本当に格安なポケットWiFiはどれ?おすすめも11選をご紹介!

場所を問わずWiFi通信ができるポケットWiFi。家ではもちろんのこと、外出先でもスマホ、パソコン、タブレット、ゲーム機などをインターネットに繋げられるので非常に便利です。しかし、ポケットWiFiはサービスの種類があまりにも多く、何がいいのか、どの会社が安いのかが一目ではわかりにくくなっています。

本記事ではそんなポケットWiFiサービスのおすすめ事業者を、料金やデータ通信、速度といった「選ぶポイント」ごとにご紹介いたします。

 

ポケットWiFiの導入を検討している方はぜひ最後まで読んで参考にしてください。

知らないと恥ずかしい?!ポケットWiFiって何?

ポケットWiFiとは、その名の通りポケットサイズ・手のひらサイズのWiFiルーターです。正式名称はモバイルWiFiルーターですが、Y!mobileが出していた「Pocket WiFi」という商品名が浸透していって、のちにモバイルWiFiルーターをポケットWiFiと呼ぶようになりました。

名前から想像できる通り、WiFiを持ち歩けることが特徴の製品なので、家でも出先でも、スマホで契約しているキャリアのギガを消費せずに通信できます。

とはいえ、ポケットWiFiにはポケットWiFiで定められているギガ・通信量があるので注意が必要です。

まずは「ポケットWiFiを選ぶときのポイント」から順番にチェックしていきましょう。

なお、本記事で紹介しているキャンペーンや価格は2021年12月時点の情報に基づいています。

ポケットWiFiを選ぶときのポイント

最初にポケットWiFiを選ぶときに意識したい「4つのポイント」をご紹介いたします。

①データ通信

②速度

③契約期間

④料金

どの観点もポケットWiFiを使う上で非常に重要になってくるので、契約前に必ず確認してください。それぞれを詳しく見ていきましょう。

①データ通信

最初に意識するべきなのは、やはりデータ通信です。特に「通信量」は必ず複数社を比較することをおすすめします。

動画をたくさん見たい、データをたくさんダウンロードしたいのであれば大容量のデータ通信プランがおすすめです。

外出先でも仕事をしたい、ちょっとした資料の確認をする程度であれば、少ない容量で問題ない場合があります。

このように用途によって通信量が変わってくれば、契約する内容も変わってくるでしょう。ポケットWiFiを効率的に契約するためにとても大切なポイントです。

②速度

ポケットWiFiは、WiMAXやクラウドSIMなどの種類があり、それぞれ数多くの事業者が提供しています。

各事業者が提供しているサービスによってそれぞれ速度が異なるので必ず確認しましょう。

通信速度が遅いのはストレスにもなりますし、満足度に直結するポイントでもあります。

あまりにも速度が遅いと、ポケットWiFiを購入するメリットも半減するでしょう。

機器ごとに最大通信速度が異なるので、必ず機器を確認するほか、実際に使っているユーザーのレビューなどもチェックすると良いです。

③契約期間

スマホや光回線などのネット通信を契約する際に、利用契約期間が定められている時がありますよね。

実はポケットWiFiも例に漏れず、2年や3年といった契約期間の縛りがある事業者が多いです。

契約更新月以外に解約すると高額な違約金が請求されることもあるので、契約期間の有無や違約金の金額は必ず確認をしておきましょう。

最近は縛りなしのプランを提供している事業者もあります。契約期間の縛りに関してはユーザーによって考え方は異なります。例えば、長期で使う予定だから契約期間に縛りがあっても月額安い方がいい、とか、出張に持って行きたいから日ごとの契約プランがいい、など、状況によってさまざまです。そのため、自身のニーズに合ったプランを探すことが大切になってきます。

④料金

誰もが気になる最大のポイントは料金です。

ポケットWiFiの料金なんてどこもそんなに変わらないのでは?と思う方もいるかも知れませんが、実際は事業者によって料金に大きな差があります。

データ容量や速度といったプラン内容によって料金は変動しますが、できれば低価格で高スペックなポケットWiFiを手に入れたいという方は多いと思います。。

料金はもちろん、今まで説明したポイントを意識しながらポケットWiFiを選ぶと良いでしょう。

格安なポケットWiFiはこれだ!

