iPadはセルラーモデルがおすすめ?WiFiモデルとの違いを比較

現在iPadの購入を検討中で、セルラーモデルとWiFiモデルのどちらを選択しようか悩んでいる人もいるでしょう。

セルラーモデルはどこでもインターネットに接続ができる利便性が魅力ですが、WiFiモデルの方が本体価格は安くなっています。

 

実際のユーザーからは、セルラーモデルをおすすめする声が多いです。

果たして本当にセルラーモデルのほうが良いのか、どんな人におすすめなのか、WiFiモデルとの違いを比較しながら検証します。

iPadセルラーモデルって何?

iPadにはWiFiを利用して通信を行うモデルと、SIMカードを挿してスマートフォンと同じ3Gや4GLTEの電波を送受信して通信を行うモデルの2種類が存在します。セルラーモデルとは、この後者のことを指します。

iPadのセルラーモデルの特徴は以下の通りです。

 

  • スマホと同じキャリア回線を利用しているので、スマホと同じように電話ができる
  • SIMカードを利用しているため、WiFiのない環境でもインターネットに接続可能
  • GPSセンサーを内蔵しているため、地図アプリなどを使用するときに便利(WiFiモデルには内蔵されていない)

 

そのためiPadのセルラーモデルはWiFiモデルより少し高価な価格設定になっています。

iPadセルラーモデルとWiFiモデルの違いって?

iPadのセルラーモデルとWiFiモデルの主な違いは2つ。

  1. 価格が違う
  2. SIMカードの有無

 

一つずつ詳しく解説いたします。

1.価格が違う

iPadのセルラーモデルとWiFiモデルの価格を比べると、セルラーモデルのほうがWiFiモデルより少し高価です。

これは、2種のインターネット接続性能の差によるものです。

WiFiモデルはWiFiが無ければインターネットに接続できませんが、セルラーモデルはSIMカードによってスマホと同様にどこでもインターネットに接続できます。

WiFiモデルの安さは魅力的ですが、外出先で必ずインターネットを利用するのであれば別途でモバイルWiFiルーターを契約し、結果的に月額費用が多く発生してしまうことも考えられます。

2.SIMカードの有無

もう一つのiPadのセルラーモデルとWiFiモデルの違いは、SIMカードの有無です。

セルラーモデルはSIMカードでキャリア回線を送受信することによって通信を行っているので、SIMカードがなければインターネットや電話を利用することができません。

 

また、高性能モデルであるiPad ProはeSIMを内蔵しているので、SIMカードを挿す必要なくインターネットに接続することができます。

iPadのWiFiモデルに関してはWiFiの電波のみでインターネットに接続するので、SIMカードを利用することはできません。

iPadセルラーモデルのメリット

iPadセルラーモデルのメリットを知っていただくためには、実際に使用しているユーザーの声を聞くことが有効です。

iPadはすでに多くのユーザーに広まっており、TwitterなどのSNSでたくさんの口コミを見ることができます。

セルラーモデルをおすすめする意見の中には、WiFiモデルとの価格の差は使い勝手の良さで十分埋められるというものがありました。

iPadセルラーモデルの評判の良い口コミをTwitterからいくつかピックアップしてみましたので、ご覧ください。

良い口コミその1:高価でも使い勝手でカバー

 

熊本市が公立の小中学校の授業に2万台以上ものiPadセルラーモデルを導入しました。

これだけの大規模な教育IT化は全国でも珍しく、しかもWiFiモデルではなく高価なセルラーモデルを導入していることから、セルラーモデルの価値を表しているといえます。

 

セルラーモデルはWiFi環境に縛られることなく、やりたいことをやりたいときに行えるので、少々高価であってもセルラーモデルを選ぶべきだという投稿がありました。

 

iPad Proのセルラーモデルを利用しているこちらのユーザーは、非常に快適に仕事ができて、もうなしではいられないという投稿をしています。

また、ノートパソコンに比べてバッテリーが長持ちすることも長所だと述べられています。

 

良い口コミその2:将来性を考えてセルラーモデルを選ぶ

 

ドコモショップでiPadのセルラーモデルを購入しようとしたら、売り切れで入荷未定とのことでした。

このことからも大変な人気ぶりがうかがえます。

 

