広角 1,200万画素

望遠 6,400万画素、TOFカメラ

サブカメラ 約1,000万画素
バッテリー 4,500mAh
OS Android™ 10
機能 防水機能
コスミックグレー、クラウドブルー
5G帯域 Sub6、ミリ波

 

本体サイズが大きすぎず、重さも軽い上にディスプレイは大画面で性能も優秀というのがこのGalaxy S20の特徴です。

全体的にはGalaxy S20の画面を大きくしたものというイメージがあるかもしれませんが、あらゆる性能からみていくと、Galaxy S20の上位版だと考えるのが正しいでしょう。

 

引用元:https://www.galaxymobile.jp/galaxy-s20/specs/

 

カメラ性能で想像を超える待望の5G対応

Galaxy S20には以下のカメラ機能が搭載されています。

  • 64MP望遠カメラ(0.8μm、約76度、F2.0)
  • 12MP広角カメラ(1.8μm、約70度、F1.8、スーパースピードデュアルピクセルAF、OIS)
  • 12MP超広角カメラ(1.4μm、約120度、F2.2)、ToFカメラ(深度測位カメラ)

特にToFカメラは暗い場所、夜でもきれいに撮影することを可能としている優秀なカメラです。

さらに、5Gも対応しているので、最新の通信スピードを体験できます。

5Gに関しては、まだ日本中に普及はしていませんが、東京や大阪の都市部を中心に急激にその使用可能エリアを拡大しています。

高性能で5Gに対応しているGalaxyS20+は、これからの新しいスマホを率いる存在とも言えるでしょう。

光学3倍ズーム撮影自由自在

背面の配置は、左上が64MP望遠カメラ、中央上が12MP広角カメラ、右上が12MP超広角カメラ、中央下がToFカメラ(深度測位カメラ)です。

倍率は0.5倍、1倍、3倍、10倍で撮影することが可能で、0.5倍は12MP超広角カメラ、1倍は12MP広角カメラ、3倍と10倍は64MP望遠カメラで撮影でき、光学3倍ズームが使用できるので、鮮明な画像を自由に撮影できます。

望遠、超広角、さまざまなシーンで強い

最も高解像度なイメージセンサーは望遠カメラとして搭載されています。

その解像度の高さは非常に優秀です。

被写体によってはファイルサイズが30MB近くとかなり大きいものになるため、そのまま使用するには難しい部分もありますが、撮影後に自由にトリミングをして必要な部分だけ切り取ることができます。

 

最大30倍ズームまで可能なモードも搭載されており、離れた場所の被写体も撮影することが可能です。

さすがに超解像ズームの30倍で撮影すると画質が荒くなる場合がありますが、10倍までの撮影であれば、ほとんど画質を落とすことはないでしょう。

また、30倍モードで撮影する場合でも被写体がよほど細かいものでない限りは、さほど荒く見えないので、被写体によってはまったく問題なく利用できるという強みがあります。

 

Galaxy史上初の8Kビデオ撮影

Galaxy S20は非常に優秀なカメラ性能のおかげで静止画に関しては鮮明で奇麗な画像を撮影することが可能です。

しかし、これは動画についても同様で、Galaxy史上初の8Kビデオ撮影を可能としている機種でもあります。

ここでは、Galaxy S20で動画を撮影する際の性能と機能について紹介していきます。

 

革新的な8Kビデオスナップ

Galaxy S20では、アウトカメラで脅威の8Kの動画を撮影することが可能です。

また、撮影した8Kの動画を途中で止めて、そこから33MPの画像を取り出すこともできます。

そのため、とりあえず動画で撮影しておいて、あとから気に入った部分を画像として保存ができるので、1つの動画で思い出をたくさん保存することができるでしょう。

 

長持ちするバッテリー

Galaxy S20は4,500mAhのバッテリーを搭載しています。

これは前機種であるGalaxy S10+から500mAh増量している大きさなので、かなりの容量です。

そのため、電池切れを心配する必要が少なくなったのは大きなメリットだと言えるでしょう。

 

持続力がすごい

そのときの通信状況によりますが、スペック上では待受時間は4GLTEエリアで約145時間、6日間充電なしで耐え切るだけの持続力があります。

さらに、Galaxy S20自体がワイヤレス充電器にる「リバース充電機能」が備わっているため、例えば他のスマホやワイヤレスイヤホンなど、ワイヤレス充電に対応した端末をGalaxy S20の上に乗せておくだけで充電が可能です。

購入するなら店頭?オンライン?

Galaxy S20を購入するには2つの方法があります。

  • オンラインショップ
  • 店頭で購入

2020年から続くコロナの影響から、人との接触を避けたい人が増えてきました。店頭に行けば待ち時間も発生することから、オンラインショップでの需要が高まっている傾向にあります。

一方で、実物を見ながら専門の人に相談をしたい人もまだまだ多く、店頭で購入を考える人もいます。自分のスタイルに合わせた場所で購入するのが良いでしょう。

 

 docomo(ドコモ)

ドコモは店頭とオンラインショップの両方で購入が可能です。

また、オンラインショップで手続きをすると、オンラインショップ限定のキャンペーンを利用することができるのでおすすめです。

常に行っているわけではありませんが、うまく利用すると割引で端末を購入できる場合がありますので、うまく利用していきましょう。

オンラインショップでは、下記のようなキャンペーンを行っていました。期間によってキャンペーンの内容は変わってくるので、購入時に確認しましょう。

  • オンラインショップ限定端末購入割引
  • dポイントプレゼントキャンペーン
  • ドコモのロング学割

 

オンラインショップ限定端末購入割引の期間は、2020年12月3日~2021年5月18日です。

オンラインショップを利用して、機種変更を行う人を対象に端末料金を割引するサービスです。

dポイントプレゼントキャンペーンの期間は、2021年3月12日~2021年5月31日です。オンラインショップで指定の商品を購入し、dショッピングで累計500円以上の買い物をした場合、先着で1,000ポイントが当たります。

ドコモのロング学割の期間は、2020年10月30日~2021年5月31日です。

月具機の利用料金から最大で税込3,850円を最大6カ月間、7カ月目以降も23歳の誕生日まで毎月最大税込1,100円を割引してくれるサービスです。

 

au 

auもオンラインショップと店頭がありますが、Galaxy S20をauオンラインショップで購入する場合にもいろいろなメリットがあります。

まずオンラインショップであれば24時間いつでも購入できます。

もちろんauウォレットをためている人は、そちらを利用できますし、日本全国どこでも送料無料で商品を届けてくれます。

届け日は最短で申し込み翌日という早さですので安心です。

 

また、2021年5月時点の、auでは新規・乗り換えが「auオンラインショップお得割」を利用して機種変更を行うことで、お得にGalaxy S20を購入できました。

特にGalaxy S21が発売されたばかりということもあって、かなり値段が落ちている状態になっているので、購入しやすいでしょう。

 

まとめ

Galaxy S20はGalaxy S20と価格はそれほど変わらないのに、バッテリー容量が大きく、ディスプレイも大きい、ToFカメラがついているとメリットの多いものとなっています。

高性能のGalaxy購入を考えている場合はこちらのGalaxy S20も候補として入れることをおすすめします。