 

月間最大容量 最大容量時料金(税込) 最安プラン料金(税込)
楽天モバイル 無制限 3,278円 0円(1GB未満)
どこよりもWiFi 無制限 3,400円 900円(5GB未満)
MONSTER MOBILE 155GB(5GB/日) 3,828円 2,090円(20GB/月)
THE WiFi 100GB 3,828円 1,298円(1GB未満)
ZEUS WiFi 100GB 3,828円 2,178円

 

最初は「料金」という観点からおすすめのポケットWiFiを5社紹介いたします。

料金を重視して厳選した5社ですので、どの事業者も間違いなくお得にポケットWiFiを利用できるはずです。

おすすめの事業者を1社ずつ詳しく解説します。

 

格安①:楽天モバイル

月間データ通信量 料金(税込)
~1GB 0円
1~3GB以下 1,078円
3~20GB以下 2,178円
20GB~ 3,278円

引用元:楽天モバイル公式サイト

MNOとして、docomo、au、Softbankに続く4社目の通信事業者となった楽天モバイルは、革新的なプランを打ち出し常に業界を驚かせています。

そんな楽天モバイルは、ポケットWiFiもスマホと同じ「Rakuten UN-LIMIT VI」というプランで、使用したデータ量に応じて料金が変動するサービスを提供中です。

料金が圧倒的に安いだけでも凄いのですが、特筆すべきなのは1GB未満は0円だということです。生活スタイルによりますが、ポケットWiFiを使わない月もある人にとっては使っていないのに高額な通信費を支払わずに済むので大変お得かつスマートだといえるでしょう。

格安②:どこよりもWiFi

容量 2年縛りアリ(税込) 縛りナシ(税込)
~5GB 900円 1,400円
5~20GB 1,900円 2,400円
20~50GB 2,900円 3,400円
50GB~ 3,400円 3,900円

引用元:どこよりもWiFi公式サイト

 

どこよりもWiFiは、使ったデータ量に応じて料金が変動するプランを提供しています。

楽天モバイルのように無料の枠はないものの、使わなかった月は自動的に低価格な料金になるので賢い使い方ができるでしょう。

また、縛りなしのプランがあるというのも魅力的です。

各月プラス500円で縛りなしにできるので、2年以内に解約する可能性が高い方に強くおすすめできます。

もちろん縛りありの方が月々の料金は下がるので、2年使うことを想定してポケットWiFiを探しているという場合は縛りありの方がお得です。

 

格安③:MONSTER MOBILE

データ量 デイリープラン
縛りアリ料金(税込) 縛りナシ料金(税込)
2GB/日(月最大62G) 2,728円 3,278円
3GB/日(月最大93GB) 3,278円 3,828円
5GB/日(月最大155GB) 3,828円 4,378円

 

データ量 マンスリープラン
縛りアリ料金(税込) 縛りナシ料金(税込)
20GB/月 2,090円 2,640円
50GB/月 2,640円 3,190円
100GB/月 3,388円 3,938円

引用元:MONSTER MOBILE公式サイト

 

MONSTER MOBILEは、縛りなしプランと「1年契約」プランがあるのが特徴のポケットWiFi事業者です。

通常縛りは2年~3年というケースが多いですが、MONSTER MOBILEは1年契約なので比較的利用しやすいメリットがあります。縛りありでこの料金は、他社と比べても圧倒的低価格です。

加えて、1日ごとの通信量を設定するデイリープランと月間容量を決めるマンスリープランがあり、ユーザーのニーズに合わせたプランを選べるのもポイントです。

毎日決まった量のギガを消費する方はデイリーを、1日ごとにムラがある方はマンスリープランを契約してみてはいかがでしょうか。

格安④:THE WiFi

データ量 100GBプラン(税込) FiTプラン(税込)
1GB/月 3,828円 1,298円
5GB/月 1,628円
20GB/月 2,068円
40GB/月 2,596円
100GB/月 3,960円

引用元:THE WiFi公式サイト

2021年12月現在、4ヶ月間料金が0円で利用可能というキャンペーンを実施中です。

そのため、縛り期間である2年間の実質月額が3,828円から3,218円に引き下がっており、相当な低価格でポケットWiFiを利用できます。

加えて、30日間のお試し期間を設けてくれているのもポイントです。

特にポケットWiFiを初めて利用される方の場合は、使い勝手や実際の電波の入り方などが分からない場合もあるはずです。

THE WiFiであれば最初の30日間は解約金不要なので、初めてでも安心して契約ができます。

格安⑤:ZEUS WiFi

データ量 縛りアリ

スタンダードプラン(税込)

縛りナシ

フリープラン(税込)