こちらのツイートでは、iPadを利用するならWiFiモデルよりもセルラーモデルのほうが価格は高くとも将来性が高いという投稿がされていました。

長く使用するつもりなら将来性は重要になってきます。

 

こちらのツイートはiPadのWiFiモデルを使用しているユーザーの声で、セルラーモデルを買えばよかったという後悔と、新たに購入するならセルラーモデルをおすすめするという投稿でした。

iPadセルラーモデルのデメリット

iPadセルラーモデルの利用を検討するにあたっては、そのデメリットも十分に知っておく必要があるでしょう。

特に多く見られる意見は、WiFiモデルに比べて高額にもかかわらず、そのスペックを十分に活かすことができずに解約してしまうというパターンです。

スマホを持っていればテザリングするという方法もあるので、頻繁に外出する人でなければWiFiモデルで十分だという意見も見られます。

以下はiPadセルラーモデルの評判の悪い口コミをTwitterからいくつかピックアップしてみました。

悪い口コミその1:通信会社との契約が面倒?

 

こちらのユーザーは、iPadセルラーモデルを使い続けてきたけどWiFiさえあれば事足りるようになって、SIMカードを解約してしまったそうです。

そのため現在は実質WiFiモデルと同じ状態になって使用し続けているとのことです。

実際にiPadを使ってみて意外とWiFiだけでも問題なかった、というユーザーは多いようです。

 

 

こちらのユーザーはiPadの回線付き(セルラーモデル)を解約したそうで、二度と回線付きのiPadは契約したくないという強い不満を投稿しています。

 

悪い口コミその2:使う人によってはテザリングで十分

 

こちらのユーザーはiPadセルラーモデルを解約したという投稿をしています。

それほど頻繁に外出先でiPadを使用しなかったため、セルラーの長所を十分に活かすことができなかったようで、現在はテザリングで十分満足しているとのことです。

また、15インチのMacBookを使用する機会が増えたために、使い勝手の面でiPadセルラーモデルでは物足りなくなってしまったようです。

このようにiPadと競合するデバイスもあるので、自分の仕事のスタイルやインターネット環境に合ったものを十分に検討する必要があることが分かります。

 

iPadセルラーモデルがおすすめな人

ここまでメリットとデメリットを紹介してきましたが、そこからみていくとiPadのセルラーモデルは、確実に外出先でiPadを使う人におすすめです。

仕事で使うなど、連絡の遅延を避けたいのであれば、モバイルWiFiルーター無しでのWiFiモデル利用は避けたほうがいいでしょう。

また、セルラーモデルなら電話機能も使えるので、持ち歩きデバイスをiPadに集約したい方にもセルラーモデルは向いています。

現在スマホとノートパソコンを持ち歩いていて使い勝手が良くないと感じているのであれば、ノートパソコン並みのスペックのiPadセルラーモデルを導入することをおすすめします。

荷物がスッキリまとまって、外出時の連絡系統も統一できます。

 

iPadセルラーモデルを中古で買う時の注意点!

iPadセルラーモデルを中古で買う場合、注意しなければならない点があります。

それは、前オーナーが端末料金を割賦で支払っていた場合、支払いが終わっていない状態で端末を売却していることがあり、通信会社への支払いが滞るというケースです。

その場合、最悪SIMカードの使用を停止されてしまうことがあります。

SIMカードの使用が停止されてしまうと、通信はWiFiを利用しなければならないので、実質WiFiモデルと同じになり、セルラーモデルの利点がなくなってしまうので注意が必要です。

購入前に必ず売り手に確認をするようにしましょう。

まとめ

iPadセルラーモデルはWiFiモデルと比べると高額ですが、SIMカードを利用して通信を行うため、WiFi環境がない場所でもインターネットに接続できるのでより便利なモデルと言えるでしょう。

 

価格の差を考慮してもセルラーモデルをおすすめするユーザーは少なくありません。

その反面、セルラーモデルのスペックを十分に活かしきれていないユーザーもいるようです。

 

また、どのようにiPadを使用するのかによって、セルラーモデルかWiFiモデルかを選ぶことが大切です。

購入前に、使用環境のシミュレーションをして、自分に合ったモデルを選びましょう。