ポケットWiFi短期でレンタルするならどこ?おすすめをご紹介

ポケットWiFiレンタルって?

ポケットWiFiレンタルとは、テレワーク需要を受けて、注目を受けているモバイルWiFiルーターをレンタルするサービスです。

テレワークや出張、帰省、入院等の一時的に、また早急にインターネット環境が必要になったときに、レンタルのポケットWiFiはすぐにインターネット環境を用意することができます。

ポケットWiFiのレンタルのメリット

ポケットWiFiのレンタルは会社によって1日からレンタル可能なため、短期間だけインターネット回線が必要な場合に向いています。

レンタルなので、モバイルWiFiルーターの端末費は不要ですが、多くの会社は契約時の事務手数料がかかりますので注意しましょう。また、事務手数料のほかに、送料などもかかる場合もあり、その他に解約金や違約金など、各会社によって違うのでしっかり確認しておくようにしましょう。

発送につきましては、申し込みから最短翌日には利用が可能なものもあり、基本的には利用場所を選ぶこともないので、急な出張や帰省などでの利用に最適です。

ポケットWiFiのレンタルのデメリット

便利なポケットWiFiのレンタルですが、長期間の利用をすると購入するのに比べてコストが大きくなります。

また、モバイルWiFiルーターは、レンタル品となるため、安心補償に加入していない場合、故障や紛失したときに、修理負担が大きくなってしまうので注意しましょう。

さらに、ポケットWiFiのレンタルはレンタル期間が決まっているため、利用期間を延長するには手続きが必要です。

どのくらいの単位でレンタルするかによっても料金が違ってくるので、利用日数によっては、料金が割高になる可能性があります。

年単位で長期間利用したい場合は、レンタルと購入した場合のどちらが安いのか比較してみたほうが良いでしょう。

ポケットWiFiのレンタルってどこでできるの?

ポケットWiFiのレンタルは「実店舗」と「ネットで申し込み」の2種類があります。

しかし実店舗でのお申し込みは、端末機種に制限があったり、レンタル料が割高になるため、ネットで申し込みを行うことをおすすめします。

ポケットWiFiのレンタル業者のサイトに申し込みページがあるのでそこから申し込みましょう。

ポケットWiFiレンタル業者比較

ポケットWiFiのレンタルサービス業者はとても多く、テレワーク需要を受けて今も増え続けています。

そんな中から、用途に合わせたおすすめのポケットWiFiのレンタルサービス業社を3社紹介します。

一日だけレンタルしたいなら「WiFiレンタルどっとこむ」

「WiFiレンタルどっとこむ」は最短1泊2日からレンタルできる短期間向けのレンタルサービスです。

1日単位でレンタルでき、短期間での費用も他社に比べやすく設定されているため、帰省や出張などの短期間の利用に適しています。

その反面、1ヶ月以上使用する場合は、ほかのレンタルサービスのほうが安くなることが多いので少し検討する必要があります。

 

WiFiレンタルどっとこむ公式サイト

1カ月単位ならMUGEN WiFi

「MUGEN WiFi」は3大キャリアの回線が全て使え、月の通信量の上限が100GBという大容量の中では最安のレンタルサービスです。

MUGEN WiFiでは契約期間の違約金は存在しますが、オプション加入で契約期間の縛りがなくなります。

実質的に契約期間の縛りなしとして利用でき、ほかにも、低速補償、端末補償、紛失補償オプションなどの月額払いの補償オプションが多数あります。

月単位で利用する場合は、おすすめのレンタルサービスといえます。

まずは30日間のお試しで体験してみるのもいいでしょう。

 

MUGEN WiFi公式サイト

2カ月単位ならゼウスWiFi

「ゼウスWiFi」は、3大キャリアの回線が全て使え、最大の月の通信量が100GBのレンタルサービスです。契約期間の縛りなしのフリープランは、いつやめても解約金0円となっています。また、契約期間ありのプランで申し込んでも2年以降の解約であればいつ解約しても解約事務手数料は0円です。

 

