後悔しない?MONSTER MOBILEのプランや評判をまとめて紹介!

ポケットWi-Fiレンタルを選ぶ中で、月額料金の安さを最も重視するという方は多いでしょう。

「MONSTER MOBILE」は月額料金2,090円(税込)からと、かなりの低価格でポケットWi-Fiのレンタルができるサービスです。

 

この記事では、そんなMONSTER MOBILEの利用を検討している人に、安さ以外のメリットからデメリットまで紹介いたします。

 

MONSTER MOBILEを契約するかどうかの決め手は、料金とサービス内容のバランスが重要になるでしょう。

その判断の助けとなるように、まずはMONSTER MOBILEの基礎情報をご紹介します。

まず知っておくべきMONSTER MOBILEの基礎情報

【引用:https://monster-mobile.jp/

 

MONSTER MOBILE(モンスターモバイル)は2020年10月に開始した、新しいモバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスです。

契約期間の短さや、細かいプランの選択ができることが好評を得ているため、近年ユーザーが増えてきています。

以下で、MONSTER MOBILEの基本スペックや料金プランをご紹介します。

MONSTER MOBILEとは

MONSTER MOBILEとは、端末料金無料・月額利用料金のみで利用できるモバイルWi-Fiルーターです。

端末は丸い形状が特徴的な「Macaroon」シリーズから2種類選べます。コンパクトなサイズなので、携帯性も高く外出や旅行にも便利です。

通信速度はモバイルWi-Fiルーターの中では平均的で、通常のインターネットの利用ならば十分なレベルです。

料金はクレジットカード払いのみで、口座振替などには対応していませんのでご注意ください。

 

それではMONSTER MOBILEの基本情報を見てみましょう。

MONSTER MOBILEの基本情報

【MONSTER MOBILE スペック一覧】

 

料金(デイリープラン) 2GB/日:2,728円、3GB/日:3,278円、5GB/日:3,828円
料金(マンスリープラン) 20GB/月:2,090円、50GB/月:2,640円
通信速度 下り最大150Mbps、上り最大50Mbps、平均(下り)21,27Mbps
連続使用時間 Macaroon SE:20時間、Macaroon M1:12時間
契約期間 1年(契約期間の縛りがないプランもあり)
事務手数料 3,300円
解約金 12ヶ月以内の解約:10,780円、13ヶ月以降の解約:3,300円
使用回線 docomo、au、Softbank

 

【引用:MONSTER MOBILE公式】※価格はすべて税込です。

 

MONSTER MOBILEには日額料金となるデイリープランと、月額料金となるマンスリープランが用意されています。

また、それぞれのプランで1年間の有期契約を結ぶか、期間の縛りがない契約を結ぶかのどちらかを選ぶことができます。

有期契約でも1年間なので、他社と比較して短期間となっているところは魅力的です。

さらに、それぞれのプランが利用できるデータ容量ごとに分かれているうえに、契約途中で容量を増やすことも可能なため、ユーザーの使用状況に合ったプランを選ぶことができます。

 

利用できる端末は、国内のみ使用できるMacaroon SEと、海外でも使用できるMacaroon M1の2種類用意されています。

国内用のMacaroon SEは連続使用時間が20時間と、非常に長時間の使用ができるので便利です。

海外でも使用できるMacaroon M1は連続使用時間が12時間とSEより短いですが、それでも日常生活で使う分には問題ないでしょう。

使用回線は、クラウドSIMによって3大キャリア回線を利用できるため通信は安定しています。

MONSTER MOBILEのプラン

【デイリープラン料金一覧】

プラン 2GB/日の場合の月額 3GB/日の場合の月額 5GB/日の場合の月額
デイリープラン

1年契約

2,728円 3,278円 3,838円
デイリープラン

縛りなし

3,278円 3,828円 4,378円

 

【マンスリープラン料金一覧】

プラン 20GB/月 50GB
マンスリープラン

1年契約

2,090円 2,640円
マンスリープラン

縛りなし

2,640円 3,190円

 

【引用:MONSTER MOBILE公式】※価格はすべて税込です。

 

前述したようにMONSTER MOBILEにはデイリープランとマンスリープランがあり、マンスリープランの1年契約が最も割安な契約となっています。

縛りなしの契約でもマンスリープランの20GB/月ならば月額料金2,640円と、非常に低価格です。

 

マンスリープランには1日あたりの通信容量制限はありませんが、月間の制限があります。

デイリープランは逆に、1日ごとの通信容量別で「1GB」「3GB」「5GB」とプランが分かれていますが、代わりに、月間の利用制限はありません。

また、どちらのプランも制限容量を超えた場合には最大256Mbpsの速度制限がかかります。

速度制限は、デイリープランは翌日に、マンスリープランは翌月にリセットされます。

さらに、データ容量が足りなくなった場合には容量をチャージすることもできるので、もし速度制限がかかってしまっても安心できるサービスでしょう。

MONSTER MOBILEのメリット

MONSTER MOBILEにはいくつかのメリットがあり、1つは利用するデータ容量で分けられた豊富な料金プランから自分に合ったものを選ぶことができる点です。

また、容量が足りない場合はチャージすることもできるという自由さも魅力です。

 

