iPadタブレットとAndroidタブレットと何が違うの?用途別におすすめをご紹介

タブレットの購入を考えている人で、iPadとAndroidの違いが分からない、どのiPadが良いのか知りたいという人も多いでしょう。

 

本記事では、iPadタブレットとAndroidタブレットの違い、iPadタブレットを選ぶ際に確認しておくべきこと、用途別のおすすめiPadタブレットなどを紹介します。

 

iPadタブレットの購入を検討している人は、ぜひ記事を参考にしてみてください。

 

iPadタブレットって何?

iPadタブレットとは、Appleが発売しているタブレット型デバイスのことです。美しい映像が楽しめるRetinaディスプレイ、最大12MPの高画質カメラ、Magic KeyboardやApple Pencilと連携できる汎用性の高さなど、さまざまな特徴を持っています。

 

話題のM1チップを搭載した高性能なiPad Proをはじめ、軽量薄型で持ち運びに便利なiPad mini、休日のリラックスタイムや友人とのビデオ通話に使いやすいiPad Airなど、あなたの目的や用途に合わせて4つのモデルから選べます。

 

すでにiPhoneやMacを愛用している方なら、iCloudを利用してシームレスにデータの同期をすることも可能です。また、Macの使用中にiPadタブレットをサブディスプレイとして使える「Sidecar」も、ビジネスなどに役立つ便利な機能です。

iPadタブレットとAndroidタブレットの違い

iPadタブレットとAndroidタブレットの一番の違いは、搭載されているOSです。iPadタブレットにはAppleが開発した「iPad OS」が搭載されているのに対して、AndroidタブレットにはGoogleが開発した「Android OS」が搭載されています。

 

その他、画面の操作感やボタン配置、通知音やアプリの取得方法など、OSが異なることによって機能の違いもさまざまです。

 

また、Appleのみが開発しているiPadタブレットと違い、Androidタブレットは複数の会社が独自に開発・販売しています。そのため、iPadタブレットはどの機種でも操作感にあまり変化はありませんが、Androidタブレットは機種によっても機能や操作感の違いが大きいでしょう。

iPadタブレットの選ぶ時確認する4つの項目

iPadタブレットは種類が多くてどのモデルを選べば良いのか悩むという人のために、ここでは、iPadタブレットを選ぶ時のポイントを紹介します。

 

iPadタブレットを購入する前には、以下の4つの項目を確認しておきましょう。

 

  • 画面サイズ
  • 本体の重さ
  • カメラ性能
  • 容量

 

モデルによってスペックにも差がありますので、自分に最適なものを選びましょう。

画面サイズ

モデル名 画面サイズ
iPad Pro 12.9インチまたは11インチ
iPad Air 10.9インチ
iPad 10.2インチ
iPad mini 7.9インチ

 

画面サイズが大きいほど多くの情報量を表示できるため仕事もはかどりやすいでしょう。

また、Apple Pencilを利用してイラストを描きたいという人や、プライベートで動画視聴などが多い人も、大画面の方が見やすいです。

 

しかし、画面が大きいとその分重くてかさばるといったデメリットもあるので注意しましょう。

本体の重さ

モデル名 本体の重さ(Wi-Fi + Cellularモデル)
iPad Pro 12.9インチ|684g

11インチ|468g

iPad Air 460g
iPad 495g
iPad mini 308.2g

 

 iPadタブレットを家で使う人は良いですが、仕事などで持ち運びをしたい場合には、本体の重さにも注目した方が良いでしょう。上記の表では、外でも利用できるWi-Fi + CellularモデルのiPadタブレットの重さを比較しました。

 

やはり、画面が大きいiPad Pro 12.9インチのモデルは、他の機種に比べて重さもあります。持ち運びをする場合には、画面サイズと重さのバランスを考えて選びましょう。

