AQUOSの最新機種が2021年6月に発売!そのスペックとは

新型AQUOSが6月に発売!

SHARPの人気スマートフォンシリーズAQUOS(アクオス)の最新機種「AQUOS R6」が、2021年6月25日に発売されました。

あの老舗カメラメーカー「ライカ」が監修した1インチセンサー搭載カメラなど、発売前から話題を呼んだ機種です。

それでは、AQUOS R6のスペックとその魅力に迫ります。

  AQUOS R6

まずはスペックを表にまとめました。

機種名  AQUOS R6 SH-51B docomo

 AQUOS R6 Softbank

OS     Android11
ディスプレイ  6.6インチ Pro IGZO
プロセッサ Snapdragon888 5G(オクタコア)2.8GHz+1.8GHz
RAM 12GB
ROM  128GB
74mm
高さ 162mm
厚み 9.5mm
重量 207g
カラー ブラック、ホワイト
充電器・充電ケーブル USB Type-C
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
外部メモリ最大容量  最大1TB
バッテリー容量 5,000mAh
画面解像度  ワイドUXGA+(2,730×1,260ドット)
背面カメラ画素数 約2,020万画素+ToF
前面カメラ画素数 約1,260万画素

引用元:https://www.softbank.jp/mobile/products/smartphone/aquos-r6/

スペックを見ると、やはりカメラの性能の高さが気になるところです。

AQUOS R6は「もはやスマホのカメラではない」というコンセプトのとおり、背面カメラは高級デジタルカメラに搭載されるような超大型センサーで高い画素数を誇っています。

プロセッサ(CPU)も最新のSnapdragon888が使用されており、これは前のSnapdragon865より25%も処理速度が向上しているもので、重いデータもサクサク操作できるでしょう。

引用元:https://www.softbank.jp/mobile/products/smartphone/aquos-r6/

 また、カメラについては、最も強化されているポイントとなっています。SONYの最新スマホのカメラにも採用されているToFカメラが搭載され、クオリティの高い写真撮影が可能です。

こちらは対象物までの深度(奥行き)を探知できるというもので、暗い場所できれいに撮影したり、背景をぼかすといった最新技術をスマホでも惜しみなく利用できます。

「ライカ監修1インチセンサーカメラ」が特に注目を集めており、このカメラを求めて、AQUOS R6の購入を検討するユーザーもいるでしょう。

背面の大きなカメラモジュールの周辺には、右部分にToFセンサーが配置され、アルミフレームで一体化しています。

そのため、衝撃耐性も高いものとなっています。

さらに、カメラのレンズは7枚構成のレンズを採用しています。

これは7枚のレンズを縦に積んだ形となっており、背面にあるカメラ側が最も小さい凸レンズとなっています。

そこから順に、7枚目まで積まれており、一番下にある7枚目のレンズは、1インチセンサーに面する部分に配置されています。

外から届く光を7枚のレンズが、徐々に光を広げ、1インチセンサーの隅々に届けるという工夫がされているのです。

AQUOSとは

AQUOSとは、2011年にSHARPが開発、発売したAndroid搭載のスマホ全般のことをいいます。正式にはAQUOS PHONEと呼ばれています。

高性能が評判の、SHARPの液晶テレビ「AQUOS」ブランドを使用してのスマホとなっています。

AQUOSで培われてきた高画質エンジン、高精細液晶が搭載されているのが特徴で、「高画質」をウリにしているスマホでもあります。

特にRシリーズでは、高精細な10億色での表現を可能とした「Pro IGZO」が搭載されており、その画質の鮮明さは他の機種を圧倒しています。

AQUOSのおすすめ機種

ではこれまでに発売されてきたAQUOSの機種の中から特におすすめの機種をいくつか紹介していきます。

 AQUOS R5G

機種名 AQUOS R5G
ディスプレイ 6.5インチ Pro IGZOディスプレイ
本体サイズ 高さ162mm、幅75mm、厚さ8.9mm
重さ 189g
アウトカメラ 標準約1,220万画素、超広角約4,800万画素、

