テレワークにはポケットWi-Fiがおすすめな3つの理由

昨今の情勢によってテレワークで働く人が増えている今、自宅のWi-Fi環境を見直したいと思っている人も多いのではないでしょうか?

 

そんな人のために、この記事ではテレワークにポケットWi-Fiがおすすめの理由、テレワークにピッタリのポケットWi-Fiの選び方などを解説します。

 

契約する前の注意点なども説明していくので、テレワークに向けてWi-Fiの契約を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

テレワークにはポケットWi-Fiがおすすめ

 

自宅でテレワークをするのなら、ポケットWi-Fiの利用がおすすめです。なぜなら、ポケットWi-Fiは光回線と違って手軽に導入ができるため、テレワークに必須のネット環境を簡単に構築できます。

 

コスト面でも大きなメリットがあるので、これからテレワークの準備をするならポケットWi-Fiを検討してみると良いでしょう。

 

また、ポケットWi-Fiは持ち運びができるため、外出時にも使用できます。外でも使用できるというメリットは、仕事だけでなくプライベートでも役に立つでしょう。

テレワークにポケットWi-Fiがおすすめな3つの理由

ポケットWi-Fiには多くのメリットがありますが、テレワークという環境に絞った場合には、以下の3つの点が特に魅力となります。

 

  • 工事がいらずすぐに使える
  • 会社によっては解約がしやすい
  • 場所を定めずに仕事ができる

 

それぞれの項目で解説していくので、なぜテレワークにポケットWi-Fiがおすすめなのかについて、確認していきましょう。

工事がいらずすぐに使える

ポケットWi-Fiは工事をしないですぐにネット回線を開通できるので、スピーディにテレワーク環境を作れます。

 

固定回線では、「回線を契約する→工事の予定日を決める→工事をしてネットを開通する」というプロセスが必要でした。しかし、ポケットWi-Fiではこうした従来のプロセスを省略できます。

 

契約から数日、ルーターの発送に関しては即日で対応できるケースも多いため、「来週からテレワークがはじまってしまう」という差し迫った状況でも、ポケットWi-Fiなら問題なく対応可能です。

会社によっては解約がしやすい

ポケットWi-Fiの契約は、比較的解約がしやすいというメリットもあります。そのため、一時的にテレワークをする場合でも使いやすいでしょう。

 

テレワークの導入はまだ実験的な部分も多く、企業によっては、試してみた結果次第では元通りの勤務形態に戻すというケースもあります。

 

そのため、せっかく用意した自宅のWi-Fi環境が無駄になってしまう可能性も否定できません。解約がしやすいポケットWi-Fiであれば、テレワークが中止になっても簡単に対応できます。

場所を定めずに仕事ができる

ポケットWi-Fiは持ち運びが可能な通信機器なので、自宅以外の場所でも自分用のネット環境を整えられます。テレワーク中にカフェやコワーキングスペースで仕事をするといった、場所を定めない柔軟な使い方にも対応できるでしょう。

 

テレワークで自宅にこもっていると、集中力が散漫になって仕事の効率が低下することもあります。気分転換も兼ねて外で仕事をしたいという場合にも対応できるという点は、ポケットWi-Fiの大きなメリットです。

テレワークで利用するポケットWi-Fiの選び方

テレワークでポケットWi-Fiを利用するときには、仕事で使うことを踏まえた選び方をすることで、よりテレワークにピッタリの環境を構築できます。

 

テレワークで利用するポケットWi-Fiを選ぶ際には、以下の3つに注目しましょう。

 

  • 通信速度が良いものを選ぶ
  • データ量がなるべく大きい
    • ものを選ぶ
    • セキュリティが確保されているものを選ぶ

    ここでは、3つの項目に合わせて、テレワークで使うためのポケットWi-Fiの選び方を解説します。

    通信速度が良いものを選ぶ

    テレワークで使うポケットWi-Fiを選ぶときは、通信速度が速いものがおすすめです。仕事では大きなファイルを取り扱う機会も多いため、通信速度が遅いと効率が低下する恐れがあります。

    クラウドにあるファイルを頻繁にやりとりする人は、速度の安定したポケットWi-Fiを使うことで、ストレスなく仕事ができるでしょう。

    また、テレワークではZoomなどのビデオチャットを使う企業も増えているため、一定の通信速度の確保が求められます。仕事でオンライン会議などを行う場合には、1.5Mbps程度の速度を安定して出せるポケットWi-Fiを選ぶと、快適に利用できるでしょう。