カメラ性能

モデル名 外側カメラ性能 内側カメラ性能
iPad Pro 12MP広角カメラと10MP超広角カメラ 12MP TrueDepthカメラシステム(超広角カメラ)
iPad Air 12MP広角カメラ 7MP FaceTime HDカメラ
iPad 8MP広角カメラ 1.2MP FaceTime HDカメラ
iPad mini 8MP広角カメラ 7MP FaceTime HDカメラ

 

デュアルカメラ搭載のiPad Proは、光学ズームやポートレートモードにも対応しているので、より本格的な写真撮影が行えます。iPadタブレットで本格的な写真撮影をしたい方はiPad Proがおすすめです。

容量

モデル名 容量
iPad Pro 128GB

256GB

512GB

1TB

2TB

iPad Air 64GB

256GB

iPad 32GB

128GB

iPad mini 64GB

256GB

 

モデルによって、容量にも大きな違いがあります。あまり容量を使わない人は、32GBのiPadを検討してみると良いでしょう。

 

反対に、容量が多いタブレットが欲しいという人は、最大2TBまで利用できるiPad Proを選ぶのがおすすめです。自分の使用量に合ったiPadタブレットを選ぶと、容量が無駄なく使用できます。

iPadタブレットは4種類

ここまで、iPadタブレットを選ぶ際のポイントで比較しましたが、ここからはモデルごとのiPadタブレットの特徴を見ていきましょう。

 

iPadタブレットはそれぞれ、以下のような特徴を持っています。

 

  • スタンダードな機能と求めやすい価格が魅力のiPad 
  • ビジネスシーンにも耐えうる高スペックが自慢のiPad Pro
  • 軽さと大画面、高スペックを兼ね備えるiPad Air
  • 手頃な画面サイズでどこにでも持ち運べるiPad mini

 

用途や目的に合わせて選べるのがiPadタブレットの魅力の1つです。各モデルの特徴について詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

iPad

4つのモデルの中で一番価格が安いモデルです。スペックはほかの3モデルと比べるとどうしても見劣りしてしまいますが、同価格帯のAndroidタブレットと比べると、コストパフォーマンスの良さに驚くことでしょう。

 

他のモデルよりスペックは下がりますが、RetinaディスプレイやA12 Bionicチップなど、重要な部分にはしっかりと高性能なパーツが採用されています。

 

動画編集アプリを何個も立ち上げて同時に編集する、などといった過度に負荷のかかる作業をする予定がない方には、十分すぎる性能であるといえます。

 

Apple製品を使ったことがない方の初めての1台として、ぜひおすすめしたいモデルです。

iPad Pro

超高性能なM1チップを採用したプロ使用のモデルで、クリエイティブな作業や過酷なオフィスワークにも耐えうる性能を持っています。4モデルの中で唯一5G回線に対応しており、次世代の通信速度も体験できるでしょう。

 

デュアルカメラで撮影した写真やビデオを即座に編集してWebサイトにアップロードするなど、タブレットの機動性の高さを十分に生かした使い方ができます。

 

トラックパッドが搭載された「Magic Keyboard」と組み合わせれば、ほぼMacと遜色ない働きをすることも可能です。

 

iPad Proは、ビジネスやクリエイティブな作業が多い方、高スペックのタブレットが欲しいという方に向いています。

iPad Air

10.9インチの大画面ながら、薄さ6.1mm、重さ458g(Wi-Fiモデル)という驚きのサイズが特徴の薄型モデルです。特筆すべき点は、薄さと性能を両立しているところでしょう。

 

Requid Retinaディスプレイ、A14 Bionicチップや12MP広角カメラ、USB-Cコネクタの搭載など、iPad Proに次ぐ性能の高さを誇っています。Apple公式が販売している「Magic Keyboard」にも対応しているので、カフェなどで本格的に執筆作業や編集作業をすることも可能です。

 

「薄くて軽いタブレットを探しているが、性能やディスプレイに妥協したくない」という方におすすめのモデルといえるでしょう。

iPad mini

画面サイズは7.9インチ、重さは300.5g(Wi-Fiモデル)と非常にコンパクトながら、A12 BionicチップやRetinaディスプレイ、7MPの内側カメラを搭載しているモデルです。

