ポケットWiFiってどんな仕組み?固定回線との違いとメリットを紹介

新型コロナウイルスの影響でリモートワークが普及し、自宅はもちろん、気分転換のために公園やカフェなどでインターネットを利用する方が増えています。

そんな時、フリーWi-Fiでは電波が弱いしセキュリティも不安……と思う方も多いのではないでしょうか。

そんなお悩みを解決するのが、「ポケットWi-Fi」です。

 

しかし、「ポケットWi-Fiってそもそも何?」「どういう仕組みでインターネットと接続しているの?」という疑問をお持ちの方もいるでしょう。

 

そこで今回は、どこでも速度制限を気にせずに使えるポケットWi-Fiのその仕組みや、メリット・デメリットをご紹介します。

 

ポケットWiFiってそもそもなに?

画像引用:カシモWiMAX

 

コンパクトで持ち運びしやすいため、人気のポケットWi-Fi。

正式名称は「モバイルWi-Fiルーター」です。

 

ポケットWi-Fiは、文字通りポケットに入るサイズのWi-Fiルーターで、これを持っていれば外出先でもスマホやパソコンをインターネット回線に接続することができます。

 

ポケットWi-Fiは、海外旅行や出張の際にスポットでレンタルをするものというイメージを持っている方も多いでしょう。

しかし、近年はWi-Fi端末や回線の進化によって、スマホとセットで長期契約し普段使いをするユーザーも増えています。

 

ポケットWiFiの仕組みを解説!

では、ポケットWi-Fiはどのようにインターネットに接続されているのでしょうか。

 

よく誤解されているのが、「Wi-Fi」そのものがインターネット回線ではない、ということです。Wi-Fiはあくまでインターネット回線に無線で接続するための手段を指しています。

 

簡単に言うとWi-Fiの電波がスマホとインターネット回線の間に入って、データの送受信をバトンの受け渡しのように行っているイメージです。

このバトンの受け渡しの速さが通信速度であり、バトンの量がデータ通信量となります。通信量が多すぎるとWi-Fi回線の混雑につながり、速度制限がかかる場合があります。

 

ポケットWiFiの仕組みはスマホと同じ

ここまで読んで、つまりスマホの「テザリング機能」と同じでは?と思われるかもしれませんが、それはある意味正解です。

ポケットWi-Fiの通信は、スマホにも使われている「移動体通信回線」と呼ばれるものなので、大元の仕組みはスマホと同じと言えます。

これによって、コンセントによる電源がなくても、内蔵されているバッテリーを電力にインターネットを利用できるのです。

 

全く違うように見えますが、実はポケットWi-Fiとスマホは契約している通信業者(キャリア回線)が発信している電波を利用しているという点からこの2つは類似しています。

 

固定回線とポケットWiFiの仕組みの違い

 

ポケットWi-Fiと最もかけ離れた通信手段は、固定回線でしょう。

 

固定回線は、自宅や職場などの屋内において、有線のLANケーブルを利用しインターネットに接続するシステムで、ポケットWi-Fiのように外出先では利用できません。

一昔前は、この固定回線しかインターネットに接続する方法はありませんでした。

 

固定回線を利用するには、光回線などの有線LAN(ケーブル)の回線を自宅や職場に引き込む工事が必要です。

手間はかかりますが、安定した電波を確実に受信することができ、スムーズなインターネット利用ができます。

 

自宅で仕事をしており、大きなデータの送受信をする方は、固定回線を使用したほうがいいでしょう。

一方、インターネット利用はSNSの閲覧と動画視聴程度という方であれば、ポケットWi-Fiのほうがメリットが多いかもしれません。

 

ポケットWiFiのメリット

先ほど触れたポケットWi-Fiのメリットを、3つに分けて詳しくご説明いたします。

 

  1. 外出先でも利用できる
  2. 開通工事なしで使える
  3. 料金が安い

 

では、一つずつ見ていきましょう。

 

1.外出先でも利用できる

 

ポケットWi-Fiは上記でもご紹介した通り、自宅だけではなく、外出先の公園やカフェなど、場所を選ばずに利用できます。

 

充電さえしておけば、どこでもスマホの通信制限を気にせずインターネットを快適に利用できるので、街中でもポケットWi-Fiを持ち歩いているという方は増えてきています。 

2.開通工事なしで使える

 

固定回線と違い、ポケットWi-Fiは利用するための工事などは一切必要ありません。

 

固定回線の開通工事は平均1〜2時間程度かかり、さらに工事費が平均2万円〜4万円程度別途で発生します。

 

ポケットWi-Fiは、契約後にポケットWi-Fiの端末が自宅に届いたらすぐに利用し始めることができます。

 

そのため、ポケットWi-Fiの手軽さは持ち運びができることだけではなく、始めやすいという点にもあります。

 