キャンペーン適用 通常料金 通常料金
20GB/月 980円 2,178円 2,618円
40GB/月 1,680円 2,948円 3,278円
100GB/月 3,278円 3,828円 4,708円

引用元:ZEUS WiFi公式サイト

 

ZEUS WiFiは、2021年12月時点で契約後3ヶ月間料金を割り引くというキャンペーンを実施しています。

割引後の料金を他社と比較してみると、非常に低価格でコスパに優れていることが分かります。キャンペーンは割引だけでなく「1年間毎月最大10GBプレゼント」という容量増量のキャンペーンも実施中なので、毎月お得に利用することができるでしょう。

一方で、通常料金は他社とあまり大差がありません。キャンペーンを上手く活用できるかどうかが、選ぶポイントになるでしょう。

ポケットWiFiデータで選ぶなら

「データ量」に重点を置いてポケットWiFiを選ぶときは、どの会社がおすすめなのでしょうか。基本的にポケットWiFiは100GB程度が1つの最大容量の目安となるので、料金もほとんど横並びで、縛りがあるかないか程度の差しかありません。

そんな中でも容量無制限で使える事業者をご紹介いたします。

データ通信①:楽天モバイル

月間データ通信量 料金(税込)
~1GB以下 0円
1~3GB以下 1,078円
3~20GB以下 2,178円
20GB~データ無制限 3,278円

引用元:楽天モバイル公式サイト

 

上記でも少し説明をしましたが、楽天モバイルは楽天回線エリアであれば、データ量はなんと無制限で利用が可能です。

もちろん、ポケットWiFiに多い「3日制限」もなく、通常の回線速度でデータ量を無制限で使い放題なのは非常に大きな特徴です。

とにかくデータ通信をしたいという方におすすめできます。

 

データ通信②:UQ  WiMAX

WiMAX業者 UQ WiMAX
料金 4,268円(税込)

※26ヶ月目以降4,818円(税込)

5G対応
月間データ容量 無制限

(3日で15GB超過時速度制限あり)

通信速度 下り最大2.7Gbps 上り最大183Mbps

引用元:UQ WiMAX公式サイト

 

UQ WiMAXは以前からデータ通信量無制限を謳っている事業者です。

中でも「WiMAX + 5G」は、WiMAXに加えて5Gも使えるという魅力的なプランとなります。

WiMAX系は、3日間で15GBを使用すると一時的に速度制限になる仕組みですが、一般的な速度制限とは異なり、ネットサーフィンや標準画質での動画視聴なら問題ないでしょう。

5Gプランは「5Gはじめる割」というキャンペーンも実施されており、当月含め25ヶ月間550円/月(税込)が割引されるお得な料金で契約可能です。

ポケットWiFi速度で選ぶなら 

ポケットWiFiを速度面で選ぶのであれば、やはりWiMAXがおすすめです。

しかもWiMAXは5G対応プランもいち早く提供を始めたので、ますます「通信速度で選ぶならWiMAX」といった印象が強くなっていくことでしょう。

速度①:UQ WiMAX

UQ WiMAX
プラン名 ギガ放題プラス

(WiMAX +5G)

ギガ放題
データ容量 上限なし

(3日で15GB)

上限なし

(3日で10GB)

料金(税込) ~25ヶ月目

4,268円

26ヶ月目以降

4,818円

4,268円
最大下り速度 2.7Gbps 1.2Gbps
最大上り速度 183Mbps 75Mbps
契約期間 2年
違約金 1,100円(税込)

引用元:UQ WiMAX公式サイト

WiMAXの本家ともいえるUQ WiMAXは、解約の際の違約金が1,100円というメリットがあります。

しかし、解約時期によって端末代の残債を支払わなければならなかったり、端末代が含まれるため月額利用料が記載されている料金よりも割高になるというデメリットがあります。

この点についてはよく確認して注意しておきましょう。

 

なお、ポケットWiFi端末を所有している方は加えて、SIMだけで契約することも可能です。

SIMだけの契約なら端末代金が不要になるので、低価格でWiMAXの高速回線を使えるでしょう。

 

速度②:カシモWiMAX

カシモWiMAX
データ容量 上限なし

(3日で15GB)

料金(税込) 初月

1,408円

2ヶ月目以降

4,455円

最大下り速度 2.7Gbps
最大上り速度 183Mbps
契約期間 3年
違約金 0~12ヶ月目

20,900円(税込)

13~24ヶ月目

15,400円(税込)

