Amazon「Fireタブレット」のNewモデルをご紹介!スペックなども解説します!

AmazonのFireタブレットって何?

AmazonのFireタブレットは、Amazonサービス利用を重視したタブレット端末です。OSはAndroidベースのFire OSで、Amazon独自のアプリストアからFire端末向けアプリをダウンロードして使うことになります。

Prime Video、Amazon Music、Kindleなどのアプリで、映画鑑賞や音楽鑑賞、読書や簡単なゲーム、ネット検索はもちろん、Amazonでの買い物など、さまざまなことができます。

 

AmazonのFireタブレットは3種類

現在販売されているFireタブレットには3種類あり、それぞれ画面のサイズが7インチ、8インチ、10インチとなっています。それぞれの特徴を見ていきましょう。

Fire 7

引用:Amazon公式サイト

 

Fire 7のスペックを見てみましょう。

名前 Fire 7(2019、第9世代)
価格 16GB:5,980円(税込)

32GB:7,980円(税込)

本体サイズ 192mm x 115mm x 9.6mm
画面サイズ 7インチ
解像度 1,024 x 600 IPS(171ppi)
重さ 286g

引用:Amazon公式サイト

 

「Fire 7」は縦19.2cm、横11.5cmのコンパクトサイズなので、持ち運びも簡単で外出時にも気軽に使えて、本や漫画を読むのにも適しているでしょう。

また、安いタブレットが欲しい方、タブレット初心者の方にもおすすめです。

画質はSDなので、アナログテレビの標準画質(DVDレベルの画質)となっています。

Fire HD 8

引用:Amazon公式サイト

 

続いてFire HD 8のスペックも見てみましょう。Fire HD 8は画質がHDなので、地上デジタル放送開始以降のテレビの標準画質(Blu-rayレベルの画質)です。

 

名前 Fire HD 8(2020、第10世代)
価格 32GB:9,980円(税込)

64GB:11,980円(税込)

本体サイズ 202 mm x 137 mm x 9mm
画面サイズ 8インチ
解像度 1,280x 800 IPS(189ppi)
重さ 355g

 

引用:Amazon公式サイト

 

近頃の動画はHD画質が主流になってきているので、動画重視ならFire HD 8以上を購入するといいでしょう。最大12時間の長稼働バッテリーと1TBまでのmicroSDカード(別売)対応で、外出先でもダウンロードしたコンテンツを楽しめます。

カラーはブラック・ブルー・ホワイトの3種類です。

 

Fire HD 10

引用:Amazon公式サイト

 

Fire HD 10はFireタブレットシリーズで2021年12月現在、1番新しい端末です。それではスペックを見てみましょう。

 

名前 Fire HD 10(2021、第11世代)
価格 32GB:15,980円(税込)

64GB:19,980円(税込)

本体サイズ 247mm x 166mm x 9.2mm
画面サイズ 10.1インチ
解像度 1,920 x 1,200 (224ppi)
重さ 465g

引用:Amazon公式サイト

 

Fire HD 10はフルHDの高解像度ディスプレイで、動画鑑賞に最も適したタブレットです。

プライムビデオを最高画質(フルHD:1,920×1,080)で観るには、Fire HD 10が必要でしょう。

 

それでは、そんな最新機種のFire HD 10について、より詳しく掘り下げてみましょう。

 

AmazonのFireタブレットNewモデル「Fire  HD 10」

引用:Amazon公式サイト

 

「Fire HD 10(第11世代)」は、2021年5月26日に発売されたAmazonのFireタブレットNewモデルです。10.1インチのフルHD高解像度ディスプレイで、快適に映画鑑賞やネットが楽しめます。

Fireシリーズの中で最もサイズの大きいタブレットですが、それでも価格は32GBで15,980円(税込)となっており、このサイズのタブレットが20,000円以下で購入できるのはかなりコストパフォーマンスがよいでしょう。

カラーはブラック・オリーブ・デニムの3色から選ぶことができ、ブラック・ホワイト・ブルーが選べたFire HD 8よりもカラーバリエーションが増えました。

 

AmazonのFireタブレットは何ができるの?

