aquos sense3 liteの基本情報をご紹介

AQUOS sense3シリーズはシャープが製造し、2019年11月にドコモ、au、楽天モバイル、UQモバイルで発売された格安スマートフォンです。

格安スマホとはいえ、十分な性能を備えており、高い人気を獲得しているモデルです。

今回は、楽天モバイルから発売されたAQUOS sense3 liteの基本情報をご紹介します。

aquos sense3 liteのスペック

価格 新品一括払いで25,980円(税込み)
液晶サイズ 約5.5インチ
本体サイズ 約147×70×8.9mm
重さ 約166g
カラーバリエーション ライトカッパー、シルバーホワイト、ブラック

 

引用:AQUOS公式サイト

 

AQUOS sense3 liteは、楽天モバイルから発売されたモデルで、AQUOS sense3(無印)とほぼ同じスペックですが、カメラに少しだけ違いがあり、liteには超広角カメラがついていません。ここでは、表の項目に沿ってAQUOS sense3 liteのスペックの詳細を紹介します。

価格

AQUOS sense3 liteの価格は新品の一括払いで25,980円(税込み)です。

ただし、機種変更時かつWeb販売価格であれば、23,382円(税込み)で購入できます。

中古市場では製品の程度によって差がありますが、新品に近い製品ならば、2万円前後で取引されています。

AQUOS sense3シリーズには、無印とlite、plus、basicの4種類のモデルがあり、それぞれの価格を比較すると以下のようになっています。

 

モデル 価格
AQUOS sense3(無印) 22,080円~31,680円 (税込み)(au公式ショップドコモ公式ショップ
AQUOS sense3 lite 23,382円 (税込み)(楽天モバイル公式サイト
AQUOS sense3 plus 25,560円~31,740円  (税込み)(ソフトバンク公式ショップau公式ショップ
AQUOS sense3 basic 15,840円~22,310円 (税込み) au公式ショップUQモバイル公式ショップ

 

液晶サイズ

AQUOS sense3 liteの液晶サイズは約5.5インチです。

他のシリーズと大きさを比較すると、plusのみ6インチで、その他のモデルがliteと同じ約5.5インチです。

plusは、液晶サイズの大きさだけでなく高性能のCPUやメモリ、スピーカーを備え、映像の処理能力も高いので、より快適に動画を視聴することができます。

本体サイズ

AQUOS sense3 liteの本体サイズは、以下のようになっています。

 

高さ 約147mm
70mm
厚さ 8.9mm

 

他のモデルは、AQUOSaquos sense3  plusだけが以下の表のように本体サイズが異なり、全体的に少し大きく、厚さがわずかに薄くなっています。

 

高さ 約160mm
75mm
厚さ 8.7mm

 

AQUOS sense3 liteはアルミ製ボディなので、軽くて持ちやすさ抜群です。

さらに、本体サイズが程良い大きさなので、握りやすくなっています。

重さ

AQUOS sense3 liteの重さは166gです。

他のモデルと比べたのが以下の表になります。

AQUOS sense3 (無印) 167g
AQUOS sense3 lite 166g
AQUOS sense3 plus 175g
AQUOS sense3 basic 167g

 

AQUOS sense3  plusは手に取って分かる違いがありますが、その他は重さの違いを感じないレベルです。

カラーバリエーション

AQUOS sense3 liteのカラーバリエーションは、ライトカッパー、シルバーホワイト、ブラックの3色があります。

他のモデルにもそれぞれオリジナルのカラーがあり、販売会社によっても少し違います。

それぞれのモデルのカラーバリエーションは以下のようになっています。

 

モデル カラーバリエーション
AQUOS sense3(無印) ライトカッパー・ブラック・シルバーホワイト・ディープピンク
AQUOS sense3 lite ライトカッパー、シルバーホワイト、ブラック
AQUOS sense3 plus au限定:ホワイト、クラッシィブルー

ソフトバンク限定:ホワイト、ムーンブルー、ピンク、ブラック

AQUOS sense3 basic ライトカッパー・シルバー・ブラック

 

