Galaxy Z Flipの基本情報をご紹介

ガラケー全盛期、その多くは「折りたたみ式」を採用していました。

その理由は、折りたたんだ時のコンパクトボディだけでなく、「折りたたむ」という動作自体が多くのユーザーの心を掴んだから、と言ってもいいのではないでしょうか。

時は流れ、ガラケーは衰退、そしてスマートフォン時代の今、満を辞して登場した「Galaxy Z Flip」。

果たしてGalaxy Z Flipは「折りたたみスマホ」の新たなスタンダードとなるのでしょうか。

本記事では、注目のGalaxy Z Flipについて詳しく解説していきたいと思います。

Galaxy Z Flipのスペック

Galaxy Z Flipのスペックは以下の通りです。

 

価格 179,360円(税込)
液晶サイズ 【メイン】約6.7インチ(2636×1080)
【カバー】約1.05インチ(300×112)
本体サイズ 【クローズ時】約87.4mm×73.6mm×17.4mm(最厚)ー 15.4mm(最薄)
【オープン時】約167.3mm×73.6mm×7.2mm ー 6.9mm(スクリーン)
重さ 183g
カラーバリエーション ミラーブラック ミラーパープル

 

|参照

スペック | Galaxy Z Flip(ギャラクシー ゼット フリップ)| 折りたたみスマホ

Galaxy Z Flip SCV47(SCV47SKA)

 

次に、各項目について詳しく見ていきましょう。

価格

前述の通り、Galaxy Z Flipは定価「179,360円」で販売されています。

対して中古相場は「119,800円〜」となっており、その差は約60,000円となっています。(2021年5月時点)

また、同じサムスン製の折りたたみスマホである「Galaxy Z Fold2 5G(2020年11月発売)」は定価「259,980円」。

2021年5月時点での中古相場は「162,000円〜」となっています。

|参照

Galaxy Z Flip SCV47(SCV47SKA)

Galaxy Z Fold2 5G SCG05(SCG05SMA)

galaxy z flip スマートフォン 商品一覧│中古スマホ販売の【イオシス】

Galaxy Z Fold2 中古 162,000円 | 一括比較でネット最安値 Price Rank

液晶サイズ

Galaxy Z Flipの液晶サイズは、約6.7インチ(2,636×1,080)です。

同じ折りたたみスマホである「Galaxy Z Fold2」の約7.6インチには劣りますが、Galaxyシリーズの中では、大型液晶に分類されます。

この他に、折りたたんだ際の外部カメラ隣に簡易ディスプレイを備えています。

簡易ディスプレイの液晶サイズは約1.05インチ(300×112)とやや小ぶりです。

しかし、折りたたんだままで時刻とバッテリー残量が確認できるほか、着信履歴やメールタイトルなども確認できるなど、ユーザーにとって便利なポイントとなっています。

 

|参照

折りたたみスマホ「Galaxy Z Flip」(SCV47)購入レビュー

本体サイズ

Galaxy Z Flipのサイズは、折りたたみ時で約87.4mm×73.6mm×17.4mmと、文字通り「手のひらサイズ」となっています。

折りたたんだ状態の厚みもわずか17.4mmなので、シャツの胸ポケットやズボンのポケットにも難なく入ります。

大型液晶でありながらコンパクトにポケットに収まる、というのは折りたたみスマホならではの特権でしょう。

また、本体を開いた際はのサイズは約167.3mm×73.6mm×7.2mmとなっており、かなりの大画面スマホと言えます。

ゲームや動画視聴の際の迫力を求めるユーザーにとって満足できる画面サイズでしょう。

 

|参照

折りたたみスマホ「Galaxy Z Flip」(SCV47)購入レビュー

 

