「ASUS」ZenFone 7のレビュー!フリップカメラが面白い!

「ZenFone 7」は、2020年10月23日に日本国内で発売されました。アウトカメラとインカメラの両方の性質を持つトリプルフリップカメラを搭載しているので、風景も自撮りも最高画質で撮影することができます。その他にも長時間駆動や高速5G通信など、魅力的な点が多いハイエンドスマートフォンです。この記事では、気になるスペックから実際に使ってみたレビューまで、詳しくご紹介します。

 

ZenFone 7のスペック

引用:ASUS公式

 

まずは「ZenFone 7」のスペックからご紹介します。

 

  • 価格
  • 液晶サイズ
  • 本体サイズ
  • 重さ

 

それでは見ていきましょう。

 

価格

価格は ASUSオンラインストアで83,380円 (税込)でしたが、現在は既に販売終了となっています。

Amazonの日本正規代理店品は64,800円でした。現在は最新機種の「ZenFone8」の販売に伴い値下げされているようです。

他にもmineoなどの格安SIM会社でも販売されているので、SIMも一緒に契約したい方はチェックしてみましょう。

 

液晶サイズ

液晶サイズは6.67インチの大画面で、AMOLEDディスプレイが採用されています。

解像度は2,400×1,080ドットでフルHDに対応しているので、圧倒的な没入感と鮮やかで美しい画面表示が実現しました。

また、野外でも見やすい700nitsの画面なので、いつどこでも快適にスマートフォンの使用や動画視聴が楽しめます。

 

本体サイズ

本体サイズは、高さ 約165mm × 幅 約77.2mm × 奥行き 約9.6mm となっています。

サイズとディスプレイは先代の「ZenFone 6」よりやや大きくなっており、大型のスマートフォンとなっています。

 

重さ

重さは約235gです。

最近のスマートフォンは重量が200g以下のものが多いので、平均的に見ると重い部類になっています。

軽いスマートフォンを使っていた方は、慣れるまで時間がかかるかもしれません。

 

カラーバリエーション

引用:ASUS公式

 

カラーバリエーションは、「オーロラブラック」と「パステルホワイト」の2色です。

手にフィットするガラス製の背面は、光と影によって表情が変わる仕様になっています。

「オーロラブラック」は、光が当たると全体が青っぽく輝く高級感のあるカラー、「パステルホワイト」は柔らかなパステルカラーのグラデーションが美しいカラーとなっています。

 

ZenFone 7の特徴

引用:ASUS公式

 

「ZenFone 7」には、5G通信に対応した最新のCPU「Qualcomm Snapdragon 865」 が搭載されており、スマートフォンを使用するあらゆる作業を軽快にこなすことができます。大容量バッテリーを搭載したことで、長時間のバッテリー駆動時間も実現しました。

また、スマートキーと指紋認証センサーが電源ボタンに統合されたので、その全てを1つのボタンで操作出来るのも人気の理由のひとつです。本体を手で持ち上げると同時に本体ロックを解除することができ、日々の生活の中でスマートかつ簡単に使用できるでしょう。

ここでは、特に魅力的な点をご紹介します。

 

フリップカメラ搭載

引用:ASUS公式

 

「ZenFone 7」の大きな特徴は、アウトカメラを反転させてインカメラとしても使える、フリップカメラが搭載されていることです。

カメラ部分が回転することで、高画質な自撮りやダイナミックなパノラマ写真も撮れる「トリプルフリップカメラ」は、他のスマートフォンにはない世界初のギミックとなっています。

操作も簡単で、アイコンをタップするだけでフリップカメラを収納したり、よく使う角度を3つ登録し、ワンクリックで呼び出してカメラアングルを自由に選ぶことができます。

また、高解像度と超広角レンズで、ほかのどんなスマートフォンよりも高解像度で自撮りを行うことができます。ゆがみを補正する機能を搭載しているので、広角撮影時でもゆがみのない写真を撮ることができます。

