WiMAXのデータ通信量は本当に「無制限」?口コミでわかるWiMAX!

ポケットWiFiとセットで名前を見かける機会が多い「WiMAX」ですが、聞いたことはあってもその実態まではいまいち認識できていないという方も少なくないかもしれません。

データ通信量無制限とかかげているWiMAXですが、果たしてそんな夢のような回線があるのでしょうか。この記事では、WiMAXのデータ通信量が本当に無制限なのかという疑問や、実際に使ってみた方の口コミ、WiMAX以外におすすめのWiFi事業者などもまとめてご紹介していきます。契約を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

初心者必見【WiMAX】とは

WiMAXとは、いわゆる「4G」や「5G」と同じ通信規格のことです。

イメージではサービス名のように思えますが、実際は回線の総称と言うべき「規格」であることを押さえておきましょう。

 

WiMAX=ポケットWiFiというイメージが強いのは、日本国内においてUQ WiMAXやBroad WiMAXなどが「WiMAX回線を利用したポケットWiFi・モバイルルーター」のサービスを提供しているからです。

厳密には違えど、実際のところはWiMAXという単語はポケットWiFiのサービスを指すことが大半であることを覚えておきましょう。

 

※なお、本記事に記載されている料金は全て税込み表記となります。

 

UQ WiMAX のポケットWi-Fiプランをご紹介

WiMAXには数多くの事業者が存在しているのをご存じでしょうか。

UQ WiMAX、Broad WiMAX、カシモWiMAX、GMOとくとくBBなど、たくさんの事業者があります。

今回の記事では、日本におけるWiMAX事業の本家ともいうべき最大手事業者「UQ WiMAX」に注目し、提供されているプランについてご紹介します。

 

月間データ量上限なし!ギガ放題 

まず、最も基本的なプランが「ギガ放題」というプランです。

その名の通り「ギガ放題」、つまり月間データ通信量の制限・上限はありません。

使用回線はWiMAX2+で、端末にもよりますが下りの最大速度が1.2GbpsであったりとWiMAXらしい高速回線を存分に楽しめるプランです。

月額は税込4,268円で、ポケットWiFi系の中でも比較的手頃な価格で契約ができます。

ただし2021年12月時点で端末の数が減少傾向にあり、UQ WiMAX以外のWiMAX系事業者では新規受付を停止している事業者もあるようです。

「ギガ放題」はUQ WiMAX公式サイトの料金プランページにプランとして表記されていますが、2021年12月現在、申込画面をみるとすでに新規受付ができないようです。どうしてもこちらを契約したい場合は問い合わせてみるといいでしょう。

 

5G対応!ギガ放題プラス

最新の通信規格である5Gも使えてしまうという魅力的なプランが「ギガ放題プラス」になります。WiMAX系事業者が「WiMAX +5G」として普及を進めているプランで従来のギガ放題プランに加え5Gが利用できます。

こちらも端末によりますが、2021年12月時点でUQ WiMAXが取り扱っている機種だと下り最速2.7Gbpsという圧倒的なスピードを誇ります。

 

料金は本来4,818円ですが、現時点では「WiMAX +5G はじめる割」を利用できるので、25カ月間は550円引いた「4,268円」で利用が可能です。

 

WiMAXのデータ通信量「実質」無制限とはどういう意味?  

WiMAXのデータ通信量は多くの事業者で「無制限」とされています。しかし厳密には「実質無制限」となるので少し注意が必要になるでしょう。完全無制限ではなく実質無制限となっている要因は、「3日制限」というルールによるものです。

UQ WiMAXに限らず、WiMAX系事業者は直近3日間で一定量以上のデータ通信を行った際に「翌日の混雑時間帯、おおよそ18時頃~翌2時頃に通信制限」が課されます。

これを「3日制限」と呼び、3日制限が適用されると通信量がおおむね1Mbpsまで制限されるので、高画質で動画を見たり容量の多いゲームをするとストレスを感じる可能性があります。とはいえ1Mbpsであれば、インターネットサーフィンや標準画質(360p)の動画なら問題なく視聴可能です。

 

ちなみに、制限が課される一定通信量はギガ放題の場合は「3日で10GB」、ギガ放題プラスは「3日で15GB」となるのでこちらも押さえておきましょう。

 

