Xperia 10 IIの特徴・スペックを解説。軽量&縦長画面の評判は?

「Xperia 10 II」は2020年5月からワイモバイルで発売が開始し、各種キャリアでの発売は6月スタートとなりました。また、SIMフリー版は2020年10月に発売されています。

 

横幅が狭く縦に長いため、片手で操作しやすいデザインと、5万円以下という低価格が魅力的なミドルレンジスマホです。

 

そんなXperia 10 IIの特徴や、実際に使用しているユーザーの口コミまでまとめて解説いたします。

購入を検討される方はぜひ参考にしてみてください。

Xperia 10 IIのスペック

引用元:https://xperia.sony.jp/xperia/xperia10m2/

 

まずは基本的なスペックの紹介からいきましょう。

 

Xperia10 Ⅱ

価格 43,780円(税込)(Sony公式ストア)
発売年月 2020年 6月
通信規格 4G
液晶サイズ 約6.0インチ有機ELトリルミナスディスプレイ for mobileFull HD+
本体サイズ 約69mm×約157mm×約8.2mm(最厚部9.1mm)
重量 151g
OS Android10
CPU Snapdragon 665

2.0GHz/4+

1.8GHz/4

内蔵メモリ(RAM/ROM) 4GB/64GB
バッテリー容量 3,600mAh
ワイヤレス充電 不可
電池持ち時間 135時間
カメラ・画質 メイン

16㎜(超広角):有効画素数約800万画素/F値2.2

26㎜(標準):有効画素数約1,220万画素/F値2.0

52㎜(望遠):有効画素数約800万画素/F値2.4

フロント

有効画素数約800万画素/F値2.0

カラーバリエーション ブラック/ホワイト/ミント/ブルー

 

Xperiaシリーズにおいてはお手頃な価格です。

その分、スペックも値段相応といった印象ですが、スマートフォンにそこまでの高性能は求めないという方であればおすすめの機種と言えるでしょう。

 

各項目の詳細を解説していきます。

 

価格

SONY公式ストアでの本体価格は43,780円(税込)です。

 

新しい機種のスマホの中では、比較的手に取りやすい価格帯でしょう。

 

2021年5月現在は下記のキャリアから発売されています。

・docomo

・au

・Y!モバイル

・ⅡJmio

・goo Simseller

・mineo

・nuromobile

 

液晶サイズ

液晶サイズは約6.0インチ、「有機ELトリルミナスディスプレイ for mobileFull HD+」という液晶を採用しています。

 

Xperia 10は通常の液晶でしたが、Xperia10 Ⅱは有機ELディスプレイのため、より高画質となっています。

 

本体サイズ

本体サイズは約69mm×約157mm×約8.2mm(最厚部9.1mm)となっています。

 

21:9のアスペクト比で、コンパクトなサイズ感です。

重量は他のXperiaシリーズの端末よりも軽いのが特徴です。

 

カメラ・画質

5万円以下のミドルレンジスマホでありながら、カメラレンズは3つ搭載されている、トリプルカメラ仕様です。

これはなかなか他の機種では見られないため、コストパフォーマンスの良さが伺えるでしょう。

 

メインカメラのレンズサイズはそれぞれ16㎜(超広角)、26㎜(標準)、52㎜(望遠)となっています。

3つのカメラを、撮影のシチュエーションごとに使い分けられます。

夜間撮影用にナイトモードも搭載されていますが、超高画質というわけではありません。

決してハイスペックではありませんが、日常生活で使用するぶんには問題ないといったレベルです。

 

カラーバリエーション

カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ミント、ブルーの4種類です。

 

ミントの色は特徴的で、Xperia 10 IIの広告などのメインビジュアルにも度々使われています。

 

背面パネルはガラス仕上げとなっており、高級感のあるデザインとなっています。

Xperia 10 IIの特徴

Xperia 10 IIのスペックについて紹介してきましたが、ここからはXperia 10 IIの特徴について解説していきます。

 

21:9の縦長ディスプレイ

21:9のアスペクト比は、映画で用いられる画面比とほぼ同じです。

横向きにすれば、通常のスマホよりもワイドな画面で迫力のある映像を楽しむことができます。

 

3,600mAhの大容量バッテリー

Xperia 10 Ⅱの価格帯においては、3,600mAhのバッテリーは大容量でコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

 

電力を消費しやすい屋外での使用や、動画の視聴が多い人にはおすすめです。

 

有線・無線問わず高音質のオーディオ

3.5mmジャックを搭載しているので変換ケーブル不要でイヤホンやヘッドフォンが使用できます。

 

Bluetoothを仕様した無線環境では遅延が気になる人や、有線の音質にこだわる人には嬉しいポイントになるでしょう。

有線に限らず、無線でもハイレゾ音源の高音質をワイヤレスで転送できるLDACにも対応しているので、高音質で音楽が楽しめます。

 

しかし利用するにはLDACに対応したワイヤレスイヤホン・ヘッドホンと組み合わせる必要があるので、手持ちの機器に適応するかは確認が必要です。

 

ミドルレンジモデルのなかではリーズナブルな価格

同価格帯のスマホと比べて、高いコストパフォーマンスを誇っているのは、オーディオやカメラに強みを持つSONYの技術によるものでしょう。

低価格ながら非常にバランスの取れた性能のスマホです。

 

スマホの選び方のひとつとして、価格に対する各性能のバランスの良さを重視することは大切です。

Xpreia 10 IIはその点ではバランスの良い機種と言えるでしょう。

 

カメラ性能は控えめ?