3.料金が安い

 

固定回線には、開通工事費(平均2万円〜4万円)に加え、毎月4,000円〜6,000円程度の月額料がかかります。

 

しかしポケットWi-Fiは工事費用もかからず、月額も毎月3,000円〜4000円程度と、固定回線と比較して非常に低価格です。

 

少しでも安い月額でインターネットを利用したい方には、ポケットWi-Fiがおすすめでしょう。

 

ポケットWiFiのデメリット

どこへでも持ち運びが可能で開通工事が必要ないなど、そんな魅力満点のポケットWi-Fiですが、残念ながらデメリットもあります。

 

  1. 固定回線の方が安定している
  2. 速度制限がかかる
  3. 充電が必要

 

こちらも一つずつ解説していきます。

1.固定回線の方が接続が安定している

 

ポケットWi-Fiは、電波を受信する端末が小さいのでインターネット接続が不安定なことが多く、固定回線と比べると通信速度も遅いです。

 

多少不安定でも気にならないという方であれば問題ありませんが、オンラインゲームなどの接続負荷が高いコンテンツを多く利用する方にとってはストレスとなるでしょう。

 

電波の安定性を最重視する方は、固定回線の利用がおすすめです。

2.速度制限がかかる

 

ポケットWi-Fiは、ものによっては「実質無制限」と表記しつつ、3日間で10GBまでなどのデータ通信量制限を設けて、快適なインターネットを保証するサービスも多いです。

通信量を超えてしまった場合は通信速度が大幅に落ちてしまい、すぐに通信速度を回復させるには追加でGBを購入することになります。

 

一方固定回線では、光回線を利用すれば通信制限はないので、データ容量を気にせずにインターネットを使用できます。

 

Wi-Fi端末の液晶に、使用したデータ量が表示されるなどの工夫がされているサービスもありますが、制限を気にしながら利用する点はデメリットになってしまうでしょう。

 

3.充電が必要

 

ポケットWi-Fiはスマホと同様に、利用したい場合は充電が必ず必要です。

充電をし忘れてしまうと、もちろん使用はできません。

 

充電のしすぎ(過充電)はポケットWi-Fiの故障の原因にもなってしまいますので、充電が完了したら充電をやめるなど、少し手間がかかります。

 

そのため、外出先で長時間利用する場合は、モバイルバッテリーをセットで持ち歩くことをおすすめします。

 

料金が安いポケットWiFiならゼウスWiFiがおすすめ

では、ポケットWi-Fiを導入するにはどのサービスを利用するのがいいのでしょうか。

料金プランやサービス内容から総合的に判断し、一番おすすめなのは「ゼウスWiFi」です。

 

ゼウスWiFiは、ポケットWi-Fiレンタル会社の中では、最安値級の価格設定で人気を博しています。

 

ユーザーに合わせて、20GB、40GB、100GBとデータ容量別にプランが選べ、月々20GBプランなら月額980円から(キャンペーン適用時)と、とてもお値打ちな料金で始めることができます。

そのため、安いポケットWi-Fiを探しているという方や初めてポケットWi-Fiを利用する方にはおすすめでしょう。

 

ゼウス WiFiのメリット

ゼウスWiFiのメリットは大きく分けて5つ。

 

  • 月々の料金が格安
  • 「クラウドSIM」で対応エリアが広い
  • 通信速度も快適
  • 海外でも、同じ端末を利用可能
  • 解約料金が安く、2年以降は無料

 

部分的に同様のサービスを行っている業者もありますが、これだけ多くのメリットがある WiFiレンタルはなかなかありません。

 

ゼウスWiFiのデメリット

しかし、他社と比較し、当然デメリットもあります。

 

  • 2年以内の解約は解約料が発生する
  • 端末の返却が必須
  • 月額が安くなるキャンペーンは、2年契約のプランのみ

 

端末料金は無料ですが、レンタルなので解約時には返却しなければいけません。

ゼウスWi-Fiを検討中の方は、まずは「契約期間の縛りなし、解約金0円」でお試しができる「フリープラン」から始めてみましょう。

まとめ

 

ポケットWi-Fiは、外出先でも自宅と変わらずに快適なインターネット利用ができることはもちろん、スマホの速度制限からも解放される心強いアイテムです。

 

しかし、固定回線に比べ電波が安定しないので、仕事などでインターネットを確実に利用したい方には少し不向きかもしれません。

 

また、データ通信量はほとんどの会社で制限があり、「実質無制限」を謳っているところでも3日間で10GBまでなどの決まりがあります。それを越すとWi-Fiの通信制限がかかってしまうので、よく確認するようにしましょう。

また、こまめな充電が必要な点も注意が必要です。

 

デメリットを留意しつつ、自分に合ったコースやプランのポケットWi-Fiを選びましょう。