Xperia 1 IIの特徴・スペックを解説。実際に使ったレビューもご紹介

「Xperia 1 II」はシリーズ初の5G対応スマートフォンでauから2020年5月、ドコモから2020年6月、そしてSIMフリー版が2020年10月末に発売されました。

 

高い人気を誇る、ソニーのデジタル一眼レフαシリーズの技術を導入したカメラは多くの写真好きを唸らせています。

では実際の使い心地はどうなのでしょうか。

 

Xperia 1 IIの特徴や、ユーザーによるレビューまでまとめて解説いたします。

購入を検討される方はぜひ参考にしてみてください。

Xperia 1 IIのスペック

まずは基本的なスペックの紹介からいきましょう。

引用元:https://xperia.sony.jp/xperia/xperia1m2/

 

Xperia 1 II

価格 118,800円(税込)(Sony公式ストア)
発売年月 2020年 5月
通信規格 4G/5G
液晶サイズ 約6.5インチ有機ELX1(TM)for mobile
本体サイズ 約72mm×約166mm×約7.9mm
重量 約181g
OS Android10
CPU Snapdragon 865 5G

Mobile Platform 2.8GHz/1+

2.4GHz/3+1.8GHz/4

内蔵メモリ(RAM/ROM) 8GB/128GB
バッテリー容量 4,000mAh
ワイヤレス充電
電池持ち時間 約100時間(4G LTE)
カメラ・画質 メイン

16mm(超広角):有効画素数約1,220万画素/F値2.2

26mm(標準):有効画素数約1,220万画素/F値1.7

52mm(望遠):有効画素数約1,220万画素/F値2.4

フロント

有効画素数約800万画素/F値2.0

カラーバリエーション ブラック/ホワイト/パープル

 

やはり5G対応であることが目を引きます。

バッテリーも大容量だったり、ワイヤレス充電対応であることから最新機種らしさが感じられます。その分、お値段はなかなか高額であると言えるでしょう。

 

各項目について詳細を解説していきます。

価格

SONY公式ストアでの本体価格は現在118,800 円(税込)です。

SIMフリー版は、2020年10月末に発売され、2021年3月には価格改定が行われました。

発売当初の136,400円から118,800円に変更となり、発売から4ヶ月で17,600円安くなりました。

 

液晶サイズ

液晶サイズは6.5インチで、Xperia 10 Ⅱと同様に有機ELディスプレイが採用されています。

高画質な液晶のアスペクト比は21:9となっており、横向きにすれば臨場感のある映画や動画の視聴が可能です。

 

本体サイズ

本体サイズは約72mm×約166mm×約7.9mmとなっています。

縦長の形状で手持ちに良いサイズ感です。片手でも操作ができる横幅がXperiaの持ち味と言えるでしょう。

他のスマホと比べると縦に長い本体デザインですが、その特徴を活かして上下に分割して2画面表示ができるという特徴があります。

 

カメラ・画質

カメラレンズが3つあるトリプルカメラ仕様です。

メインカメラの各レンズサイズは16mm(超広角)、70mm(望遠)、24mm(標準)となっています。

シーンに合わせて3種類のレンズを自在に切替え可能で、まるで一眼レフのような使用感を実現しています。

 

その他、カメラの性能に関して特筆すべき点は以下の3つです。

 

  • 1秒間に20枚の高速撮影
  • 瞳AF(正確に瞳にピントが合う機能)搭載
  • 専用のカメラキー搭載

 

Xperia 1 IIは、メーカーとしてカメラのスペックにかなり注力していることがわかります。

 

また、フロントカメラ(インカメラ)の有効画素数も約800万画素と、申し分ない性能です。

 

カラーバリエーション

カラーバリエーションはブラック、ホワイト、パープルの3種類です。

 

本体デザインはかなりシンプルで、端正な機能美を演出しており、

外周には強度の高いメタルフレームが採用されています。

 

Xperia 1 IIの特徴

Xperia 1 IIのスペックについて紹介してきましたが、ここからはXperia 1 IIの特徴について解説していきます。

高画質ディスプレイで動画・ゲームも楽しみやすい

Xperia 1 IIは有機ELディスプレイを搭載しています。

大画面で高画質の映像を楽しむことができるので、画質にこだわるユーザーにはおすすめです。

ブラビア(R)の技術によって高精細、広色域、高コントラストを極めた映像が大画面のスマホで展開できます。

 

Android 10まで利用できなかった画面録画に対応

Android11へアップデートを行うことによって、複数の機能が利用できるようになりました。

Android10までは利用ができなかった、スクリーンレコード機能もそのひとつです。

 

SNSへの投稿の増加によって、画面録画は人気の機能となっています。

世間の需要に応える新機能追加となりました。

 

ソニー製αカメラとの連携が可能

スマホへの画像転送やリモート撮影を行うためのアプリ「Imaging Edge Mobile」を利用すれば、ソニーのデジタル一眼レフカメラα(TM)と連携することができます。

 

カメラの電源がオフのときでもスマホから画像の閲覧および転送が可能なので、いつでもスピーディーに写真の共有が可能です。

 