 

iPadシリーズの中でも特にコンパクトで持ちやすく、カバンなどに入れてもかさばりません。

 

現行の第5世代モデルからApple Pencil対応になり、思いついたアイデアをすぐにメモできて、仕事にも使いやすいスタイルとなっています。

 

気軽に持ち運べるサイズのタブレットを求めている人におすすめのモデルです。

iPadタブレット用途別のおすすめ

それぞれのモデルの特徴や選び方を理解しても、どれが自分に向いているのか探すのは大変でしょう。そこで、ここでは用途に合わせたおすすめのiPadタブレットのモデルを紹介します。

 

  • ビジネスに使いたい
  • カメラの性能を重視している
  • ゲームやアプリに使いたい
  • 子どもでも使いやすいモデルを探している

 

以上の4つの用途に分けて、それぞれのおすすめのiPadタブレットを解説していきます。

ビジネス向けのおすすめはこれ

出典:Apple公式サイト

 

iPad Pro 12.9インチ
サイズ 高さ:280.6mm

幅:214.9mm

厚さ:6.4mm

重量 Wi-Fiモデル:682g

Wi-Fi+セルラーモデル:684g

ディスプレイ 12.9インチ

Liquid Retina XDRディスプレイ1

ProMotionテクノロジーとTrue Tone

CPU Apple M1チップ
SSD容量 最大2TB
外側カメラ 12MP広角カメラと10MP超広角カメラ
内側カメラ 12MP

TrueDepthカメラシステム(超広角カメラ搭載)

コネクタ Thunderbolt / USB 4対応のUSB-Cコネクタ
通信規格 5G
バッテリー 最大10時間

 

ビジネスシーンにおいて、動画編集や写真編集などの高い負荷のかかるアプリを複数同時に作業したいなら、iPad Pro 12.9インチモデルがおすすめです。

 

Macと同じM1チップを搭載しながらも、重さは半分という機動性の高さは、外出の多いビジネスマンにとっては大きな武器になるでしょう。タブレットはノートパソコンに比べて相手に画面を見せやすいので、商談もスムーズに進めやすいです。

 

また、これからスタンダードになってくる5G回線に対応している点も見逃せません。通信速度の差は、秒を争うビジネスの世界で大きなアドバンテージなります。

カメラ性能重視向けのおすすめはこれ

出典:Apple公式サイト

 

iPad Pro 11インチ
サイズ 高さ:247.6mm

幅:178.5mm

厚さ:5.9mm

重量 Wi-Fiモデル:466g

Wi-Fi+セルラーモデル:468g

ディスプレイ 11インチ

Liquid Retina ディスプレイ1

ProMotionテクノロジーとTrue Tone

CPU Apple M1チップ
SSD容量 最大2TB
外側カメラ 12MP広角カメラと10MP超広角カメラ
内側カメラ 12MP

TrueDepthカメラシステム(超広角カメラ搭載)

コネクタ Thunderbolt / USB 4対応のUSB-Cコネクタ
通信規格 5G
バッテリー 最大10時間

 

カメラの性能や画質にこだわる方は、iPad Pro 11インチモデルを選びましょう。12MP広角カメラと10MP超広角カメラを使った自然なボケ感は、まるで一眼レフカメラで撮影したかのような高い描写力があります。

 

また、光学2倍ズームに対応している点もおすすめの理由の1つです。デジタルズームではズームするほどに画像が荒くなってしまいますが、光学ズームでは画質を落とさずに対象物を拡大して撮影できます。

 

内側カメラも12MPの超広角カメラを搭載していますので、動画配信などに使いたい方にもおすすめです。カメラ性能を重視しているなら、大きい12.9インチのディスプレイでなくても十分に使えるでしょう。

