iPad Air 新型はいつ発売される?iPad Proのスペックと比較

iPad Air の第一世代から見てみよう

まずは、iPad Air の第一世代からスペックを見てみましょう。

 

初代iPad Airのスペック詳細は下記の通りです。

 

画面サイズ 9.7インチ
高さ:幅:厚さ 240mm:169.5mm:7.5mm
重量(Wi-Fiモデル/Cellularモデル) 469g/478g
CPU A7チップ
解像度 2,048 x 1,536ピクセル、264ppi
ストレージ容量 16GB/32GB/128GB
メモリ容量 非公開
カラーバリエーション シルバー、スペースグレイ
価格 51,800円(税込)〜

 

今では、高い性能さを感じなくなってしまった初代iPad Airですが、発売当時は中〜高性能モデルとして販売していました。次に、最新モデルである第4世代のスペックを見てみましょう。

 

第4世代、iPad Air 4のスペック詳細は下記の通りです。

 

画面サイズ 10.9インチ
高さ×幅×厚さ 250.6mm:174.1mm:6.1mm
重量(Wi-Fiモデル/Cellularモデル) 458g/460g
CPU Neural Engineを搭載した

A14 Bionicチップ

解像度 2,360 x 1,640ピクセル、264ppi
ストレージ容量 64GB/256GB
メモリ容量 非公開
カラーバリエーション シルバー、スペースグレイ、ローズゴールド、グリーン、スカイブルー
価格 69,080円(税込)〜

 

上記の通り、初代iPad Airと最新モデルであるiPad Air 4ではさまざまな面で変化していることがわかります。以下の表に簡単にまとめました。

 

・iPad Airの初代モデルが第4世代モデルまでに変化した点

 

画面サイズ 大型化している
高さ×幅×厚さ より大きく、より薄くなっている
重量 わずかに軽量化している
CPU より高性能チップが使われている
解像度 ピクセル数が増えて、より高精細になっている
ストレージ容量 選択肢が減ったものの、より大容量の256GBを選べるように
メモリ容量 同じく非公開のまま
カラーバリエーション 種類が増加している
価格 増額している

 

新型iPad Airも同じような傾向にある可能性が高く、iPad Air 5では、iPad Air 4と比較して、さらに高スペックな製品が出るのは間違いないといえるでしょう。

iPad Air 新型は2020年10月23日発売

iPad Air 4は、新型モデルとして2020年10月23日に発売されました。

ここでは、iPad Air 4でカスタマイズした内容ごとに、値段、どんな人におすすめなのかを紹介していきます。今回紹介するのは、下記の4通りです。

 

  • iPad Air (4th generation) with Wi-Fi/64GB 
  • iPad Air (4th generation) with Wi-Fi/256GB
  • iPad Air (4th generation) with Wi-Fi + Cellular/64GB
  • iPad Air (4th generation) with Wi-Fi + Cellular/256GB

 

それでは、順番に紹介していきましょう。

iPad Air (4th generation) with Wi-Fi/64GB 

ストレージ容量 64GB
対応通信 Wi-Fi
値段 60,980円

 

こちらのモデルは、最も安いのが特徴です。そのため、安い値段でiPad Airを手に入れたい人におすすめとなっており、普段からネットサーフィンや動画鑑賞がメインの人なら十分満足できます。また、Wi-Fi環境がないとインターネット接続はできないので注意が必要です。

iPad Air (4th generation) with Wi-Fi/256GB

ストレージ容量 256GB
対応通信 Wi-Fi
値段 87,780円

 

こちらのモデルは、ストレージ容量が大きいものの、上記で紹介した64GB同様Wi-Fi環境がないとインターネット接続はできません。作業場所が自宅メインで、映像制作や動画編集などのサイズの大きいデータを扱う人におすすめのモデルです。

iPad Air (4th generation) with Wi-Fi + Cellular/64GB

ストレージ容量 64GB
対応通信 Wi-Fi + 携帯電話回線
値段 85,580円

 

こちらのモデルは、ストレージ容量は少ないものの、携帯電話回線により、どこでもインターネットに接続できます。

そのため、データの小さいテキストファイルや、画像ファイルを扱うビジネスマンにおすすめです。Wi-Fi環境がない外出先でも、調べ物やクラウドデータのやり取り、Web会議が快適にできます。

iPad Air (4th generation) with Wi-Fi + Cellular/256GB 

 

ストレージ容量 256GB
対応通信 Wi-Fi + 携帯電話回線
値段 104,280円

 

こちらのモデルは、ストレージ容量も大きく、携帯電話回線によりどこでもインターネット接続できる最大スペックを誇ります。値段は高いものの、iPad Airのスペックを最大限に高めた製品です。