AQUOS sense3シリーズで人気が高いカラーはホワイトのようですが、AQUOS sense3シリーズとしてはライトカッパーをイメージカラーとしており、見かけることが多くなっています。淡い桜をイメージさせるカラーで、特に女性に人気があります。

aquos sense3 liteの特徴

AQUOS sense3 liteは格安スマホですが、スペックは充実しており、スマホデビューの初心者はもちろんスマホに慣れているユーザーも満足できるレベルとなっています。

ここからはAQUOS sense3 liteの特徴を以下に紹介します。

オールメタルボディー

AQUOS sense3 liteは、アルミ製のオールメタルボディーを採用しており、アルマイト染色により質感の高いボディーで、大きさも程良く、手に馴染みやすくなっています。

大容量バッテリー

AQUOS sense3 liteは4,000mAhの大容量バッテリーを備え、さらに「液晶のシャープ」の技術でディスプレイの省電力性も実現しているため、バッテリーが大変長持ちします。

高機能カメラ

AQUOS sense3 liteはAIを搭載した高機能カメラを備えているため、シャッターチャンスを逃しません。

手振れ補正機能も備え、1.25umの大型ピクセルのセンサーにより美しい写真が撮れます。

さらに動画でも、AIが能力を発揮し、撮影した動画を自動で15秒の映像に編集してくれます。

インテリジェントチャージ

AQUOS senseシリーズの大きな特徴としてインテリジェントチャージ機能があり、AQUOS sense3 liteにも搭載されています。

これはバッテリーに過度の負担をかけない充電を行い、バッテリーを長持ちさせ、機体を長く使用できるように配慮されているものです。

インテリジェントチャージはバッテリーに力を入れるシャープの技術の賜物といえる目玉機能の1つです。

おさいふケータイ

AQUOS sense3 liteはおサイフケータイに対応しています。

他のスマホと違って、AQUOS sense3 liteは、おサイフケータイのマークがカメラの枠内に収められており、場所が分かりやすいため決済しやすくなっています。

ケースやフィルムは別途購入した方が良い

AQUOS sense3 liteを購入すると、機体が必要最低限の付属品と共に箱に入れられています。

 

ケースやフィルムなどは付属品としてついていないので、別途購入した方が良いでしょう。

aquos senseシリーズ

現在は、大好評だったAQUOS sense 3シリーズの後継機種であるAQUOS sense 4シリーズが発売されています。

AQUOS sense 4シリーズは、スペックが大幅に向上し、コストパフォーマンスがさらにアップしています。

ディスプレイの大型化

AQUOS sense 3とAQUOS sense 4を比較すると、ディスプレイが5.5インチから5.8インチに拡大されています。

ところが本体サイズは幅と高さがそれぞれ1mmずつ大きくなっただけで厚みは変わらず、ほとんど大きさが変わりません。

重量はAQUOS sense 4が10g程重くなっています。

プロセッサの能力上昇

AQUOS sense 4はAQUOS sense 3と比較してメモリとストレージは変わっていませんが、CPU性能がアップしています。

AQUOS sense 3の「Snapdragon 630」からAQUOS sense 4の「Snapdragon 720G」に変更され、CPU性能が強化されました。

バッテリーの増強

AQUOS sense 3シリーズの特徴であった4,000mAhの大容量バッテリーが、4,570mAhとさらに増強されています。

通常の使用でバッテリーが1週間持つという驚異的な持続力を実現しています。

カメラの性能向上

AQUOS sense 4ではカメラの性能が大幅に向上し、トリプルカメラが採用され、さらに望遠機能も搭載されました。

通常の状態から2.2倍のズームが可能になっています。

まとめ

AQUOS sense3 liteのスペックや、特徴は、格安スマホとして十分に魅力的なものです。

特にバッテリーの能力は、特筆すべきもので、通常使いであれば長く使用することができます。

すでに後継機種のAQUOS sense 4シリーズが発売されていますが、AQUOS sense 3シリーズもまだまだ十分なスペックを維持しているため、購入の際にはじっくりと比較検討してみてください。