25~36ヶ月目

10,450円(税込)

更新月(37ヵ月目)

0円

38ヶ月目以降

10,450円(税込)

引用元:カシモWiMAX公式サイト

 

カシモWiMAXは、WiMAX系事業者によくある一定期間経過後に料金が変動する複雑な料金体系ではなく、初月に大きく割引、以降はずっと定額というシンプルな料金が特徴です。

カシモWiMAXもUQ WiMAXと同じくWiMAX + 5Gプランを提供中ですが、UQ WiMAXと異なるのは「端末代金も無料」ということです。

5G対応ルーターを無料で入手できるので、WiMAXデビューがしやすい事業者だといえるでしょう。

ただし、更新月以外の解約に伴う違約金が高額であること、そして3年契約であることは要注意です。

ポケットWiFi契約期間で選ぶなら

ポケットWiFiは契約期間の縛りがある事業者が多いです。

その中でも契約期間が短めのWiMAX事業者1社と、クラウドSIM系事業者をご紹介します。

契約期間①:BIGLOBE WiMAX

UQ WiMAX
プラン名 BIGLOBE WiMAX +5G BIGLOBE WiMAX 2+
データ容量 上限なし

(3日で15GB)

上限なし

(3日で10GB)

料金(税込) ~24ヶ月目

4,378円

25ヶ月目以降

4,928円

4,378円
最大下り速度 2.2Gbps 1.2Gbps
最大上り速度 183Mbps 75Mbps
契約期間 1年
違約金 1,100円(税込)

引用元:BIGLOBE WiMAX公式サイト

 

BIGLOBE WiMAXは、WiMAX系では非常に珍しい1年契約プランを提供しているWiMAX系事業者です。

さらに、更新月以外に解約をしても違約金は1,100円(税込)と、良心的な料金なのも魅力です。

もちろん回線や端末はWiMAXなので、高速通信・安定した信頼性の高い通信を実現しています。WiMAXを使いたいけど、2~3年も長期で使う気がしないという方に強くおすすめです。

なお、2021年12月時点でWiMAX 2+プランはSIMカードのみ申し込み可能となっているのでポケットWiFi端末を持っていない方はご注意ください。ポケットWiFi本体も含めた契約は、BIGLOBE WiMAX +5Gのみとなっています。

契約期間②:縛りなしWiFi

データ量 料金(税込)
40GB/月 3,366円
50GB/月 3,575円
60GB/月 3,630円

 

引用元:縛りなしWiFi公式サイト

 

縛りなしWiFiは、その名の通り縛りがないプランをメインプランとして提供をしているポケットWiFi事業者です。

40GB・50GB・60GBから必要な容量のプランを選択でき、料金は3つとも全て3,000円台に収めています。名前の通り縛りがないプランもあるので、解約しやすいのはポイントでしょう。

縛りがないプランは、契約期間や違約金などを気にせず必要が無くなったら気軽に解約できる便利なポケットWiFiなので、あくまでポケットWiFiが一時的に必要で長期にわたって使う可能性は低いという方におすすめできます。

格安ポケットWiFiを選ぶ時に覚えておきたい注意点

ポケットWiFiは時代が進むにつれて続々と新しい事業者が登場しています。

それに伴って、料金も徐々にではありますが、低価格化が進んでいる傾向に見られます。しかし、決して「安さだけに釣られない」ようにしてください。

パッと見の料金がもし安くても、それはキャンペーン料金で1~2ヶ月だけの低価格料金かもしれません。

実際には「キャンペーンじ以外の料金は割高だった」という場合や、「3年といった長期契約だった」、「違約金が高額だった」などというケースもないわけではありません。

格安ポケットWiFiを選ぶときには、必ずキャンペーンではない「実際の月額料金」や「契約期間(縛り期間)」などもチェックするように意識しましょう。

 

まとめ

今回はポケットWiFiの中でも特に「格安」なもの、そして選び方まで一気にチェックしてきました。

ポケットWiFiを提供している事業者は非常に数多く存在しており、料金形態やプラン内容が複雑なものもあるため、比較して探すのに手間がかかってしまいます。そんな時はこの記事を参考に、気になるポイントごとにおすすめの事業社をチェックしてみてください。

きっと自身のライフスタイルにぴったりなポケットWiFiサービスが見つかるでしょう。

外出先でも高速ネット通信を思いっきり利用できる便利なポケットWiFi。

後悔のない選択をするために、契約前は入念に調べておきましょう。