Wi-Fiってなに?いまさら聞けない基礎知識をご紹介

Wi-Fiとは、実際にケーブルで繋ぐ有線(有線LAN)ではなく、目には見えない無線(無線LAN)によって、ネットワークの利用が可能な機械とネットワーク通信を接続するものです。

 

よく、Wi-Fi自体がインターネット通信である、と誤解されていますが、そうではありません。

「LAN(Local Area Network)」というインターネット通信と、スマートフォンやパソコンを接続するのがWi-Fiである、ということです。

 

Wi-Fiは、無線LANの規格の名称です。

3つの波が重なっているようなシンボルマークは、相互接続可能であることを保証するマークとされています。

 

ケーブルを使用した有線LANでは、家の中でも機器同士を繋げるために移動させたり、ドアによっては開けっぱなしにしないと繋げられない、などの問題がありました。

しかし、Wi-Fiではある一定の距離内に配置すれば、壁や扉があっても問題なく接続できる利便性があります。

 

Wi-Fiを使用できる場所

そんな便利なWi-Fiをすぐに使用したいと思っていても、全ての場所でいつでも使用できるわけではありません。

 

Wi-Fiが使える場所は大きく分けて3つとなります。

 

  1. Wi-Fiルーターを置いて自宅で使える
  2. 公衆Wi-Fiルーターで外でも使える
  3. ポケットWi-Fiでどこでも使える

 

一つずつ解説いたします。

1.Wi-Fiルーターを置いて自宅で使える

 

自宅でWi-Fiを使用するならば、「Wi-Fiホームルーター」が必要になります。

 

Wi-Fiホームルーターを設置することで、一般的な一軒家ぐらいの範囲ならどこに居ても使用できます。

Wi-Fiでネット回線に繋いで利用すれば、通常のスマートフォンの通信とは異なる回線になるため、データを使い過ぎてしまって速度制限がかかるリスクも少なくなります。

 

また、自宅にWi-Fiホームルーターを設置することで、安定して読み込みも早いインターネット通信が可能となります。しかし、これはプロバイダの種類や時間帯によって回線が混み合うと遅延が発生することがあるので、その点は留意しておきましょう。

 

2.公衆Wi-Fiで外でも使える

 

自宅だけではなく、外出先でも通信制限を気にせずWi-Fiを使いたい場合は、「公衆Wi-Fi」または「公衆無線LAN」を使用することができます。

 

公衆Wi-Fiとは、空港や飲食店、交通機関で、誰でも利用できるように無料で開放しているフリーWi-Fiのことです。

 

Wi-Fiが無いとインターネットに接続できない、ノートパソコンやタブレットを使用している方にとっても便利なサービスです。

 

フリーWi-Fiは無料で誰でも利用できて便利な反面、中には通信が暗号化されていなかったりセキュリティ面が弱いものもあります。

仕事のデータのやりとりや、プライバシー情報の送受信は、フリーWi-Fiに接続している状況では注意しましょう。

3.ポケットWi-Fiでどこでも使える

 

セキュリティ面でも問題なく、外出先でWi-Fiを使用する方法として「ポケットWi-Fi」があります。

ポケットWi-Fiは、手の平サイズのコンパクトなWi-Fiルーターです。

自宅ではもちろん、外出先でも使用できるとても便利な機器です。

 

自身の契約会社のSIMカードを挿入し、契約会社の電波をポケットWi-Fiを経由して使用するシステムとなっているため、セキュリティ面でも安心です。

ただし、サイズやスペックによっては大容量のデータの送受信はできないモデルもあります。

導入の際には、用途や求めるスペックに合うポケットWi-Fiを選びましょう。

 

Wi-Fiのメリット

インターネット通信を利用する方法は、Wi-Fi以外にもたくさんあります。

そんな中で、Wi-Fiを選ぶメリットとはなんでしょうか。

 

ここでは、Wi-Fiを使用する上でのメリットを紹介いたします。

ケーブルが要らない

Wi-Fiの一番の便利な点は、ケーブルが要らないということです。

従来のケーブル式有線LANでは、コンセントの場所や長さによってインターネットが使用できる場所が限られていました。

Wi-Fiなら、電波が届く範囲内ならば、壁があっても、水気が多いお風呂場など、どこであっても繋げることができます。

 

ケーブルのコードが無いことで接続の便利さだけではなく、パソコン周りがスッキリして見栄えも良くなります。

 

また、通信会社と契約して設定すれば回線工事などの必要もなく、すぐに使用できる手軽さも魅力です。

 

