OPPO Reno3 Aのスペック、特徴、口コミなど基本情報をご紹介

近年、「OPPO(オッポ)」という中国発のスマートフォンメーカーが注目を集めています。

そんなOPPOの日本市場向けモデル「Reno(リノ)」シリーズから、2020年8月に待望の上位モデル「Reno3 A」が発売されました。

 

OPPOならではのお手頃価格はそのままに、スペックの向上を実現したモデルで、ユーザーから好評を得ています。

そんなReno3 Aの基本情報をご紹介します。

OPPO Reno3 Aのスペック

・価格:28,591円~43,622円

・液晶サイズ:6.44インチ

・本体サイズ:縦160.9mm、横74.1mm、厚さ8.2mm

・重さ:約175g

・カラーバリエーション:ホワイト、ブラック

・OS: ColorOS 7.1(based on Android™ 10)

・CPU: Qualcomm® Snapdragon™665

・バッテリー: 4,025mAh

・ストレージ: 128GB(最大256GB micro SD対応)

【引用:OPPO日本

 

本体のデザインは、OPPOらしさが伺える美しいグラデーションの背面パネルが特徴的です。

 

以下に、スペックの詳細について紹介します。

他のシリーズとの違いも見てみましょう。

価格

OPPO Reno3 Aの価格は、新品の一括払いで28,591円~43,622円(税込)です。

その中でもワイモバイルで販売されているモデルはシングルSIMで、2万円台の安価となっています。

中古市場では、程度の良い品物は3万円台で売られており、やや使用感のある品物は2万円前後のものもあります。

以下に他のOPPO Renoシリーズとの価格の比較をまとめました。

 

モデル 価格(税込)
OPPO Reno3 A 28,591円~43,622円
OPPO Reno A 19,897円~39,380円
OPPO Reno3 5G 54.800円~57.800円
OPPO Reno 10x Zoom 89,892円~99,880円

 

液晶サイズ

OPPO Reno3 Aの液晶サイズは6.44インチです。

前モデルのOPPO Reno Aに比べてわずかにサイズが大きくなっています。

以下に他のOPPO Renoシリーズとの液晶サイズの比較をまとめました。

 

モデル 液晶サイズ
OPPO Reno3 A 6.44インチ
OPPO Reno A 6.4インチ
OPPO Reno3 5G 6.55インチ
OPPO Reno 10x Zoom 6.65インチ

 

本体サイズ

OPPO Reno3 Aの本体サイズは縦160.9mm、横74.1mm、厚さ8.2mmです。

持ちやすいサイズで、非常に薄いですが、かなり縦長で片手で操作するのは少し大変な大きさです。

前モデルのOPPO Reno Aと比べて、若干幅が狭く縦長になり、わずかに厚くなりました。

以下に他のOPPO Renoシリーズとの本体サイズの比較をまとめました。

 

モデル 本体サイズ
OPPO Reno3 A 縦160.9mm、横74.1mm、厚さ8.2mm
OPPO Reno A 縦158.4mm、横75.4mm、厚さ7.8mm
OPPO Reno3 5G 縦159mm、横72mm、厚さ7.7mm
OPPO Reno 10x Zoom 縦162mm、横77.2mm、厚さ9.3mm

 

重さ

OPPO Reno3 Aの重さは約175gです。

前モデルのOPPO Reno Aと比べてわずかに重くなりました。

以下に他のOPPO Renoシリーズとの重さの比較をまとめました。

 

モデル 重さ
OPPO Reno3 A 約175g
OPPO Reno A 約169.5g
OPPO Reno3 5G 約171g
OPPO Reno 10x Zoom 約215g

 

カラーバリエーション

OPPO Reno3 Aのカラーバリエーションは、ホワイトとブラックの2種類です。

ホワイトは白ベースで、オーロラのように虹色に変化する独特なデザインとなっています。

ブラックはビジネスシーンでも使えるシンプルなデザインです。

 

OPPO Renoシリーズの上位モデルには、専用のカラーも用意されています。

以下に他のOPPO Renoシリーズとのカラーバリエーションの比較をまとめました。

 

モデル カラーバリエーション
OPPO Reno3 A ホワイト、ブラック
OPPO Reno A ブルー、ブラック
OPPO Reno3 5G ミスティホワイト
OPPO Reno 10x Zoom ジェットブラック、オーシャングリーン

 

OPPO Reno3 Aの特徴

OPPO Reno3 Aは格安スマホとしては充実した装備を備えています。

カメラ性能は前モデルから大幅に向上し、元々評価の高かったバッテリーも増強されています。

それらの特徴の詳細を以下に紹介します。

超広角カメラで撮影

OPPO Reno3 Aは前モデルのOPPO Reno Aと比べて超広角カメラが追加されるなど、性能が大幅に向上しています。

OPPO Reno Aのデュアルカメラから、4眼のクアッドカメラになり、メインカメラの画素数は1,600万画素から4,800万画素に増えて、より質の高い写真を撮影できるようになりました。

