ポケットWi-Fiのメリット•デメリットを紹介。快適なポケットWi-Fiはどれ?

自宅はもちろんのこと、外出先でも不安定な電波や速度制限に恐れることなくスマートフォンやパソコンを快適に使うことができるマストアイテムとして最近では特に、ポケットWi-Fiは多く利用されています。

 

本記事ではそんなポケットWi-Fiのメリット・デメリットやより快適に使えるポケットWi-Fiはどれなのかをご紹介します。

 

ポケットWi-Fiのメリットとは?

年々利用者数が増えているポケットWi-Fiはコンパクトで持ち運びやすく、小さいのに対応エリアも広く高性能になってきてます。

 

ポケットWi-Fiには、どんな人にどのようなメリットがあるのか、下記に3つご紹介します。

 

どんな場所でもネット接続ができる

 

ポケットWi-Fiは、対応エリア内であれば自宅でも外出先でも接続が可能です。

「ホームルーター」や「固定回線」などは家のコンセントに挿して利用するので持ち運びは基本的にできません。しかし、ポケットWi-Fiは充電をしておけば、好きなところで利用できるので利便性も高く人気があります。

 

工事不要ですぐ使える

 

ポケットWi-Fiは「固定回線」のように、自宅に回線を通す工事が不要です。

そのため、回線の開通工事をしてくれる会社と予定をすり合わせることがなく、契約開始後ポケットWi-Fiのルーターが届き次第Wi-Fiを利用できます。

「固定回線」は開通工事で、自宅の壁などに穴を開けなければいけないケースがあることに比べ、ポケットWi-Fiはどこにも傷をつけることなく使用できるので、賃貸に住んでいる人にも人気が高いです。

 

月額料金が安い

 

自宅や職場のみで使用する「固定回線」や「ホームルーター」は基本的にデータ通信量を気にせず使えますが、月額料金はが平均4,000円〜5,000円台のものが多いです。

一方、ポケットWi-Fiはデータ通信量が決まっているものが多いですが、月額料金は3,000円〜4,000円台のものが多く、月々の支払金額が固定回線やホームルーターに比べると比較的安い傾向にあります。

選ぶプランによってはもっと金額を抑えることもできるので、毎月の支払額を減らしてインターネットを最適に利用したい方には、ポケットWi-Fiがおすすめです。

ポケットWi-Fiのデメリットはある?

 

どこでもインターネットが利用でき、回線の通す工事も不要で月額料金が安いメリットを持つポケットWi-Fiですが、デメリットもあります。

ポケットWi-Fiの気づきにくいデメリットを下記に4つご紹介します。

 

契約期間に縛りがあることが多い

 

手軽に持ち運べるポケットWi-Fiですが、料金が安い代わりに契約期間の縛りがあることが多いです。契約期間にもよりますが、例えば2年契約で契約期間内に解約した際は平均的に約1万円〜2万円の解約金を取るといったところが少なくありません。

 

一度短期間だけポケットWi-Fiを利用してみたい方には、契約期間に縛りのないポケットWi-Fiを選ぶことをおすすめします。

 

通信速度制限がある

 

ポケットWi-Fiには、データ通信の速度制限があることが多いです。

容量の大きいものだと無制限と表記していたりしますが、実際はデータ通信を日数で決めて、それを超えた場合は速度制限がかかってしまい、インターネットの通信速度が遅くなってしまう通信会社が多くあります。

 

月に100GB使えるポケットWi-Fiのプランもありますが、「ホームルーター」や「固定回線」のようにデータ使用量に制限がないものと比べると、ゲームなどをよく利用する方には容量が足りず、デメリットになるでしょう。

 

固定回線よりは速度が出ない

最近の「固定回線」は、「光回線」と呼ばれる早くて安定した回線を利用しています。

それに対してポケットWi-Fiは無線LANでケーブルがなく、どこへでも持ち運びができる強みがありますが、通信が不安定になりやすく、通信速度も遅いです。

インターネットを、安定した早い通信環境下で必ず利用したい人には、安定した回線である「光回線」の検討をしたほうがいいでしょう。

充電が必要

「ホームルーター」や「固定回線」のようにコンセントから電気を得ているルーターは充電器の抜き差しは必要ありませんが、ポケットWi-Fiは持ち運ぶ時に充電をしておかないと利用できません。長時間利用する人はこまめに充電をする必要があるでしょう。

 

さらに、外出先でポケットWi-Fiの充電が切れることを懸念して、ポケットWi-Fi用のモバイルバッテリーを持ち歩く方も少なくないです。このように荷物が増えるため、たくさん持ち歩いたりするのが嫌な方にはデメリットとなるでしょう。

 

契約縛りなし!実質料金が安いポケットWi-Fiなら「ZEUS Wi-Fi」

引用:ZEUS Wi-Fi

 

「ゼウスWi-Fi」のポケットWi-Fiは、契約期間縛りなしで解約事務手数料も0円などのプランがあり、魅力的な会社として人気です。

 

そんな「ゼウスWi-Fi」のおすすめポイントを下記にご紹介します。

 

ドコモ・au・ソフトバンクの回線が利用できる

 

ゼウスWi-FiはクラウドSIMを利用しているので、ドコモ、au、ソフトバンクの中から、一番つながりやすいキャリア回線に切り替えることが可能です。対応エリアが広く、使えないエリアが少ないため快適なインターネット環境を自身で整えることができます。

これによって、ポケットWi-Fiにありがちな「一つの回線に利用者が集中し、混雑して通信速度が遅くなってしまう」というリスクを回避できるでしょう

海外でもそのまま利用できる

 

ゼウスWi-Fiは、世界106カ国で利用が可能です。ほとんどの国と地域でWi-Fiが使えるので、海外出張のため使う方も増えています。

さらに、SIMカードの差し替え、申し込みなどの面倒な手続きも不要なところも人気の一つとなっており、海外でも、国内と変わらずスムーズなインターネットを利用したい方にはおすすめです。

 

契約期間の縛りがないのでお試しで使うのにちょうどいい

 

ゼウスWi-Fiのプランには、契約期間の縛りありのプランと、縛りのないプランがあります。契約期間の縛りがあるプランでは、月額料金が縛りなしのプランに比べ安くなりますが、契約して2年以内の契約期間に解約をすると10,450円(税込)の解約金が発生します。

そこでおすすめなのが契約期間のないプランです。

契約期間の縛りがないプランは、月額料金が高くなるものの、解約金がないので自身のタイミングで料金を気にせず契約解除が可能です。

ポケットWi-Fiを一度試したい人も気軽に申し込むことができるでしょう。

まとめ

ポケットWi-Fiは自宅、外出先のあらゆる対応エリア内でインターネットの利用が快適に行うことができ、持っていると大変便利なアイテムです。

外出先でも動画やインターネットを楽しみたい、速度制限を気にせずにネットサーフィンをしたいという人は、ゼウスWi-FiでポケットWi-Fiを試してみると良いでしょう。