同時接続が可能

Wi-Fiはケーブルなどの有線LANとは違い、一度で多くの機械を繋げることができます。

また、近年ではルーターの精度が上がり、同時接続出来る台数も増えてきています。

 

何十台も繋げることはあまり無いかもしれませんが、Wi-Fiのルーターが1つあると、スマートフォン、タブレット、パソコンなど家族で使用する分がまかなえます。

 

Wi-Fiのルーターにもよりますが、約2台〜30台の同時接続が可能となっています。

 

スマホの通信速度が速くなる

各通信会社の特性にもよりますが、Wi-Fiとスマートフォンを接続すると、通信性が安定し、通信速度が速くなる傾向があります。

 

もし通信速度制限になってしまった後でも、Wi-Fiに接続することにより、制限無しの速度でインターネット通信ができます。

 

しかし、Wi-Fiのある場所と機器の位置が壁などによって阻まれると接続が悪くなる場合もあります。

通信速度に関しては、状況や通信会社に左右されるということは留意しておきましょう。

 

Wi-Fiにまつわるよくある質問

Wi-Fiの仕組みやメリットがわかってきたところで、実際に使用する前に押さえておきたいポイントを解説いたします。

ここでは、Wi-Fiにまつわるよくある質問として、いくつか紹介します。

 

Wi-Fiを使う時には申し込みが必要?

公衆無線LANなどでフリーWi-Fiを使用する際には、特に申し込みなどは必要ありません。

 

自宅にWi-Fiルーターを置く場合は、通信会社の店頭か、オンラインで申し込みをする必要があります。

自宅の回線状況を確認したあと、回線状況に適したルーターが届きます。

その後、ルーターにSIMカードを挿入し、使用を開始するという手順が一般的です。

 

すでに利用しているスマートフォンと同じ通信会社のWi-Fiを契約する場合は、もっと簡単に申し込みができる可能性もあります。

気になる方は直接通信会社に問い合わせをしてみましょう。

 

家の外からでもWi-Fiは繋がる?

自宅にあるWi-Fiは、庭などの近くの距離や、家のすぐ横の場所であれば接続が可能です。

 

しかし、自宅に設置してある固定Wi-Fiなどは、コンセントで繋がっているので、移動させることが出来ません。

そのため、外出先などの自宅の外にルーターを持ち出しても、Wi-Fiは繋がりません。

 

持ち運び可能な、充電式ポケットWi-Fiなら、自宅の中ではもちろん、外出先でもWi-Fiと繋げることができます。

 

Wi-Fiが遅い!なんとかならない?

Wi-Fiを繋げてるにも関わらず、通信速度が遅い場合のチェックポイントを紹介します。

 

  • Wi-Fiのルーターとの距離が遠い

 

Wi-Fiの電波は、ルーターを中心として拡散しています。そのため、ルーターから離れれば離れるほど、電波は弱くなります。

速度が遅いと感じた時は、まずルーターと接続したい機器との距離を確認しましょう。

直線距離が近くても間に壁があったり、障害物があると電波が妨害されることもありますので、ルーターが見える状態でチェックしましょう。

 

  • Wi-Fiルーターと接続している機器を減らす

 

Wi-Fiのルーターと接続している機器の台数が多すぎると、通信速度にも影響してきます。

 

ルーターへの負担が大きすぎることが原因の場合も少なからずあるので、接続している機器を減らす、また繋ぎっぱなしではなく、こまめに接続を切ることも効果的です。

 

Wi-Fiの繋がる範囲を広げたい

Wi-Fiの繋がる範囲を拡張したい方は、

 

  • 中継器を使用する

 

中継機とは、ルーターに接続することで電波の届く範囲を広げたり、電波を強くする置き型の機器です。

Wi-Fiが1台でも、中継器を仲介することで接続したい機器に電波が届きます。

 

  • 「Wi-Fi」のルーターを広範囲まで届くモデルに変える

 

ルーターにより、通信範囲が違います。

買い替える際に、機器のスペックを調べてみましょう。電波の強さや範囲はdBmといった単位で数値化されています。

自宅の広さや、用途に合わせたスペックの機器を選ぶようにしましょう。

まとめ

Wi-Fiは、今や当たり前に日常に浸透している技術ですが、正しく理解をすることでより快適にインターネット通信ができます。

昔は自宅にインターネット回線を接続するとなると、何本ものケーブルを繋いだり工事が必要になったりと大変な作業でした。

今ではWi-Fiがあれば、簡単な操作で手軽にインターネットを開通できる時代です。

 

Wi-Fiの導入を検討している方は、これを機にWi-Fiルーターを活用した無線LAN通信を始めてみてはいかがでしょうか。