iPhone 12 Pro Maxのレビュー!スペックや価格など実際に使ってみた感想をご紹介

4モデルからなる「iPhone 12シリーズ」は、2020年11月に発売開始されました。

  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max

 

この記事ではその中から、最も高スペックなモデルとして注目を浴びたiPhone 12 Pro Maxについて詳しく解説いたします。

基本情報はもちろん、注目の最新機能、iPhone 12 Proとの違いまでご紹介します。

iPhone 12シリーズは2020年発売のモデルですが、人気はまだまだ健在です。その秘密を紐解いてみましょう。

 

iPhone 12 Pro Maxのスペックと価格

まずはiPhone 12 Pro Maxの基本スペックをご紹介いたします。

引用:Apple公式

機種名 iPhone 12 Pro Max
価格(税込)

※発売当時の金額です。

※2021年11月現在、Apple公式ストアでの取り扱いは終了しています。

128GB 117,800円

256GB 128,800円

512GB 150,800円

液晶サイズ 6.7インチ(対角)

Super Retina XDR

オールスクリーン OLEDディスプレイ

2,778 x 1,284ピクセル解像度、458ppi

本体サイズ 幅:78.1mm、高さ:160.8mm、厚さ:7.4mm
重さ 226g
カラー パシフィックブルー・ゴールド・グラファイト・シルバー

引用:Apple公式

各項目に関して詳しく解説していきます。

価格

iPhone12 Pro Maxの発売当時の本体価格は、容量別で

  • 128GB 117,800円
  • 256GB 128,800円
  • 512GB 150,800円

となっています。

512GBの15万円以上という価格は、当時のiPhoneシリーズにおいて最高価格となり、話題になりました。

本体サイズ

本体サイズ、画面サイズともに発売当時のiPhone史上最大となっています。

高スペックiPhoneの先行モデルである「iPhone 11 Pro max」よりも、高さが2.8mm、幅が0.3mm増え、代わりに厚みは0.7mm薄くなりました。

注目すべき大画面ディスプレイに関しては、後ほど詳しく解説いたします。

重さ

大画面ディスプレイと、当時の最先端CPU「A14 Bionicチップ」を搭載しておりながら、重量はiPhone 11 Pro maxと変わらず226gとなっています。

ちなみに、同時に発売されたiPhone 12シリーズの最小モデル「iPhone 12 mini」の重量は133gで、同じシリーズでありながら100g近い重量の差がありました。

カラーバリエーション

カラーバリエーションは、パシフィックブルー・ゴールド・グラファイト・シルバーの4色展開となっています。iPhone 12シリーズでは、iPhone 12 Proも同じ4色で展開がされました。

先行モデルiPhone 11 Pro maxのカラーバリエーションに引き続き、全体的に落ち着いた色味が多い印象ですが、その中で、「パシフィックブルー」という深い青色が新色として注目されていました。

iPhone 12 Pro Maxの特徴

ここまでiPhone 12 Pro Maxの基本スペックを紹介いたしましたので、ここからはさらに気になる特徴を掘り下げていきましょう。

 

iPhone 12 Pro Maxの気になる特徴は主に下記の3点です。

 

  • iPhone史上最大の大画面
  • カメラ性能が最高峰
  • 5G対応

 

では、こちらの3点について詳しく解説していきます。

iPhone 史上最大の大画面

基本スペックの説明でも触れた通り、iPhone 12 Pro Maxは6.7インチというiPhone史上最大の画面サイズを誇っています。

液晶ではなくOLED(有機EL)ディスプレイで、最大輝度も800ニトまで向上したためかなり明るく、鮮明な画面になっているのはiPhone 12 Pro Maxの特徴の一つでしょう。

これにより、ゲームや動画が大画面で楽しめるだけではなく、輝度が上がったことで直射日光の下でも画面が見やすいというメリットもあります。

ただし、大画面スマホには、手が小さい方にとっては操作がしづらいというデメリットが出てきてしまうため、現物を見ずにWeb上で注文をしてしまうと、想像よりも大きすぎた……と後悔してしまう可能性もあるので注意しましょう。

もしどのくらいの大きさか検討がついていないという方は、できれば店舗などで現物を確認してから購入を検討する方がおすすめでしょう。

カメラの性能が最高峰

iPhone 12 Pro Maxは、発売前からカメラ性能への期待が高まっていました。結果、その高い期待を裏切らない最高レベルのスペックのカメラが搭載されています。

 

3つのレンズのそれぞれの仕様は以下の通りです。

  • 超広角カメラ:​​ƒ/2.4絞り値と120°視野角
  • 広角カメラ:ƒ/1.6絞り値
  • 望遠カメラ:ƒ/2.2絞り値

 

どんなにレンズの性能が上がっても、軽いスマホでは動画や望遠撮影時にどうしても手ぶれしてしまうという悩みも、センサーシフト光学式手ぶれ補正の搭載によって改善されています。

