Google Pixel 4aの特徴は?スペックや基本情報を解説!

今回ご紹介する「Google Pixel 4a」は、現在販売されている「Google Pixel」シリーズの中でも1番価格が安い製品です。しかし、安いからといって機能が劣るわけではありません。「Google Pixel」シリーズで評価されているカメラ機能など、魅力的な機能をたくさん備えています。

この記事ではそんな「Google Pixel 4a」の気になるスペックや特徴、実際の口コミなどを詳しくご紹介します。

 

Google Pixel 4aのスペック

まずは、Google Pixel 4aのスペックや価格、本体サイズなどの基本情報を見ていきましょう。

引用:Google公式サイト

 

機種名 Google Pixel 4a
価格(税込) ¥42,900(税込)
容量 6 GB LPDDR4x RAM

128 GB ストレージ3

液晶サイズ フルスクリーン 147.6 mm (5.8 インチ) パンチホール付きディスプレイ

FHD+(1,080 x 2,340)OLED、443 ppi

本体サイズ 高さ 144 mm、幅 69.4 mm、奥行き 8.2 mm
重さ 143 g
カラー Just Black、Barely Blue

引用:Google公式サイト

 

価格

「Google Pixel 4a」の価格は42,900円(税込)です。

上位モデルの「Google Pixel 4」(販売終了)は89,980円(税込)なので、半額以下の価格となっており、現在販売されている同じaシリーズの「Google Pixel 5a」は51,700円(税込)なので、aシリーズと比べても1番コストパフォーマンスのよい価格になっています。

 

液晶サイズ

液晶サイズは、前面のギリギリまで広がる147.6 mm (5.8 インチ) です。

フロントカメラは極小のパンチホール型ノッチに収められているので、上部のベゼルも非常に狭くなっています。

シリーズの中で1番コンパクトサイズの「Google Pixel 4a」ですが、液晶サイズはギリギリまで大きく広がっている印象で、本体サイズほどの小ささを感じさせません。

 

本体サイズ

引用:Google公式サイト

 

本体サイズは高さ 144 mm、幅 69.4 mm、奥行き 8.2 mmです。

現在販売されている「Google Pixel 5a(5G)」「Google Pixel 6」「Google Pixel 6 Pro」と比べても、1番コンパクトで軽くなっています。近年、サイズの大きいスマートフォンが増えている中で、片手で画面の端まで手が届くサイズのものはやはり操作しやすく、その使いやすさからコンパクトなスマートフォンを選ぶ方は多いようです。

 

重さ

重さは143gで、サイズに加え重さも現在販売されているシリーズの中で1番軽くなっています。スマートフォンは日常的に持ち歩き、長時間手に持っていることが多いでしょう。そのため、スマートフォンが軽ければ手が疲れることも減るのでおすすめです。

カラーバリエーション

引用:Google公式サイト

 

カラーはJust BlackとBarely Blueの2色展開です。どちらもシンプルで使いやすいカラーとなっています。

もちろんそのまま使っても問題ないくらい綺麗なカラーですが、公式では「Google Pixel 4a」用のファブリックケースも販売されています。ファブリックの優しい質感と洗練されたデザインで、より満足のいくスマートフォンとなるでしょう。

 

Google Pixel 4aの特徴

「Google Pixel 4a」の特筆すべき特徴は4点あります。

 

  • 高性能カメラ
  • 自動調整バッテリー
  • 音声認識が可能
  • 最新のOSやセキュリティのアップデートに対応

 

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

高性能カメラ

引用:Google公式サイト

 

「Google Pixel 4」(販売終了)はデュアルカメラでしたが、「Google Pixel 4a」は望遠カメラが取り払われ、シングルカメラになりました。

しかし、「シングルカメラでここまで綺麗な写真を撮ることができるのか」という称賛の声が多く見られ、解像度などの違いは他のGoogle Pixelシリーズと比較してもまったくわからないレベルです。また、逆光でも被写体が明るく撮れる「HDR+」、低照度でも明るくてノイズのない「夜景モード」に関しても性能は上位版であるGoogle Pixel 4にも劣っていません。ただし、望遠カメラがないのでズーム撮影は他のシリーズと比べるとやや劣ってしまいますが、それでも2〜3倍くらいまでのズームであれば、画質が大きく劣化することもなく綺麗に撮れるでしょう。