広角、標準、望遠と3タイプのレンズを搭載したトリプルカメラ仕様です。

価格を考えると仕方のないことですが、写真のクオリティは上位モデルに比べると差がありそうです。

 

上位モデルに劣るポイントは大きく3つ。

 

・各レンズごとの撮影クオリティは、全体的に上位モデルよりは低め

・人物撮影のときに顔検出はされるが、「目」を認識する瞳AF機能は無し

・撮影スピードが遅い

 

しかし、価格を考えると甘んじて受け入れることができる範囲でしょう。

 

Xperia 10 IIと1 II/5/5 IIの比較

 

Xpreia 10 IIを同じシリーズの別機種のスペックと比較します。

 

Xperia 5 II Xperia 1 II Xperia 10 II Xperia 5
価格

(税込)

99,000円 43,780円 43,780円 64,900円
発売年月 2020年 10月 2020年 4月 2020年 6月 2019年 10月
通信機各区 4G/5G 4G/5G 4G 4G
液晶サイズ 約6.1インチ

有機ELシネマワイド(TM)ディスプレイ

約6.5インチ有機ELX1(TM)for mobile 約6.0インチ有機ELトリルミナスディスプレイ for mobileFull HD+ 約6.1インチ有機ELシネマワイド(TM)ディスプレイ
本体サイズ 約68mm×約158mm×約8.0mm 約72mm×約166mm×約7.9mm 約69mm×約157mm×約8.2mm(最厚部9.1mm) 約68mm×約158mm×約8.2mm
重量 163g 181g 151g 164g
OS Android10 Android10 Android10 Android9 pie
CPU Snapdragon 865 5G

Mobile Platform 2.8GHz/1+

2.4GHz/3+1.8GHz/4

Snapdragon 865 5G

Mobile Platform 2.8GHz/1+

2.4GHz/3+1.8GHz/4

Snapdragon 665

2.0GHz/4+

1.8GHz/4

Snapdragon 855

2.8GHz/1+

2.4GHz/3+1.7GHz/4

内蔵メモリ

(RAM/ROM)

8GB/128GB 8GB/128GB 4GB/64GB 6GB/64GB
バッテリー容量 4,000mAh 4,000mAh 3,600mAh 3,000mAh
ワイヤレス充電 不可 不可 不可
電池持ち時間 120時間(4G LTE) 約100時間(4G LTE) 135時間 105時間
カメラ・画質 メイン

16㎜(超広角):有効画素数約800万画素/F値2.2

26㎜(標準):有効画素数約1220万画素/F値2.0

52㎜(望遠):有効画素数約800万画素/F値2.4

フロント

有効画素数約800万画素/F値2.0

メイン

16㎜(超広角):有効画素数約1220万画素/F値2.2

26㎜(標準):有効画素数約1220万画素/F値1.7

52㎜(望遠):有効画素数約1220万画素/F値2.4

フロント

有効画素数約800万画素/F値2.0

メイン

16㎜(超広角):有効画素数約800万画素/F値2.2

26㎜(標準):有効画素数約1220万画素/F値2.0

52㎜(望遠):有効画素数約800万画素/F値2.4

フロント

有効画素数約800万画素/F値2.0

メイン

16㎜(超広角):有効画素数約800万画素/F値2.4

26㎜(標準):有効画素数約1220万画素/F値1.6

52㎜(望遠):有効画素数約800万画素/F値2.4

フロント

有効画素数約800万画素/F値2.0

本体色 ブラック/グレー/ブルー/ピンク ブラック/ホワイト ブラック/ホワイト/ミント/ブルー ブラック/グレー/ブルー/レッド

 

Xperia 10 Ⅱは軽量であることや価格の安さが魅力的ですが、ガジェット好きには上位モデルのスペックの高さに目が行くことでしょう。

 

同じXperiaシリーズでも、このように比較表にすることで価格とスペックが比例することがわかります。

スマホに何を求めるか、ユーザーによって異なりますので目的を明確にしてから自分に合った機種を探してみましょう。

 

Xperia 10 IIの評判

Xperia 10 Ⅱのスペックや特徴について解説してきましたが、ここからはTwitterでの口コミをいくつかご紹介します。

価格に対して性能が良いという意見が多い

 

Xperia 10 Ⅱは、Xperiaシリーズの中でも人気の機種のようです。

 

一部動作の遅延などに苦言を呈す声も

 

Xperiaの他の機種と比べるとカメラの性能は劣るため、実際に使ってみたら動作が遅くて使いづらかった……という意見も散見されました。

 

サイズ感を評価する声多数

 

総合的には、満足している人が多い印象です。

低価格であることと、国産メーカーならではの日本人の手に馴染むコンパクトなサイズ感が評価されています。

Xperiaシリーズのファンにとっては物足りないかもしれませんが、普段使いでは全く支障の無いスペックであることが口コミでもわかりました。

 

まとめ

Xperia 10 Ⅱについて詳しく解説いたしました。

一番の魅力はやはり低価格である点でしょう。

スペック面では万人受けするとは言い難いですが、信頼できる国内メーカーのスマホでこの価格なら、十分満足できそうです。

 

自身の求めるスペックを満たしているのであれば、ぜひ検討してみてください。