Androidタブレット の魅力って?おすすめする理由をご紹介

ipadよりも安価で、種類が多い人気のAndroidタブレット。ビジネスにもプライベートにも便利に使えるので、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。

ですが、Androidタブレットは毎年たくさんの種類が発売されているため、「どれを選べばいいか分からない」「どれが自分に合っているの?」と迷ってしまう方も多いはず。

そこで、今回はAndroidタブレットの魅力から選び方、さらに用途別のおすすめAndroidタブレットをご紹介いたします。

Androidタブレットの魅力とは?

Androidタブレットには魅力がたくさんあります。

  • 画面が大きい
  • Androidスマートフォンと連携できる
  • Microsoft社のOffice for Androidが使える

Androidタブレットが持つ最大の魅力はなんといっても画面が大きいことです。

動画を見れば大迫力で楽しむことができ、ゲームをすればスマートフォンよりも見やすく操作しやすいです。

さらに、Androidスマホと連動性が非常に高いので、Googlアカウントを連動させればスマートフォンの延長として利用できます。Microsoft社のOffice for Androidが使えるのも魅力で、これらのソフトが使えるようになるとビジネスタブレットとしても大活躍するでしょう。

このように、Androidタブレットには多方面から見ても魅力の多い製品です。

 

Androidタブレット の選ぶ4つのポイント

たくさんあるAndroidタブレットの中からより良い商品を選ぶためには、4つのポイントに着目します。

  • 画面のサイズ
  • メモリ容量
  • 接続方法
  • 機能

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

 

ポイント①画面のサイズ

 

まず迷いやすいのが画面のサイズです。利用するシーンに合わせて、大きすぎず、小さすぎないものを選びたいところ。

小さいものは7〜8インチで、スマートフォンよりも大きいものの、片手に収まるサイズです。このサイズは漫画・電子辞書をみたりするのにぴったりとなっており、逆に動画を見たい・仕事で使用したいという場合は、10インチ以上がおすすめです。

業務用タブレットPCは、10インチ以上のものが売れ筋となっています。

参考:法人向け(ビジネス)のタブレットPC 人気売れ筋ランキング(2021年6月現在)

業務で使用するタブレットは大き目のものが選ばれる傾向にあるようです。

ポイント②メモリ容量

スマートフォン同様、タブレットもメモリの容量で快適さが変わります。

容量には2つの種類があります。

  • メモリ容量
  • 記憶容量

メモリ容量とはストレージの空きを表します。この数が大きいほど複数のアプリを立ち上げてもスムーズにタブレットを使用できます。最低でも2GB以上あれば、問題なく使用できるでしょう。

記憶容量とは、メモリやハードディスクに保存できる容量です。これもGBやMBで表されることが多く、タブレットをスムーズに利用するには32GB以上の記憶容量があると安心です。よりサクサク使用したい場合は、64GB以上がおすすめでしょう。

 

ポイント③接続方法

タブレットの接続方法は主に2つです。

  • Wi-Fi
  • SIMカード

タブレットはどれもWi-Fiで利用することが前提で作られています。そのため、多くのタブレットはメーカーに限らずWi-Fiをつないで利用できるように作られています。

しかし、最近ではスマートフォンと同様にSIMカードを入れることで、どこでも利用することが可能となりました。これによって、Wi-Fiの環境がなくてもインターネットにつなげられるので、使用する場所を問いません。SIMカードの月額料金は必要になりますが、外出先でネットを多く使う人にはSIMタイプがおすすめです。

 

ポイント④機能

タブレット選びで最も大切になってくるのが「機能」です。タブレットはスマートフォンに比べると高機能ですが、パソコンと比べると能力はどうしても衰えます。さらに、同じAndroidのタブレットでも、メーカーや金額によって機能は大きく異なります。

 

ハイスペックAndroidタブレットのおすすめはコレ

Androidタブレットの選び方はたくさんあります。ここでは、スペックを重要視して選んだおすすめのタブレットを2種類ご紹介します。

 

おすすめ1 NECパーソナルコンピュータ「LAVIE T11 T1195/BAS」

価格(税込) 65,780円〜
画面のサイズ 11.5インチ
ストレージ 128GB
CPU Snapdragon 730G 
クロック周波数 8コア、2.2GHz
メモリ 6GB
接続方法 Wi-Fi
SIMフリー機能 なし