ゲーム・アプリ重視向けのおすすめはこれ

出典:Apple公式サイト

 

iPad Air
サイズ 高さ:247.6mm

幅:178.5mm

厚さ:6.1mm

重量 Wi-Fiモデル:458g

Wi-Fi+セルラーモデル:460g

ディスプレイ 10.9インチ

Liquid Retinaディスプレイ

IPSテクノロジーとTrue Tone

CPU 64ビットアーキテクチャ搭載A14 Bionicチップ
SSD容量 256GB
外側カメラ 12MP広角カメラ
内側カメラ 7MP FaceTime HDカメラ
コネクタ USB-Cコネクタ
通信規格 4G LTE携帯電話通信
バッテリー 最大10時間

 

プレイしたいゲームやアプリによってもおすすめのモデルは変わってきますが、全体的にバランスの取れたiPad Airがおすすめできます。

 

比較的軽いので持ち運びもできますし、アプリやゲームに利用するための性能も十分です。

 

しかし、FPSや音を使ったゲームなど、一瞬の判断力がカギを握るようなゲームを極めたい方は、高スペックで大画面のiPad Pro 12.9インチモデルを検討してみるのも良いでしょう。

 

キッズ向けのおすすめはこれ

出典:Apple公式サイト

 

iPad mini
サイズ 高さ:203.2mm

幅:134.8mm

厚さ:6.1mm

重量 Wi-Fiモデル:300.5g

Wi-Fi+セルラーモデル:308.2g

ディスプレイ 7.9インチ

Retinaディスプレイ

True Tone

CPU A12 Bionicチップ
SSD容量 最大256GB
外側カメラ 8MP広角カメラ
内側カメラ 7MP

FaceTime HDカメラ

コネクタ Lightningコネクタ
通信規格 4G LTE携帯電話通信
バッテリー 最大10時間

 

体や手が小さい子どもには、軽量で薄型のiPad miniのサイズ感が良いでしょう。他のモデルでは大きすぎて使いづらかったり、最悪持ち上げられずに落としてしまうこともあります。

 

最初はiPad miniを購入して、子供の成長に合わせて、大きなモデルをプレゼントしてあげるのも選択肢の1つです。

 

子供向けのゲームや教育アプリはそこまで負荷もかかりませんし、iPad miniでも十分に楽しめます。そのため、子ども向けに購入するなら、まずはiPad miniを選ぶのがおすすめです。

iPadタブレットを安く買うなら

iPadタブレットを購入する方法は複数ありますが、主な購入方法としては以下の3つです。

 

  • Apple公式から購入する
  • au、docomo、SoftBankなどのキャリアで購入する
  • 中古で購入する

 

以上の方法のうち、もっとも安く買うなら中古での購入が良いでしょう。しかし、安く買える一方でいくつか注意点もあるので、そちらを解説していきます。

中古で買う時の注意点!

「ヤフオク!」や「メルカリ」を利用して中古品を購入する場合は、せっかく購入したのに使えないなどのリスクがあることを認識しておきましょう。

 

中古で購入する際は、商品説明や画像をよく見て判断しましょう。また、画像が不鮮明、質問に回答してくれない、文章が短すぎるなど、不安を感じたら見送った方が良いです。購入後のトラブルを避けるためにも、できるだけ信頼できる出品者から購入しましょう。

 

中古専門のECサイトなどで購入する際は、保証期間の有無を確認してください。中古品という特性上、突然故障する危険性があります。保証期間の間に動作を入念にチェックし、不具合があれば返品・交換してもらいましょう。

まとめ

美しいディスプレイと直感的な操作性が魅力のiPadタブレットは、Appleユーザーから高い人気を誇っています。しかし、iPadタブレットは大きさやスペックの異なる4つのモデルが販売されているので、迷ってしまう人も多いでしょう。

 

iPadタブレットを選ぶ際には、以下の点に注目すると良いです。

 

  • 画面サイズ
  • 本体の重さ
  • カメラ性能
  • 容量

 

それぞれのモデルによって特徴なども変わるので、記事を参考に最適なモデルを選んでみてください。