重さ

Galaxy Z Flipの重さは、183gとなっています。

同じ折りたたみスマホのGalaxy Z Fold2は282gなので、約100gも軽量です。

Galaxy Z Flipは折りたたみスマホでありながら、通常のGalaxyシリーズのスマホと同等の軽さを実現しています。

カラーバリエーション

Galaxy Z Flipのカラーバリエーションは、ミラーブラックとミラーパープルの2色展開です。

鏡面仕上げのため、見る角度によって色が変化し、非常に美しい外観となっています。

2021年5月時点では、人気カラーのミラーパープルは残念ながら在庫なしとなっており、ミラーブラック一択となっています。

Galaxy Z Flipの特徴

次に、Galaxy Z Flipの特徴についてまとめていきます。

日本初!縦型の折りたたみスマホ

Galaxy Z Flipは日本初の縦型折りたたみスマホとして登場しました。

前述の通り、そのコンパクトさはもちろん、日常の持ち運びにも非常に便利です。

また、日常的にYouTubeなどの動画を視聴する方にとっては、直角に折りたたむことにより、場所を選ばずスタンド無しで自立する点も大きなポイントでしょう。

縦画面のみの再生となりますが、液晶が大きいので視聴に関しては苦になりません。

 

|参照

1年前 「Galaxy Z Flip」フォトレビュー

折りたたみスマホ「Galaxy Z Flip」(SCV47)購入レビュー

 

置いたまま撮影が可能

スタンドなしで自立ですることによって恩恵を受けるのは、動画視聴の時だけではありません。

Galaxy Z Flipは置いたまま撮影が可能なため、手ブレが気になる方や長時間動画撮影をする方にもおすすめです。

 

|参照

1年前 「Galaxy Z Flip」フォトレビュー

2つのアプリを同時に使う

Galaxy Z Flipには「マルチウィンドウ」という機能が搭載されています。

これにより2つのアプリを同時に使用することができます。

例えば、画面上で動画視聴をしながら、画面下でネット検索、など多岐に渡った使い方が可能となります。

Galaxy Z Flipの口コミ・使ってみたユーザーの感想

実際にGalaxy Z Flipを使用した方の感想や口コミをTwitterからまとめました。

独特なデザインに称賛の声多数

 

折りたたみという特殊な形状だけでなく、表面の色味などのデザインも多くのユーザーの心を掴んでいるようです。

一部では、折りたたみのメリットはわからないという声も……

 

通常のスマホに慣れていると、「開く」という動作が面倒に感じてしまうこともあるようです。

Galaxy Z Flipは液晶パネルに特殊なカバーを使用して、シームレスな折り目を実現しています。しかし、それでも折り目の線が気になる……という意見はあるようです。

折りたたみスマホという話題性と高スペックを両立

 

懐かしの折りたたみガラケーと、最新技術を兼ね揃えていると好評のようです。

本体価格が高すぎるという意見も多く見受けられましたが、そのほとんどがスペックに対して妥当であると納得している様子が伺えました。

Galaxy Z Flipを中古で買うなら

Galaxy Z Flipの中古購入を検討されているのならば、比較的安価で品数多く取引されている、ヤフオクやメルカリがおすすめです。

2021年6月現在、ヤフーオークションでは中古品が75,000円ほどで出品されています。

 

参考:https://auctions.yahoo.co.jp/search/search?auccat=&tab_ex=commerce&ei=utf-8&aq=-1&oq=&sc_i=&fr=auc_top&p=GALAXY+z+flip+&x=27&y=34

 

中古品にはそれなりにリスクがありますが、どうしても安価で手に入れたいという方は検討してみましょう。

 

まとめ

Galaxy Z Flipは発売当初、その折りたたみ式スマホという形状で大きな話題を呼びました。

そして、実際に使用したユーザーからは、そのスペックと技術力の高さで未だなお支持されています。

折りたたみ形状が使いやすいかどうかは、正直、人それぞれになってしまいます。しかし、このスタイルに魅力を感じるのであれば、ぜひGalaxy Z Flipの導入を検討してみましょう。