また、写真データを一眼レフと同様のRAWデータで保存することができる「Apple ProRAW」にも対応。これによって、iPhoneで撮影した高画質な写真を、Adobeソフトなどで現像編集できるようになりました。

 

5G対応

4モデルからなるiPhone 12シリーズの最大の特徴は、なんといっても「5G対応」です。iPhone 12シリーズは、iPhoneにおいて記念すべき5G対応の1機種目となっています。

5Gとは、「超高速ダウンロード、高品質ストリーミング」を実現する次世代の通信規格のことで、現在はApple以外のスマホメーカーからも続々と5G対応スマホが発売されています。

ただし、5G対応のiPhone 12 Pro Maxを購入したからといって自宅ですぐに5Gが体験できるわけではないという点は注意が必要です。

まだ、5Gに対応していないエリアもあり、2021年12月現在も5Gエリアは随時拡大中となっています。

そのため、利用しているエリアがまだ5G未対応であれば、機種がいくら対応していても5Gを利用することはできないので覚えておきましょう。

 

しかし、今は5G対応エリアでなくても先ほどもお伝えしたようにエリアは随時拡大中のため、今後普及するであろう5Gが利用できる機種として、5G対応機種を選ぶユーザーは多いでしょう。

 

iPhone 12 Proとの違いは?

引用:Apple公式

iPhone 12 Pro Maxと同時に発売されたのは、「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro」の3機種です。その中で、Pro MaxとProの違いが気になった方も多いのではないでしょうか。

2つとも4色のカラーバリエーションと、「A14 Bionicチップ」を搭載したCPUのスペックは同じですが、最もわかりやすい大きな違いでいえば、本体のサイズでしょう。

そんなPro MaxとProのサイズの違いを表にまとめました。

 

iPhone 12 Pro Max iPhone 12 Pro 
高さ 160.8 mm 146.7 mm
78.1 mm 71.5 mm
厚さ 7.4 mm 7.4 mm
重量 226 g 187 g

 

iPhone 12 Pro Maxの本体の大きさは、人によってはデメリットとなり得ます。ディスプレイが大きすぎて画面の端まで指が届かなかったり、重さで手が疲れてしまう懸念があるためです。

そのためiPhone 12 Pro Maxのスペックは魅力的だけど、本体の大きさを理由に迷っている……という方には、iPhone 12 Proの方がおすすめかもしれません。

ただしバッテリーの容量と、手ぶれ補正、ズームの倍率はiPhone 12 ProよりもiPhone 12 Pro Maxの方が高性能であるため、選ぶときはそのことも留意してながら選ぶといいでしょう。

iPhone 12 Pro Maxを使ってみた実際の声

ここからは、iPhone 12 Pro Maxの実際のユーザーによる口コミをご紹介いたします。

口コミ1:手ぶれ補正による動画撮影がすごい!

 

手ぶれ補正は写真がぶれることを防ぐだけではなく、動画を滑らかに撮影できるというメリットもあります。

iPhone 12 Pro Maxなら、プロの撮影で使うジンバル(カメラを浮かせて振動や揺れを軽減する道具)がなくても、歩行による縦揺れがない動画の撮影が可能です。

口コミ2:カメラデータが重く、内蔵メモリを圧迫してしまう

 

ユーザーの中には、カメラの画質が良いためデータが重くなり内蔵データを圧迫してしまうという声もありました。こちらは、高性能なカメラならではのデメリットと言えるでしょう。

Androidのスマホと異なり、iPhoneにはSDカードといった外部メモリに対応していません。旅行先などで、高画質な写真を何百枚も撮影してしまうと、メモリがいっぱいになってしまうという可能性があります。

口コミ3:バッテリーの持ちが良くなった

 

 

カメラ性能以外にユーザーから高く評価されているのは、バッテリーの持ちの良さです。

本体サイズが大きくなったことによって、大画面が楽しめるだけではなく内蔵バッテリーの容量も増えています。

Apple公式のバッテリー性能によると、最大20時間のビデオ再生が可能となっているため、ポータブルバッテリー無しで、丸一日フル活用しても問題なさそうでしょう。

iPhoneは充電の持ちがあまり良くないというイメージを持たれがちですが、iPhone 12 Pro Maxはその常識を覆したようです。

まとめ

2020年11月に発売されたiPhone 12 Pro Maxについて、ご紹介いたしました。

先行モデルのiPhone 11から、高スペック機種として追加された「iPhone 12 Pro Max」シリーズの2機種目となり、発売前からそのカメラ性能の高さで大きな話題を呼びました。

本体代金が高価格帯であることと、本体サイズの大きさから、万人受けする機種とは言い切れませんが、iPhoneにはとことん高い性能を求めるという方にとって待望の機種であると言えます。

2021年12月現在は、後続モデルとなるiPhone 13シリーズが発売されています。

そのため、iPhone 12 Pro Maxは中古品などでお求めやすい価格になっている可能性もあるので、この機会にぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。