他にも3大キャリアの回線を利用しているので通信が安定していることなどが挙げられます。

以下で、メリットを5つに分けて詳細にご紹介します。

 

  1. プランが豊富
  2. データ容量をチャージできる
  3. 3大キャリアの回線でスムーズ
  4. 海外でも同じ端末が使用可能
  5. プランによってはいつでも解約できる

 

一つずつ見ていきましょう。

1.プランが豊富

MONSTER MOBILEは、先程ご紹介した通り豊富な料金プランが用意されています。

ユーザーによって、通信データを使用するペースはさまざまです。

日によって使用量にばらつきがあったり、毎日一定のデータ量を使用する方もいるでしょう。

それぞれのライフスタイルに合わせた料金プランを選べることで、無駄な出費を抑えられます。

2.データ容量をチャージできる

MONSTER MOBILEのデイリープランは3種類のデータ容量でプランが分かれており、それぞれ1日で2GB、3GB、5GBまでの利用制限があります。

利用制限を超えると最大256Mbpsの通信速度制限がかかりますが、データ容量をチャージして通常通りの通信を維持することもできます。

データ容量のチャージはデータが足りない日だけでも行うことができ、最少で1回500MBから利用可能で、料金は225円からとなっています。

3. 3大キャリアの回線でスムーズ

MONSTER MOBILEは端末にクラウドSIMを使用しているので、docomo、au、Softbankの3大キャリアの回線を利用して通信を行っています。

3大キャリアのいずれかの回線を自動で接続して利用することができるので、特定のキャリアの電波状況にとらわれず、安定した通信を実現しています。

また、MONSTER MOBILEの運営会社の株式会社NEXTは、ソフトバンクエアーの正規代理店企業でもあるので、通信事業のノウハウが豊富で信頼ができると言えるでしょう。

4.海外でも同じ端末が使用可能

MONSTER MOBILEは海外の約90ヵ国で利用することができます。

ただし、海外で利用できるのはMacaroon M1のみで、Macaroon SEは利用できないので注意しましょう。

さらに、海外でMONSTER MOBILEを利用する場合は、それぞれの国や地域ごとに決められたチャージ料金を支払って利用することになり、海外での利用のためのチャージは、アプリを介して行います。

それぞれの国や地域の料金はMONSTER MOBILE公式で見ることができるので海外に行く際は必ずチェックしておきましょう。

5.プランによってはいつでも解約できる

MONSTER MOBILEには1年契約のプランと縛りなしのプランがあり、縛りなしのプランならいつでも解約することができ、解約金も全くかかりませんので安心です。

1年契約のプランは契約途中で解約すると解約金が発生しますが、代わりに月額料金が安くなっています。

 

契約途中で、縛りなしプランから1年契約のプランに変更することは可能ですが、逆に1年契約のプランから縛りなしプランに変更することはできないので注意が必要です。

MONSTER MOBILEのデメリット

MONSTER MOBILEには多くのメリットがある反面、もちろんデメリットもあります。

1日ごとにデータ容量を制限しているという独特なシステムは使い方によっては魅力的ですが、少ないデータ容量で足りるユーザーにとっては料金が割高になってしまう可能性があります。

また、過去にクラウドSIMが通信障害を起こしていることも注意しなければなりません。

以下でそれぞれのデメリットの詳細をご紹介します。

少ないデータ容量で足りる人には割高になる

MONSTER MOBILEにはデイリープランがあり、1日ごとにデータ容量制限が設けられています。

デイリープランのデメリットの1つとして、1日で使わなかったデータ余った容量を翌日に繰り越しできないことがあります。

このことは、少ないデータ容量で足りる人には不利で、使わないデータ容量が無駄になってしまい、割高な印象を受けることになります。

マンスリープランであれば1ヶ月単位で毎月のデータ容量が決まっているため、日によって利用するデータ量に波がある方はマンスリープランがおすすめです。

クラウドSIMは通信障害の危険性も

MONSTER MOBILEは、クラウドSIMを使用して3大キャリアの回線を利用した通信を行っていますが、1つ問題点があります。

2020年春、クラウドSIMを使用した各社のモバイルWi-Fiルーターにおいて大規模な通信障害が起こり、問題となった事例があります。

原因は回線がパンクしたことのよるものでした。

これはMONSTER MOBILEのみに該当する話ではありませんが、クラウドSIMを使用した端末にはそのようなリスクもあるので注意が必要です。

クラウドSIMは比較的新しい技術なので、このようなトラブルは起こり得ることなので認識しておきましょう。

まとめ

MONSTER MOBILEは豊富な料金プランが用意されているので、自分に合ったプランを選んで利用することができます。

有期契約のプランでも1年契約と期間が短く、また、縛りなしプランを選択すればいつでも解約でき、解約金もかからないところはメリットです。

一方で、余ったデータ容量を繰り越しできないシステムなので注意しましょう。

MONSTER MOBILEを利用する場合は、使用するデータ容量をよくシミュレーションしたうえで契約するといいでしょう。