望遠約1,220万画素

インカメラ 1,640万画素
バッテリー 3,730mAh
RAM 12GB LPDDR5
ROM 256GB UFS 3.0 + Write Booster
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 865 5G mobile platform 2.8GHz1.8GHz
認証 顔認証/指紋センサー
防水 IPX5IPX8
Earth BlueBlack RayAurora White

ちらは2020年に発売されたモデルで、Snapdragon 865システム・オン・チップ(SoC)、6.5インチQHD+ディスプレイを搭載しており、快適な操作環境と美しいディスプレイが評判となりました。

また、カメラ機能も充実しており、1,200万画素のメインカメラ、1,200万画素の望遠カメラ、4,800万画素の超広角カメラの3つのカメラにToFセンサーが搭載されており、クアッドカメラとなっていました。ToFセンサーの働きによって、暗い場所や夜でも画像をきれいに撮影することが可能となっています。

  AQUOS sense5G

機種名 AQUOS sense 5G Softbank
ディスプレイ 5.8インチ
本体サイズ 高さ:148mm、幅:71mm、厚さ:8.9mm
重さ 178g
アウトカメラ 標準:約1,200万画素、広角:約1,200万画素、望遠: 800万画素
インカメラ 800万画素
バッテリー 4,570mAh
RAM 4GB
ROM 64GB
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 690 5G
認証 顔・指紋
防水 IPX5IPX8
ライトカッパー・オリーブシルバー・ブラック

 

 AQUOS senseシリーズはAQUOSのフラッグシップモデルであるRシリーズよりも一回り小さいコンパクトなボディとなっています。

幅は17mmに収まるように作られており、バスタブ構造のアルミボディとなっています。

これはアルマイト染色によって仕上げられているため、アルミ素材そのものを染めているので長期間利用しても色が剥げることがないものとなっています。

 ディスプレイは,約5.8インチですが、解像度がフルHD+で見やすいものとなっています。

ディスプレイの下部分には指紋センサーが搭載されており、画面ロック解除だけでなく、画面を点灯したり、ホーム画面に戻すためのボタンとしても使用することができます。

また、「Payトリガー」という機能があるのも特徴です。

これは長押しすることで決済アプリを起動させることができるというものです。

もちろん、自分がよく使うアプリを設定することができるので、スマホ決済をよく使う人にはありがたい機能です。

  AQUOS 2020 秋冬モデル

2020年の秋冬モデルとしては、「AQUOS zero5G basic」が販売されています。

機種名 AQUOS zero5G basic
ディスプレイ 6.4インチ 有機EL
本体サイズ 高さ161mm、幅75mm、厚さ9.0mm
重さ 182g
アウトカメラ 標準約4,800万画素、超広角約1,310万画素、

望遠約800万画素

インカメラ 1,630万画素
バッテリー 4,050mAh
RAM 6GB
ROM 64GB
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 765 5G Mobile Platform 2.3GHz1.8GHz
認証 顔認証/指紋認証
防水 IPX5IPX8
ブラック、ブルー

 

 こちらは5Gに対応しているミドルハイレンジモデルとなっており、120Hzのリフレッシュノートと10億色表示に対応している64型有機ELディスプレイを搭載し、ゲーミング用途に便利な機能も備わっています。

映像フレームに黒い画像を挟みこむことでリフレッシュノートを240Hz相当の表示とし、タッチ検出回数を毎秒240回に引き上げることで体感速度を向上させる「ハイレスポンスモード」に対応しています。

 アウトカメラは、

標準:4,800万画素

広角:1,310万画素

望遠:800万画素

のトリプルカメラとなっており、すべて電子式手ぶれ補正に対応しています。インカメラは1,630万画素のカメラとなっています。

 まとめ

AQUOSはSHARPが製造、販売しているスマホで、その液晶の性能の高さが評判となっています。以前の機種はカメラ機能が弱いとされていましたが、今回の新作では「Leica」と共同開発された唯一無二の高性能メインカメラが搭載され、カメラが強調されたデザインも話題となりました。

 

国内メーカーのスマホの中でも、独自の進化を遂げているAQUOSシリーズ。

今回ご紹介した最新機種「AQUOS R6」に引き続き、今後の新商品も見逃さずにチェックしていきましょう。