さらに、おかわりギガもありデータ容量を月の途中で使い切ってしまったときも、追加でチャージすることで通信速度制限に困ることなく利用できます。

 

ゼウスWiFi公式サイト

 

ポケットWiFiのレンタルは3大キャリアでもできる

ポケットWiFiは3大キャリアといわれるdocomo、Softbank、auでも展開しています。

それぞれ、レンタルでの利用もできます。料金はどれも高めに設定されていますが、安定感もあるため検討してみても良いでしょう。ここでは、3大キャリアの特徴を紹介します。

docomo(ドコモ)

docomoのWiFiレンタルサービスはあまり情報がないため、個人向けサービスとしてはあまり大きく展開していません。

オンラインでの契約窓口もわかりづらく、料金も高いため、docomoと契約するよりもWi-Fiのレンタルサービスを行っている会社から借りたほうがわかりやすく便利です。

 

Docomo公式サイト

Softbank(ソフトバンク)

Softbankではデータ容量無制限でのレンタルサービスを1日860円で提供しています。

この辺は流石Softbankというところでしょうか。レンタル自体はネットからの申し込みで簡単にできるため、非常に便利です。

また、1日220円で紛失、破損した場合の補償があるので、万が一のために、補償プランには加入しておいたほうが良いでしょう。

 

Softbank公式サイト

au

auのポケットWi-Fiレンタルは、auは公式サービスとしては展開していないため、auの実店舗や公式サイトから直接レンタルすることはできません。

レンタルで、auのポケットWi-Fiを利用したい場合には、Wi-Fiのレンタルサービスを行っている会社から借りる必要があります。

ポケットWiFi 短期レンタルするときの注意点

便利なポケットWiFiのレンタルサービスですが、利用にあたっていくつかの注意点があります。実際に借りてみて、使えなかった、料金が思ったより多かった等の問題が起きないようにするには、どのようなことに注意して選ぶ必要があるのでしょうか?ここではポケットWiFiを短期レンタルするときの注意点を紹介していきます。

レンタル期間

レンタル期間が長期に渡ると、購入よりも高くなってしまう場合があります。使用する期間と、かかるコストをきちんと比較しておくことが大事です。

また、購入と違い、レンタルサービスは、利用開始日と返却日が決まっているため、契約時にそれらを、きちんと把握しておく必要があります。返却日に返却ができない場合、追加料金が発生する場合がありますので注意しましょう。

通信エリア

出張や旅行など、いろいろな場所で使用できるポケットWiFiですが、通信可能エリアには注意が必要です。

特に地方で使用する場合は、利用する場所が通信可能かどうか事前に公式サイトで確認をしておく必要があります。

「せっかくレンタルしたのに繋がらない」ではお金が無駄になってしまいます。

通信量

使用できる通信量は、契約する業者・サービスごとに異なります。実際に使ってみて、使用量が多すぎて、通信速度制限がかかった場合、せっかくしたレンタルの意味が半減してしまいます。

通信量の上限には、使用期間の最大通信量と、1日あたりの最大通信量などレンタル業者によって違いがあるのできちんと確認して、余裕のある通信量で契約するようにしましょう。

まとめ

引っ越しなどで「光回線の工事まで期間が空いてしまう」「テレワーク用に専用の回線が必要」「旅行に行くときだけWiFiが使いたい」など、今は、インターネットが主流の生活になりつつあります。

隙間的にインターネットに繋がらなくなってしまったとき、出張したとき、外出したときに使えるのがポケットWiFiのレンタルサービスです。

利用期間が短いため、少し割高になりがちですが、きちんと使えば大変便利なサービスです。自分にあったサービスを選択して有効に利用してみましょう。

 

おすすめは

  • 一日だけレンタルしたいならWiFiレンタルどっとこむ
  • 1カ月単位ならMUGEN WiFi
  • 2カ月単位ならゼウスWiFi

です。

 

また、ポケットWiFiをレンタルする際には、端末の破損に対する修理費用や、レンタル期間をきちんと確認して追加料金が発生しないように気をつけるようにしましょう。