長時間バッテリー

前モデルのOPPO Reno Aはバッテリー容量が3,600mAhだったのに対し、OPPO Reno3 Aは4,025mAhに増強されました。

その分わずかに重くなりましたが、ほとんど気にならないレベルです。

通常の使用なら、終日バッテリーの残量を気にすることなく使用できます。

高速充電

OPPO製スマホの強みの一つとして、自社技術の急速充電「VOOC」を搭載しているという点が挙げられます。

OPPO Reno3 Aは前モデルのOPPO Reno Aと比べて、さらに高速充電が可能になりました。

残量がほぼゼロの状態から、約2時間でフル充電ができるという驚きの速さです。

急な外出先での充電でも、短い時間で十分な電力を確保することができます。

OPPO Reno3 Aを使ってみた実際の声

OPPO Reno3 Aを実際に使ってみたユーザーの声を集めてみました。

コスパの良さを高く評価

 

Reno3 Aは多くの量販店やMVNOで販売されており、キャンペーンなどでさらに本体価格が安くなるケースもあるようです。

もちろん性能に変わりはないので、価格に対するスペックの高さに喜ぶ声が多く見受けられました。

中には、画面の動作が悪いという声も

 

iPhoneなどと比べてしまうと、画面の動きのカクつきが気になるという声もいくつかありました。

 

有機ELディスプレイの綺麗さに満足

 

やはり、同じ価格帯の格安スマホと比べて、有機ELを使用した液晶ディスプレイの美しさとカメラ性能の高さに、驚きと満足の声が多く寄せられていました。

OPPO Reno3 Aと類似商品

 

OPPO Reno3 Aと競合する機種としては、シャープのAQUOS sense4がまず挙げられます。

同じ価格帯にあり、AQUOS sense4はその圧倒的な知名度の高さから、格安スマホのベストセラーとなっています。

知名度ではOPPO Reno3 Aはまだ高いとは言えないですが、コストパフォーマンスでは負けていないでしょう。

 

それでは、両機種を5つの項目で比較していきます。

 

  1. サイズ
  2. 機能面
  3. 処理能力
  4. カメラ
  5. バッテリー

 

一つずつ見ていきましょう。

1.サイズ

本体サイズはOPPO Reno3 Aがやや大きく、ディスプレイも大画面になっています。

AQUOS sense4は最近のスマホとしてはコンパクトな部類で、ディスプレイも比較的小さな印象です。

OPPO Reno3 Aは、本体が大きすぎて操作がしづらいという側面があります。AQUOS sense4の方が、手が小さめの方や女性でも比較的操作がしやすいと言えるでしょう。

2.機能面

生体認証はどちらも指紋認証と顔認証を備えており、感度も良好です。

2機種とも、おサイフケータイとFMラジオも備えており、機能としては互角な印象です。

3.処理能力

メモリはOPPO Reno3 Aが6GB、AQUOS sense4が4GBと、やや格差があります。

ストレージ容量もOPPO Reno3 Aが128GB、AQUOS sense4が64GBと開きがあります。

一方で処理能力の中心となるSoCは、AQUOS sense4の方が高性能なSnapdragon 720Gを搭載しており、重いゲームなども快適に動作します。

4.カメラ

カメラはOPPO Reno3 Aがクアッドカメラで超広角カメラを搭載している一方、AQUOS sense4はトリプルカメラで望遠レンズを搭載しています。

そのため、それぞれが強みを持っていると言えるでしょう。

5.バッテリー

バッテリーはAQUOS sense4が通常の使用でおよそ5日間も使用できるほど強力で、比較すると圧勝です。

また、バッテリーに過度な負担をかけず長持ちさせる機能も備えています。

OPPO Reno3 Aも高性能なバッテリーですが、近年のモデルとしては平均的な性能です。

比較の総評

OPPO Reno3 AとAQUOS sense4を比較すると、それぞれに強みがあることが分かりました。

大画面でメモリも豊富なOPPO Reno3 Aと、頑丈なボディと高性能なバッテリーのAQUOS sense4というそれぞれの特徴があり、どちらを選ぶかはユーザーの好みで決まりそうです。

まとめ

ここまでOPPO Reno3 Aの基本情報や特徴をご紹介してきました。

実際に使用している方々の声からは、コストパフォーマンスの高さが伺えました。

OPPO Reno3 Aの購入をお考えの方は、競合するライバル機種とも比較検討してみて決めるとよいでしょう。