コントローラー連携が可能

DUALSHOCK(R)4(PlayStation(R)4用のワイヤレスコントローラー)と接続すればどこでもゲームが楽しめます。

 

コントローラーはスライド式で簡単にスマホに装着できます。

 

Xperia 1 IIと10 II/5/5 IIの比較

それでは、Xperiaの他機種とスペックを比較してみましょう。

 

Xperia 5 II Xperia 1 II Xperia 10 II Xperia 5
価格

(税込)

99,000円 43,780円 43,780円 64,900円
発売年月 2020年 10月 2020年 4月 2020年 6月 2019年 10月
通信機各区 4G/5G 4G/5G 4G 4G
液晶サイズ 約6.1インチ

有機ELシネマワイド(TM)ディスプレイ

約6.5インチ有機ELX1(TM)for mobile 約6.0インチ有機ELトリルミナスディスプレイ for mobileFull HD+ 約6.1インチ有機ELシネマワイド(TM)ディスプレイ
本体サイズ 約68mm×約158mm×約8.0mm 約72mm×約166mm×約7.9mm 約69mm×約157mm×約8.2mm(最厚部9.1mm) 約68mm×約158mm×約8.2mm
重量 163g 181g 151g 164g
OS Android10 Android10 Android10 Android9 pie
CPU Snapdragon 865 5G

Mobile Platform 2.8GHz/1+

2.4GHz/3+1.8GHz/4

Snapdragon 865 5G

Mobile Platform 2.8GHz/1+

2.4GHz/3+1.8GHz/4

Snapdragon 665

2.0GHz/4+

1.8GHz/4

Snapdragon 855

2.8GHz/1+

2.4GHz/3+1.7GHz/4

内蔵メモリ

(RAM/ROM)

8GB/128GB 8GB/128GB 4GB/64GB 6GB/64GB
バッテリー容量 4,000mAh 4,000mAh 3,600mAh 3,000mAh
ワイヤレス充電 不可 不可 不可
電池持ち時間 120時間(4G LTE) 約100時間(4G LTE) 135時間 105時間
カメラ・画質 メイン

16mm(超広角):有効画素数約800万画素/F値2.2

26mm(標準):有効画素数約1220万画素/F値2.0

52mm(望遠):有効画素数約800万画素/F値2.4

フロント

有効画素数約800万画素/F値2.0

メイン

16mm(超広角):有効画素数約1220万画素/F値2.2

26mm(標準):有効画素数約1220万画素/F値1.7

52mm(望遠):有効画素数約1220万画素/F値2.4

フロント

有効画素数約800万画素/F値2.0

メイン

16mm(超広角):有効画素数約800万画素/F値2.2

26mm(標準):有効画素数約1220万画素/F値2.0

52mm(望遠):有効画素数約800万画素/F値2.4

フロント

有効画素数約800万画素/F値2.0

メイン

16mm(超広角):有効画素数約800万画素/F値2.4

26mm(標準):有効画素数約1220万画素/F値1.6

52mm(望遠):有効画素数約800万画素/F値2.4

フロント

有効画素数約800万画素/F値2.0

本体色 ブラック/グレー/ブルー/ピンク ブラック/ホワイト/パープル ブラック/ホワイト/ミント/ブルー ブラック/グレー/ブルー/レッド

 

Xperia 5 IIとXperia 1 IIが上位機種ということもあり、高いスペックを誇ります。
CPUはどちらもSnpdragon 865 5Gを搭載しており、処理性能が他の2機種よりも上です。

 

オーディオに着目してみましょう。

4機種すべてハイレゾ音源のオーディオを採用しておりますが、立体音響技術「Dolby Atmos」に対応しているのはXperia 5 IIとXperia 1 IIのみです。

 

その他サイズ感やカメラの性能なども、ユーザーごとに好みや求めるレベルによって異なりますが、概ねXperia 5 IIとXperia 1 IIの上位2機種が際立っています。

Xperia 1 IIの評判

Xperia 1 Ⅱのスペックや特徴について解説してきましたが、ここからはtwitterでの口コミを

いくつかご紹介します。

 

サイズ感が高評価

 

縦長の本体デザインは好き嫌いが分かれそうですが、片手で操作ができることと、ワイド画面で動画の視聴ができるため高評価の口コミが多いです。

 

一部性能に不満の声も

 

バッテリーの容量が大きい分充電の速度が遅いなど、高性能ゆえの難点は一部あるようです。

中には、カメラのスペックに注力しすぎて他の機能が疎かであるという厳しい意見も。

 

全体的には、良い機種であるという声多数

 

国産メーカーの強みである、おサイフケータイ対応などの機能に喜ぶユーザーの声が多く見られました。

Xperiaシリーズの中でも、特にカメラの性能を重視する方や、SONYだからこそのカメラのクオリティを求める方にとっては満足の機種と言えるでしょう。

 

まとめ

Xperia 1 IIに関して詳しく解説いたしました。

やはり、最大の特徴は写真や映像の美しさです。

ソニーの持つ技術を惜しげなく導入したガジェットとして、多くのユーザーの心を動かしています。

10万円を超えるハイエンドモデルという位置づけですが、納得のスペックでしょう。