さまざまな機能により、今までにない個性的な作品を撮ることが可能となりました。

 

高リフレッシュレート対応

引用:ASUS公式

 

リフレッシュレートは、高ければ高いほど滑らかな映像体験を得ることができます。一般的なスマホのリフレッシュレートは平均60Hzほどですが、「ZenFone 7」は、90Hzのリフレッシュレートと1msの応答速度により、流れるような滑らかさを実現しています。

スクロール操作などの普段のスマートフォン操作はもちろん、ゲームなどの動きの滑らかさは素晴らしいものとなっており、ゲーマーにもおすすめのモデルです。

また、画面の明るさを落とした場合に起こる画面のチラツキを抑えるために、DC調光技術1も搭載し、より美しく使いやすいディスプレイになりました。スマートフォンの使用がより軽快で快適なものになるでしょう。

 

ZenFone 7proとの違いは?

「ZenFone 7 Pro」は、「ZenFone 7」よりも15,000円ほど価格が高い上位モデルとして同時に発売されました。サイズや見た目に違いはなく、主な違いは処理パフォーマンスとカメラの仕様です。

「ZenFone 7 Pro」はCPUがハイスペックモデル主流の「Snapdragon 865 Plus」なので、CPUの最大動作周波数とGPU性能が10%アップし、Wi-Fiの通信速度も上がっています。

 

カメラ機能に優れた「ZenFone 7」ですが、「ZenFone 7 Pro」はさらにメインの広角カメラに4軸の光学式手ブレ補正(OIS)が搭載されています。

また、ストレージ容量が「ZenFone 7」は128GBに対し、「ZenFone 7 Pro」は2倍の256GBと大容量です。

カメラ機能をさらに重視する方やゲーマーにおすすめのモデルでしょう。

 

ZenFone 7を使ってみた実際の声

ここまでは「ZenFone 7」のスペックや特徴をご紹介しましたが、実際に使った方の口コミも気になると思います。

今回はTwitterからメリットとデメリットの両方の口コミを集めました。ぜひ参考にしてみてください。

口コミ1 フリップカメラが楽しい!

 

他のスマートフォンにはないフリップカメラを楽しんでいる方の声が多く見られました。

インカメラは画質が低いものが一般的ですが、「ZenFone 7」自撮りでも高画質で撮ることができます。「HyperSteadyモード」をオンにして撮影すれば、動きが激しい時の自撮りでも驚くほど滑らかに撮影できますし、超広角撮影も行えるので見切れることなく友達皆で自撮りすることができます。

景色も自撮りも同じように楽しむことができるモデルとなっています。

 

口コミ2 重量が唯一の難点

 

カメラ機能や大容量バッテリー、長時間駆動、高速5G通信など、優れた点をたくさん持ち合わせた「ZenFone 7」ですが、大型サイズのため重量が重いという声が唯一の難点のようでした。ここ最近はスマホの大型化が進み、このZenFone7も200gを超えているので、やはり普段使いには重いと感じる方が多いかもしれません。

 

口コミ3 マスクをしていても目のみで顔認証可能

 

新型コロナウイルスの流行でマスク生活が当たり前となった現在では、顔認証が通らず外で使いにくく不便……といった声が多く見られますが、「ZenFone 7」の顔認証はマスクをしていても目のみで解除可能です。

お店の中や電車内など、人がたくさんいる場でも快適にスマートフォンを使うことができます。「ZenFone 7」には顔認証と指紋認証の両方がそなわっているので、セキュリティ面も安心です。

 

まとめ

今回は「ZenFone 7」についてご紹介しました。機能面に加え、グラデーションカラーや外観デザインも美しく、カメラ部分が180°回転する特殊なギミックに魅力を感じる方も多いのではないでしょうか。

非常に優れたスペックを持った「ZenFone 7」ですが、現在は最新モデル「ZenFone8」の販売に伴い値下げされているので手に入れやすいモデルとなりました。購入を検討の際は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。