 

自動調整バッテリー

自動調整バッテリーは、バッテリー消費を効率化して電池を長持ちさせてくれる機能です。

自動調整バッテリーをオンにしておくと、使用頻度の低いアプリは使っていない間の実行回数を減らすことができ、バッテリーを長持ちさせてくれます。

また、時間の経過とともにユーザーによるアプリの使用パターンを学習するので、個々のユーザーに合わせて電池を節約できるようになるのはとても便利な機能でしょう。

追加設定などは不要で、「自動調整バッテリー」のスイッチをONにしていれば自動的にバッテリー消費を効率化してくれます。

 

音声認識が可能

「Google Pixel 4a」では、音声認識機能でGoogle アシスタントが使えます。

「OK Google」という起動時の掛け声はCMや広告で目を見にした事がある人も多いでしょう。

「OK Google」と話しかけると、テキストメッセージを送る、電話をかける、調べ物をする、ルートを検索するなど、声だけでさまざまな操作を行えます。

また、Googleアシスタント対応家電などと組み合わせれば、エアコンのオン・オフやテレビのチャンネル切り替えなども、話しかけるだけで行えます。

Googleアシスタントを有効活用することで、スマートフォンの使用時だけでなく、生活がもっと便利で快適になるでしょう。

 

最新のOSやセキュリティのアップデートに対応

引用:Google公式サイト

 

「Google Pixel 4a」は最新のOSやセキュリティのアップデートに対応しています。

セキュリティ面では、Google Pixel 専用に開発された Titan Mセキュリティ チップがOS と機密データを保護します。

また、Google Pixelシリーズでは「長期間のアップデート」が保証されており、Google Pixel 4aは発売日から最低でも3年間(※2023年8月まで)は、「セキュリティアップデート」および「Androidバージョンアップデート」がGoogleから直接提供される事になります。Googleの最新機能を堪能出来るのは大きなメリットの一つでしょう。

 

Google Pixel 4aを使ってみた実際の声

ここまでは「Google Pixel 4a」のスペックや特徴などを紹介しましたが、実際の使用感はどうなのか気になる方は多いと思います。そこで今回はtwitterからユーザーの声を集めてみました。

実際に使ってみた人の口コミはどんなものが多いのかを見てみましょう。

 

口コミ1 操作しやすいサイズ感が人気

 

片手で操作しやすいサイズ感と軽さが人気の「Google Pixel 4a」。

口コミでも、手になじむサイズ感と軽さ、使いやすさについての嬉しい声が多く上がってきていました。やはり手の小さい方からの人気が高いようです。

 

口コミ2 バッテリーの持ちにやや難あり……?

 

「Google Pixel 4a」のバッテリー容量は3,140mAhで、最近のスマートフォンの中では少ない部類に入ります。自動調整バッテリー機能を使うことで消費を抑えることができますが、バッテリーの持ちがあまり良くないとの声も見られました。

 

口コミ3 誰もが納得のカメラ機能

 

写真機能の良さに多数、驚きの声が見られました。「Google Pixel 4a」のカメラは HDR+ や夜景モードなど豊富な機能を備えています。口コミでは実際にミラーレスカメラと撮り比べている方もいました。高価なカメラがなくても感動的な写真を撮影できるのは、現代において必要とされているスマートフォンの特徴といってもいいでしょう。

 

まとめ

今回は「Google Pixel 4a」についてご紹介しました。

「Google Pixel」シリーズの中でも特にお手ごろな価格の「Google Pixel 4a」ですが、上位モデル「Google Pixel 4」と同等の高性能カメラに加え、ミドルハイ級のスペックに軽量・コンパクトボディを備えたコストパフォーマンスにすぐれたモデルだということが、おわかりいただけたと思います。

コンパクトで操作しやすいサイズ感は、男女問わず人気のポイントとなっており、また、カメラが高性能なので、写真の撮影時にもその軽さと持ちやすさがさらにメリットとなるでしょう。

「Google Pixel 4a」購入を検討の際は、ぜひこの記事も参考にしてみてください。