    データ量がなるべく大きいものを選ぶ

    テレワークには、データ量がなるべく大きい容量のプランがあるポケットWi-Fiを選ぶと良いでしょう。

    データの使用量が少ないと、仕事の途中で通信速度が低下してしまい、スムーズな業務ができなくなる可能性があります。仕事をしながら通信量を制御することも難しいので、あらかじめ大きい容量のプランを選び、気兼ねなく使えるポケットWi-Fiを選ぶのがおすすめです。

    データ量が無制限と書かれているプランもありますが、実際は「期間内に〇GB以上使うと通信制限がかかる」というような制限をかけているケースがあります。無制限だからと安心せず、細かい条件にも注意して選びましょう。

    セキュリティが確保されているものを選ぶ

    テレワークでは、会社の資料やツールを自宅の環境で使うことになるため、セキュリティがきちんと確保されているポケットWi-Fiを選ぶのがポイントです。

    基本的に、現代のポケットWi-Fiは強固なセキュリティを有しているので安全ではありますが、使い方次第でトラブルを招く可能性はあります。

    例えば、ポケットWi-FiのパスワードとSSIDが他人に知られると無断使用されてしまう、定期的なアップデート等を行わないとセキュリティが危ぶまれるなどのケースが考えられます。

    セキュリティ面が安全なポケットWi-Fiを選ぶのはもちろんですが、セキュリティを意識した使い方をするように気を付けるのもポイントです。

    ポケットWi-Fiを契約する前の注意点

    ポケットWi-Fiをテレワークのために契約する際には、事前に確認しておきたい注意点があります。知らずに契約を進めてしまうと後悔する可能性もあるので、これからポケットWi-Fiの契約を考えている人はチェックしておきましょう。

    • 解約料金がかかる場合もある
    • 発送が遅延する可能性がある
    • 固定回線よりは速度が出ない

    詳しく解説していくので、ポケットWi-Fiの契約を考えている人は参考にしてみてください。

    解約料金がかかる場合もある

    ポケットWi-Fiがテレワークにおすすめの理由の1つとして、解約のしやすさをあげましたが、企業によっては解約金などが発生します。

    解約料金は数万円になることもあるので、事前に把握していないと思いもよらない大きな出費になってしまうでしょう。ポケットWi-Fiごとに解約料金の価格や発生する条件は異なるので、契約前に必ず詳細を確認してください。

    テレワークが短期間で終わる可能性があるのなら、解約料金が必要ないフリープランを行っているポケットWi-Fiを選ぶのもおすすめです。

    発送が遅延する可能性がある

    テレワークの普及によってポケットWi-Fiの需要が高まっているため、契約後のルーターの発送が遅延する可能性があります。状況によっては数日〜数週間ほど待たなければならないことも考えられるので、契約は早めに行っておきましょう。

    また、ポケットWi-Fiの端末を受け取れるタイミングは、居住地域などによっても変わります。関東近郊であれば、申し込みをしてから数日で受け取れることが多い傾向にありますが、地方の場合は到着までより長い時間がかかる可能性があるので注意しましょう。

    固定回線よりは速度が出ない

    ポケットWi-Fiは無線による通信を前提としているため、通信速度は固定回線より遅くなってしまいます。そのため、テレワーク以外にも使う予定がある場合には、ポケットWi-Fiの通信速度では不十分に感じられるかもしれません。

    例えば、オンラインゲームのプレイやストリーミングで高画質の動画を見たいといった場合には、ポケットWi-Fiよりも固定回線の方が向いています。

    テレワーク中に固定回線でないと支障が出るというケースは稀ですが、それ以外の使い方も考えている場合には、ポケットWi-Fiと光回線の同時契約といった方法も視野に入れた方が良いでしょう。

    まとめ

    テレワークのためにネット環境が必要になった際には、手軽に導入できるポケットWi-Fiの契約がおすすめです。工事が不要ですぐに利用できますし、解約も簡単なのでテレワーク期間が終わったらすぐに解約できます。

    もちろん、ポケットWi-Fiはビジネスだけでなくプライベートでも活躍してくれるので、毎日が充実するきっかけにもなるでしょう。

    記事で紹介したポケットWi-Fiの選び方や注意点を参考に、ぜひポケットWi-Fiの導入を検討してみてください。