Galaxy A41の基本情報をご紹介

格安スマホでもなく、高額なハイエンドスマホでもないミドルレンジスマホの人気が高まっています。

10万円以下のスマホでも、機能面で妥協したくないという方におすすめなのが、2020年6月に発売されたSAMSUNG社製Galaxy A41です。

今回は、そんなGalaxy A41についてご紹介いたします。

Galaxy A41のスペック

Galaxy A41の基本スペックは以下の通りです。

 

価格 33,045
液晶サイズ 約6.1インチ
本体サイズ 152.9mm×70.4mm×8.1mm
重さ 約160g
カラーバリエーション ブラック、ホワイト、ブルー

 

引用:https://www.galaxymobile.jp/galaxy-a41/

3万円台と最近のスマートフォンにしては安めの価格設定と、液晶サイズは6.1インチで大きめで、同時期に発売されたiPhone12Proと比べても遜色ないスペックです。

以下、スペックについて詳しく解説していきます。

価格

新品価格は、33,045円(au価格)です。購入場所によって価格は変わりますので注意しましょう。

NTTドコモ、KDDI(au)、UQ mobileの3キャリアから購入可能のため、SIMフリースマホはサポート面が心配という方でも安心です。

本体価格は3万円台なので、コストパフォーマンスは非常に高いといえるでしょう。

液晶サイズ

液晶サイズは6.1インチと大きめ。

大画面で動画コンテンツやゲームを楽しみたい方や、スマートフォンでビデオ会議をする社会人、オンライン授業を受ける学生にもありがたいサイズです。

有機EL Super AMOLEDディスプレイを搭載し、20:9という縦長のアスペクト比で解像度は1,080×2,400。コントラストが高く鮮やかな発色なので、動画・ゲームを高画質で楽しむことができます。

本体サイズ

6.1インチと大きなディスプレイを持ちながら、ボディは幅約70mmと細身。

片手で握りやすく、男性であれば片手で難なく持てるサイズです。

大画面がいいけど、本体サイズは大きくしたくない、という方にもおすすめです。

また、本体のエッジ部分はゆるやかにカーブしているので、手になじんで持ちやすいのも特徴となっています。

重さ

Galaxy A41の重さは160gです。

同時期に発売された\「iPhone12 Pro」はGalaxy A41と同じディスプレイサイズですが、重さは187gです。

約27gも差があるので、Galaxy a41がかなり軽いことが分かっていただけると思います。

 

カラーバリエーション

カラーバリエーションは、さわやかで鮮やかな色合いの「ブルー」と落ち着いた大人っぽい雰囲気の「ブラック」、清潔感のある「ホワイト」の3色です。見る角度によって違った色に見えるプリズムカラーが採用されていて、高級感のある色合いになっています。

Galaxy A41の特徴

引用:https://kakaku.com/item/J0000032530/images/

 

Galaxy a41の主な特徴は以下の3つになります。

・高解像度のカメラ

・途切れないバッテリー

・安心の防水防塵設計

 

それぞれの特徴について、詳しく解説していきます。

Galaxy A41高解像度カメラ

Galaxy A41の最大の特徴は高解像度カメラです。

アウトカメラは約4,800万画素の広角カメラと約800万画素の超広角カメラ、約500万画素の深度測位カメラの3つのカメラが搭載されています。

最近のスマートフォンで、トリプルカメラは珍しく無くなってきていますが、Galaxy A41は広角カメラが約4,800万画素と高画質なのがポイント。細部まで綺麗に写真を取ることができます。

 

そして、自撮りやビデオ会議などで重要なインカメラも約2,500万画素と高画質です。広角カメラと標準カメラの切り替えができるので、自撮りは標準、複数人の時は広角と使い分けが可能です。肌の滑らかさや目の大きさを調整できる美肌モードも搭載されているので、自然な自撮りを楽しむことができます。

 

途切れないバッテリー

Galaxy A41は3,500mAhのバッテリーが内蔵されているので、1日中バッテリー残量を気にすることなく使えるのもうれしいポイントです。バッテリーをさらに長持ちさせる場合は、「標準省電力モード」「最大省電力モード」の2つを選べるので、必要に応じて設定を変えることでなかなか充電がしにくい場所でも使い続けることができるでしょう。

また、15Wの急速充電に対応しているので、充電を忘れていたのにすぐに外出しなくてはいけない場面でも心強いです。

安心の防水・防塵設計

Galaxy A41には防水IPX5/IPX8、防塵IP6Xが搭載されています。

※IP6Xは防壁機能として最高レベルとなっており、急な雨でも安心して使用することができます。

こんな機種も比較検討されています

Galaxy購入を考えている方は、Galaxyシリーズや人気なiPhone12 Proとも比較していることが多いです。

ここではGalaxy A41と比較されることの多い「Galaxy A30」「Galaxy A20」「iPhone12 Pro」の3機種と比較していきます。

 

比較1 Galaxy A30

Galaxy A30と比較すると、画面サイズはGalaxy A30は6.4インチと大きめ。

一番比較できるのがカメラの画素数。Galaxy A41のメインカメラは約4,800万画素となっていますが、Galaxy A30は1,300万画素と、3倍以上の差があります。

サイズが大きい分、バッテリー容量はGalaxy A30の方に軍配が上がりますが、電池持ちはGalaxy A41の方が良い結果となっています。

比較2 Galaxy A20

続いて、Galaxy A20と比較していきます。

本体サイズはGalaxy A41とそれほど変わりませんが、画面サイズはGalaxy A41の方が大きいなど、全体的に見てもGalaxy A41の方が高スペックとなっています。

Galaxy A20は基本の防水やおサイフケータイ機能も搭載しているので、少しでも価格を抑えたモデルが欲しいという方や初めて使うスマホならGalaxy A20もおすすめです。

 

比較3 iPhone12 Pro

続いて、日本では人気の「iPhone12 Pro」と比較していきます。

iPhone12 ProとGalaxy A41の一番の違いは価格。

iPhone12 Proは定価が117,480円からなのに対し、Galaxy A41は33,045円からと、3倍以上の価格の差があります。

画面サイズは6.1インチとほぼ同じで、画素数もiPhone12 Proは1,200万画素と低め。

価格を抑えてミドルレンジスマホを使いたい方は、Galaxy A41も検討してみると良いかもしれません。

まとめ

今回はGalaxy A41のご紹介をいたしました。

Galaxy A41は高画質のトリプルカメラと美しいディスプレイが人気の、多様な機能を備えたスマートフォンです。さらに、スマートフォン世界シェアナンバーワンのサムスンならではの使い勝手の良さも見逃せないポイントです。

Galaxy A41はNTTドコモ、KDDI(au)、UQ mobileの3種類のキャリアから販売されているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。