 

そのため、外出先でも重たいデータを扱うクリエイターにおすすめです。Wi-Fi環境のないカフェや公共施設、電車や新幹線でも調べ物や作業を快適に行なえます。

 

また、クリエイター以外でも、数年レベルでタブレットを使用する人におすすめです。たくさんのデータを蓄積でき、自由度も高いのでやれることが多いので、長い期間で見ても有効活用できます。

iPad Proは2021年発売決定

iPad Proの新型モデル「iPad Pro 5」は、2021年5月21日に発売が開始しました。そこで、iPad ProとAirのスペックを比較して、どちらを買うべきなのか検討してみましょう。

AirのスペックとProのスペックを比較

 

ここでは、iPad Pro 5のスペックを紹介します。iPad Air 4、前機種のiPad Pro 4、iPad Pro 5のスペックを比較した結果は、下記の通りとなっています。

 

iPad Air 4 iPad Pro 4 iPad Pro 5
画面サイズ 10.9インチ 12.9インチ 12.9インチ
高さ×幅×厚さ 250.6mm:174.1mm:6.1mm 280.6mm:214.9mm:5.9mm 280.6mm:214.9mm:6.4mm
重量(Wi-Fiモデル/Cellularモデル) 458g/460g 641g/643g 682g/684g
CPU Neural Engineを搭載した

A14 Bionicチップ

次世代のNeural Engineを搭載したM1チップ 次世代のNeural Engineを搭載したM1チップ
解像度 2,360 x 1,640ピクセル、264ppi 2,732 x 2,048ピクセル、264ppi 2,732 x 2,048ピクセル、264ppi
ストレージ容量 64GB/256GB 128GB/256GB/512GB/1TB 128GB/256GB/512GB/1TB/2TB
メモリ容量 非公開 非公開 非公開
カラーバリエーション シルバー、スペースグレイ、ローズゴールド、グリーン、スカイブルー シルバー、スペースグレイ シルバー、スペースグレイ

 

大きな違いは「CPU」と「カラーバリエーション」です。

 

iPad Proは、アップルが自社開発・製造し、2020年新型MacBookにも搭載したM1チップを採用しています。そのため、iPad ProとAirの性能差は、さらに広がったと予想されます。

 

iPad Airの強みは、カラーバリエーションの豊富さです。「スカイブルー」と「グリーン」はAirにしかないので、この2色を購入する場合は、iPad Airを選ぶべきでしょう。

 

以上から、それぞれのモデルがおすすめな人は、下記の通りです。

 

iPad Proがおすすめな人 iPad Airがおすすめな人
・より高性能なタブレットが求める人

・M1チップ搭載のiPadが欲しい人

・高負荷なゲームや重たいクリエイティブ作業をメインに使う人

・値段と性能のバランスが良いタブレットが欲しい人

・カラーが「スカイブルー」または「グリーン」のiPadが欲しい人

2021年iPad Air情報

最後に2021年に出回っている、新型iPad Air「iPad Air 5」のリーク情報を紹介します。2021年6月現在、台湾のDigiTimesによると、下記の情報があがっています。

 

  • 画面:有機ELディスプレイ搭載
  • CPU:A15 Bionic
  • メモリ容量:6GB
  • バッテリー駆動時間の向上
  • 発売は2022年の序盤(3月頃という情報も)

 

情報の正確性は定かではありませんが、大きな情報は得られていません。

唯一気になる点は、CPUは「A15 Bionic」になるとの情報です。

M1チップが開発された今、A15チップを採用するのが、プラスになるのか?マイナスと出るのか現時点では、わかりませんが、M1チップであれば、すでにMacBookに搭載され、高い評価を得ています。

アップルが新型iPad AirにM1チップとA15 Bionicチップのどちらを選ぶのか、今後も、注目していきましょう。

まとめ

本記事ではAppleの「iPad Airシリーズ」の新型について解説・考察しました。最後に大切なポイントをおさらいしましょう。

 

  1. iPad Airは、初代から第4世代にかけて大きく進化しており、新型の第5世代でも各種性能の向上が期待できる
  2. 現状の最新モデルiPad Air 4を買いたい人は、用途や予算に応じたカスタマイズ内容を選ぶべき
  3. 新型iPad Proも販売を開始しているので、新型Airを待つのではなくProを選択するのも視野に入れること

 

残念ながら、iPad Airの新型モデルの情報は少なく、開発も進んでいない可能性が高いですが、iPad Proの売れ行き次第では、今後、M1チップを搭載したコスパ抜群の、iPadAirが誕生する可能性もあるのでそれを期待しておきたいところです。