引用:NEC LAVIE公式サイト

NECから発売されているAndroidのタブレットです。

価格は6万円以上と高価ではありますが、11.5型ワイド有機ELと8コアプロセッサーが搭載されているハイスペックな作りが特徴。

パソコンと同じようにマルチウィンドウ化ができるので、仕事で利用するのに最適です。

充電容量は8,400mAh、バッテリー稼働時間は15.6時間と長いので、1日充電をしなくても安心してタブレットを使用できます。ただし、W i-Fiにしか対応をしていないので、外出先にはポケットWi-Fiを一緒に持ち運ぶ必要があるでしょう。

おすすめ2 HUAWEI「MediaPad T5 10」AGS2-W09

価格(税込) 19,100円
画面のサイズ 約10.1インチ
ストレージ 16〜32GB
CPU HUAWEI Kirin 659 オクタコア
クロック周波数 4 x 2.36 GHz + 4 x 1.7 GHz
メモリ 3〜6GB
接続方法 Wi-Fi・SIM
SIMフリー機能 あり

引用:HUAWEI Amazon公式サイト

 HUAWEIから発売されている、高性能とシックなデザインを兼ね備えたハイスペックなタブレットです。

フルHDを超えるディスプレイや、高生産性ステレオスピーカーが搭載されてるのが特徴。

色はブラックとアイスブルーの2色展開で、ブラックのタブレットはWi-FiモデルとSIMモデルがあります。

ストレージが少ないと感じる人もいますが、SDカードを挿入することで最大256GBまで拡張することができるので、問題なく使用できるでしょう。

コスパ最強Androidタブレットのおすすめはコレ

Androidのタブレットは、iPadなどに比べて価格の安いものを手に入れることができます。

ここでは、コスパ最強の2種類をご紹介します。

 

おすすめ1 レノボ・ジャパン「Lenovo Tab B10 ZA4G0160JP」

価格(税込) 13,306円
画面のサイズ 約10.1インチ
ストレージ 16GB
CPU Qualcomm Snapdragon 429 クアッドコア プロセッサー 
クロック周波数 2.00GHz
メモリ 2GB
接続方法 Wi-Fi
SIMフリー機能 なし

引用:Lenovo公式サイト

レノボジャパンから発売されたAndroidタブレットです。

家族で使いやすいタブレットとして人気があり、約14,000円とコスパに優れています。

前面に2つのスピーカーとDolby Audio™機能が搭載されているので、動画などを見るのに最適なタブレットです。

キッズモードも搭載されており、子どもだけの使用も安心できます。

ストレージは16GBと少なめですが、外部SDを入れることで最大256GBまで拡張が可能です。

おすすめ2 Amazon 「Fire HD 8 タブレット ブラック (8インチHDディスプレイ) 32GB」

価格(税込) 5,680円
画面のサイズ 8インチ
ストレージ 32GB・64GB
CPU 2.0GHz クアッドコアプロセッサ
クロック周波数 2.00GHz
メモリ 不明
接続方法 Wi-Fi
SIMフリー機能 なし

引用:Amazon通販サイト

Amazonのサービスに特化したタブレットです。価格は驚異の10,000円以内ですが、機能は価格以上のものが搭載されています。

動画は主にアマゾンプライムが中心で、ほかにもWeb検索や読書・音楽などを楽しむことが可能です。

購入から90日間の保証も付いているので、試しにAndroidタブレットを使ってみたいという人にもおすすめです。

 

SIMフリーAndroidタブレットのおすすめはコレ

資料を見せるためやメモをとるためなど、外出先でもタブレットを使いたい、という方も多いのではないでしょうか。

外出先でもSIMカードを差し込めば利用できるタブレットを2つご紹介いたします。

おすすめ1 ALLDOCUBE 「iplay 40 Pro」

価格(税込) 31,999円
インチ 10.4インチ
ストレージ 128GB
CPU UNISOC Tiger T618
クロック周波数 2.0GHz+1.8GHz
メモリ 8GB
SIMフリー機能 あり

引用:Amazon

 

中国のタブレットメーカー「ALLDOCUBE」が販売しているAndroidタブレットです。

CPUは、UNISOC Tiger T618という中間~高性能をスペックを有するプロセッサーが搭載されています。

ストレージ容量も余裕があるため、ビジネスシーンでも問題なく利用できるでしょう。

 

おすすめ2 Lenovo 「Yoga Smart Tab」

価格(税込) 28,480円
画面のサイズ 10.1インチワイドIPSパネル
ストレージ 32GB・64GB 
CPU 8コアオクタコア
クロック周波数 2.0 GHzクアッドコア+1.45 GHzクアッドコア
メモリ 3GB
接続方法 Wi-Fi
SIMフリー機能 あり

 