 UQ以外にも!WiMAXのおすすめ事業者をご紹介

もちろんUQ以外でもおすすめできるWiMAX事業者が存在しています。

今回はWiMAX系事業者の中でも料金が低めである「カシモWiMAX」と「Broad WiMAX」についても紹介します。

それでは、1社ずつ特徴や注意点をチェックしていきましょう。

カシモWiMAX

引用元:カシモWiMAX公式サイト

 

カシモWiMAXは料金体系が分かりやすいことが特徴です。

 

カシモWiMAXが提供しているWiMAX +5Gは、2021年12月時点では初月を大幅な割引価格1,408円で利用でき、2カ月目以降はずっと定額4,455円というシンプルな料金体系が売りです。さらに端末代などが無料なので、高額な端末を無料で入手できるのも大きな特徴の1つでしょう。

キャッシュバックなどの場合、メールの手続きや申し込みなど面倒かつ忘れてしまいがちな工程が多いですが、カシモWiMAXであれば自動的に初月が無料、端末も無料なので安心できます。

ただし3年契約であることや、契約更新月以外での解約に伴う違約金も少々高額なので注意しましょう。違約金の詳しい金額は以下のとおりです。

 

0カ月目~12カ月目までのご解約の場合:20,900円

13カ月目~24カ月目までのご解約の場合:15,400円

契約更新月を除く25カ月目以降のご解約の場合:10,450円

引用元:カシモWiMAX公式サイト

 

Broad WiMAX

引用元:Broad WiMAX公式サイト

 

Broad WiMAXもカシモWiMAX同様に低価格な料金が特徴的なWiMAX系事業者です。

カシモWiMAXとはプランが複数提供されているという違いがあります。

Broad WiMAXでは、5G対応のプランとして、契約期間が3年と長い代わりに月々の料金が控えめなギガ放題プラスDX(3年)、そして2年のギガ放題プラス(2年)を提供しています。さらに、4G回線になりますが従来のギガ放題(WiMAX2+)プランも提供中です。

低価格な料金が特徴的なBroad WiMAXは例えば、3年プランであるギガ放題プラスDX(3年)の場合月額の料金は以下のようになります。

 

・1、2カ月目:月額2,090円

・3〜36カ月目:月額3,894円

・37カ月目以降:月額4,708円

 

端末代や事務手数料といった初期費用は発生しますが月額料金はお得に契約ができるので、WiMAXデビューをしたい方におすすめです。ただし、違約金も解約時期によっては高額になってしまうので、3年使う可能性が低い場合は注意しましょう。

 

WiMAXの「無制限」って実際どうなの?口コミまとめ

ここまでWiMAXについて紹介してきましたが、実際のところWiMAXがかかげている実質「無制限」というのは実際どうなのでしょうか?

こういった疑問を解決する際に役立つのが口コミです。ここからはTwitterに投稿されているWiMAXの口コミをご紹介します。

 

口コミ①    普通に使うなら問題なく使用できた!

 

こちらの口コミからは、多少の動画などを見る分にはUQ WiMAXで問題がないことが分かります。もちろん同時に接続する台数や回線を使う人数によっても異なりますが、2〜3名ほどであれば特段にストレスを感じることは少ないでしょう。

 

口コミ②    10GBはあっという間だけど……

 

 

WiMAXはデータ量無制限をかかげているものの、3日間のデータ通信量次第で速度制限が実施されます。そのため、動画サイトなどを頻繁に使用すると3日であっという間に10GBを超えてしまい、速度制限にストレスを感じている方の声が見られました。

しかし速度制限がかかる時間帯は主に翌日の夕方18時から深夜の2時頃なので、混雑時間帯以外の時間(朝など)であれば制限の影響を受けにくい可能性があります。

 

WiMAXは速度制限がないという勘違いをしないようにしっかりと認識をしたうえで契約するようにしましょう。

 

口コミ③ 料金も安くて満足!