上記でFireタブレットはAmazonのサービスに特化したタブレットというお話しを少ししました。

そんなFireタブレットは、プライムビデオでの映画鑑賞はもちろん、他にもさまざまなことができます。

その中でも、代表して主にユーザーに使われることの多いできること4点をご紹介します。

 

  • インターネットができる
  • 電子書籍が読める
  • 音楽を聴ける
  • パソコンのサブになる

 

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

インターネットができる

Fireタブレットは、他のタブレットと同じようにWi-Fiをつなぐとインターネットが利用できます。調べ物やネットショッピングなど、自由に楽しむことができるでしょう。

 

電子書籍が読める

Fireタブレットでは、Kindleを使用して読書が可能です。プライム会員特典であるPrime Readingや、Kindle Unlimitedがスムーズに利用できるため、雑誌や写真集も問題なく閲覧できます。

 

音楽を聴ける

Amazonプライム会員の方は、「Prime Music」という音楽の聞き放題サービスを利用できます。Fireタブレットにはスピーカーが内蔵されているため、そのまま音楽を再生したり、Bluetooth機能がついているので、外部のスピーカーに出力することも可能です。

 

パソコンのサブになる

WindowsパソコンとFireタブレットに「spacedesk」(無料)をインストールすると、Fireタブレットを手軽にサブディスプレイ化できます。

サブディスプレイにしたFireタブレットに参考資料を表示しながらパソコンで作業をしたりなど、作業効率アップにつながるでしょう。無線接続なので新しくケーブルを用意する必要もありません。

また、Fireタブレットはインターネットが使えるので、パソコンのサブとしてさまざまな使用方法ができます。

AmazonのFireタブレットNewモデルはキッズ用モデルも登場

引用:Amazon公式

 

FireタブレットのNewモデルとして、年齢フィルターも使用できる「キッズモデル」が登場しました。

タブレットは便利だけど、子供に与えると壊されそう……と思っている親御さんは多いと思います。

キッズモデルには、衝撃に強く頑丈な「キッズカバー」や、「壊れたら何度でも交換できる2年間保証(事故保証プランは交換が1度だけ)」もついているため、少し乱暴に扱われたとしても比較的安心でしょう。

さらに「Amazon Kids+(旧FreeTime Unlimited)1年間利用料金」がセットになっています。

1日のタブレットの利用時間を15分単位で設定できたり、利用時間を過ぎたら自動的に画面が切り替わったり、お子様がタブレットを使いすぎることがないよう細やかな機能が搭載されています。

また、アプリ・本・ビデオのコンテンツ毎の利用時間設定や、ウェブサイトへのアクセス制限も簡単にできるので、お子様向けに安価なタブレットを与えてあげたいというご家庭にはとてもおすすめです。

タブレット本体は普通のFireタブレットですから、Amazon Kids+を利用するのはもちろん、大人が通常のFireタブレットとしても使用することができます。

 

AmazonのFireタブレットを使ってみた実際の声

ここまではFireタブレットのスペックや、できることなどを紹介しましたが、実際に使ってみた人の声が気になる方は多いのではないでしょうか。

今回はtwitterから実際にFireタブレットを使用したユーザーの声を集めてみました。それでは、実際にどんな声が多いのか口コミを見てみましょう。

 

口コミ1 使い勝手がいい!

 

持ち運びやすいサイズ感と重量、使い勝手のよさが人気の理由のようです。気軽に購入できる価格帯なので、小さなスマートフォンの画面でストレスを感じていた人は使ってみるとよいでしょう。

 

口コミ2 Androidアプリが使えない

 

FireタブレットはAmazonサービスに特化しているので、基本的にAmazonアプリストアでしかアプリがダウンロードできません。そのため豊富なAndroidアプリが使えないことに不満の声が多く見られました。

また、「Fire 7」は容量が少ないぶん動作が重い、遅いという声も多数見られました。

Fireタブレットシリーズは、もともとメインメモリの容量が少なめなので、使い終わったアプリはこまめに履歴から削除するなどしてメモリーの空き容量を増やしてあげるといいでしょう。

 

口コミ3 やっぱり価格が安い!

 

やはり価格の安さが人気のようです。この価格帯で本体重量の軽さや画質、使いやすさなど、申し分ない商品となっています。

口コミから見て取れるようにタブレット型の端末を安く試してみたい方にはおすすめの1台のようです。

 

まとめ

今回はAmazonのFireタブレットについてご紹介しました。

基本情報や種類、実際に何ができるかなど、おわかりいただけたと思います。Fireタブレットはタブレット初心者の方や、試してみたい!と思っている方でも気軽にお試しいただける、コストパフォーマンスのよい商品のようでした。

また、Kindleでの読書に特化した「Kindle Fire」という端末など、Fireシリーズの中にもさまざまな種類があるので、どんな用途で使いたいかを明確にして、自分にぴったりのFireタブレットを手に入れましょう。