引用:Lenovo Yoga Smart Tab │Lenovo 公式サイト

 

Lenovo Yoga Smart Tabは、角度を4モードで固定できるキックスタンドと、FHD IPS液晶やJBL®ステレオスピーカーなどの機能がついているタブレットです。

Googleアシスタントを搭載しているので、声をかけるだけでさまざまな操作ができるのが特徴。

SIMフリーでも利用可能なので、外出先で利用することも可能です。

Androidタブレット用途別にご紹介

次は、

  • ビジネス向け
  • 子供向け
  • ゲーム・アプリ向け

の3つの用途に合わせたタブレットをご紹介いたします。

ビジネス向け|ファーウェイ(Huawei) 「MediaPad M5 lite 8」

価格(税込) 46,000円
画面のサイズ 8.0 インチ
ストレージ 64GB 
CPU HUAWEI Kirin 710 オクタコア
クロック周波数 4 x 2.2 GHz + 4 x 1.7 GHz
メモリ 4GB
接続方法 Wi-Fi・LTE
SIMフリー機能 あり

 

引用:MediaPad M5 lite 8│Amazon公式サイト

 

MediaPad M5 lite 8は、HUAWEI Kirin 710を採用しています。8インチの高精細ディスプレイ搭載でコンパクトで持ち運びにも最適なサイズですのでビジネスにもぴったりです。

スクリーンショットも片手で撮れるという便利性もあります。

さらに、外部ストレージとしてマイクロSDカードスロットを搭載しているので、たくさんの動画を持ち運ぶことができるのも嬉しいポイントです。

出張などの移動中にお気に入りの動画をみることができます。

バッテリーも5,100mAhと大容量なので、途中で充電が切れることも気にせずに観れます。また、音楽好きな人は、HUAWEI Histen 5.0によって本格的な音楽を聞くことができるでしょう。

 

子ども向け|レノボ・ジャパン「Lenovo Tab M8」

価格(税込) 26,294円
画面のサイズ 8.0 インチワイドIPSパネル
ストレージ 16GB 
CPU MediaTek Helio A22 Tab クアッドコア
クロック周波数 2.0GHz
メモリ 2GB
接続方法 Wi-Fi
SIMフリー機能 なし

 

引用:Lenovo Tab M8│Lenovo公式

 

Lenovo Tab M8は8インチタブレットでOSにはAndroid9.を搭載しており、8.15mmの薄さで手に馴染みやすいスタイリッシュなタブレットです。

大容量のバッテリー搭載によって、最大約12時間の長時間にも対応しており、ゲームなども電池切れを気にすることなくプレイできます。

また、目に優しいブルーライト低減機能も備わっているので、お子さんが長時間ゲームで遊んでもストレスなくタブレットを使用できます。

鮮やかな映像と臨場感のあるサウンドでゲームや映画を楽しむことができるよう、Dolby Audio対応のオーディオ機能を搭載しています。

2.0GHzのクアッドコア採用でゲームやアプリなどもスムーズなので快適です。

ゲーム・アプリ向け| TECLAST「Teclast M40」

価格(税込) 24,900円
画面のサイズ 10.1 インチスタンディングスクリーン
ストレージ 128GB 
CPU UNISOC T618 オクタコア
クロック周波数 2.0GHz
メモリ 6GB
接続方法 Wi-Fi
SIMフリー機能 あり

 

引用: Teclast M40│Amazon公式サイト

 

Teclast M40は黒を基調にしているデザインのタブレットです。

10.1インチの見やすい大画面でタブレットとしては高性能です。タブレットには電子書籍、音楽もダウンロードできます。またゲームも快適にプレイできます。

タッチパネル性能は高くなっており、高性能ICを搭載、高精度なタッチ感度を実現させています。

メモリは6GB、ストレージも128GBあるので、配信サイトからのダウンロードも容量を気にせずにできます。もし足りなくなったときもMicroSDを使用して保存することもできるので安心です。

全体的にも評価が高いので、このコスパで2万円台で買えるのはお得なタブレットだといえます。

まとめ

Androidのタブレットは価格が安く、種類が豊富ですので、迷ってしまう方も多いでしょう。

 

Androidのタブレットを探す際には、

  • 画面のサイズ
  • メモリ容量
  • 接続方法
  • 機能

の4点に注意しながら選べば失敗を防げるはずです。

今回ご紹介したタブレットを参考に、自分に合ったタブレットを見つけてみてください。

 

※今回紹介したタブレットの価格は、記事執筆現在(2021年6月)のものです。価格が変動している可能性もありますので、ご了承ください。