 

契約料金が比較的安いのに加え代理店の割引やキャンペーンを使うと提示されている料金よりも安く使うことができます。長期間使用する予定のある方は2年・3年縛りの契約を結ぶとよりお得になるでしょう。

口コミでは料金の安さでWiMAXを選んでいる方が多く見られました。

3日で10GBでは足りない!そんな時は……

ここまでお伝えしてきた通り、WiMAXは3日で10GBもしくは15GBで制限が課されてしまいます。人によっては3日で10GBでは足りない!という方もいると思います。そういった場合はクラウドSIM系のポケットWiFiも検討するといいでしょう。

クラウドSIM系は「1カ月間」のデータ通信量で契約するケースが多いので、短期でデータ通信が集中しても「1カ月」の契約量に達するまでは速度制限がないというメリットがあります。3日制限では困る人はクラウドSIM系のポケットWiFiを検討するといいでしょう。

 

無制限ではないけど大容量の安心ポケットWiFi

最後にWiMAXではなくクラウドSIM系のポケットWiFiでおすすめの事業者を紹介いたします。

今回は数あるクラウドSIM系ポケットWiFiから厳選し3社をピックアップしました。

それでは見ていきましょう。

ZEUS WiFi

 

データ量 縛りアリ

スタンダードプラン(税込)

縛りナシ

フリープラン(税込)

キャンペーン適用 通常料金 通常料金
20GB/月 980円 2,178円 2,618円
40GB/月 1,680円 2,948円 3,278円
100GB/月 3,278円 4,268円 4,708円
通信速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbps

  引用元:ZEUS WiFi公式サイト

 

ZEUS WiFiは月間通信量の選択肢が豊富なのが魅力のクラウドSIM系ポケットWiFiです。

20GB・40GB・100GBの3つから自分の使い方に合ったデータ量のプランを契約できます。

また、2021年12月時点で契約後3カ月間割引価格、さらに1年間毎月最大10GBプレゼントという太っ腹なキャンペーンを実施しているのもポイントです。

 

キャンペーン適用外ですが縛りの有無も選べるので、きっと自分に合ったプランを見つけられるでしょう。

どこよりもWiFi

容量 2年縛りアリ(税込) 縛りナシ(税込)
~5GB 900円 1,400円
5~20GB 1,900円 2,400円
20~50GB 2,900円 3,400円
50GB~ 3,400円 3,900円
通信速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbps

          引用元:どこよりもWiFi公式サイト

 

どこよりもWiFi最大の特徴は、使用したデータ量に応じて料金が変動するという部分です。

従来のポケットWiFiは、たとえ1GBもデータを消費していなくても満額を支払う必要がありました。

しかし、どこよりもWiFiであれば使わなかった月は支払いが抑えられるので上手く使えばお得に利用できるでしょう。

 

頻繁に使うわけではない、月によって使用データ量にムラがある、という方に特におすすめのポケットWiFiです。月間50GB以上利用した場合も料金は変わらず、無制限に使用できるので大量のデータ通信を行いたい方にもおすすめできます。ただし、1日で4GB以上の通信を行うと速度制限が課される場合があるので注意しましょう。

 

それがだいじWiFi

プラン 料金
50GBプラン 2,948円
100GBプラン 3,718円
通信速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbps

引用元:それがだいじWiFi公式サイト

 

それがだいじWiFiは50GB・100GBと大容量のデータ通信量を比較的手頃な価格で提供しているクラウドSIM系ポケットWiFiです。

端末はレンタルという形式が多いクラウドSIM系WiFiの中では珍しく、機械を購入する形式なのが特徴となっています。しかし、購入とはいえ端末代は実質無料になるのでご安心ください。26,400円という端末代金は1,100円の24回払いで、そこから毎月の利用料から1,100円割引かれるので実質無料となるのです。

更新月以外での違約金は4,950円と比較的控えめですが、解約時期によっては端末代の残債を支払わなければならなくなるので注意しましょう。

 

まとめ

WiMAXはデータ無制限で利用ができます。ただし、直近3日間で10GBもしくは15GBを超過した場合には翌日の混雑時間帯に速度制限があることを覚えておきましょう。

特にオンラインゲームや動画視聴をしたいという方には注意が必要ですが、速度制限と言ってもネットサーフィンなどは問題なくできるくらいの制限なのでそこまで身構える必要はないでしょう。

短期間でたくさん通信を行うことがあるという方は、クラウドSIM系のポケットWiFiも要検討するとより効率よくWiFiを使用できるはずです。

契約の際は後悔のない選択ができるよう、気になった事業者はなるべく細かいところまで調べてからWiFiを契約するように意識するといいでしょう。